葬祭業社について葬儀の良し悪し 業社選びで決まります 病院からの遺体搬送で決まります 失敗しないためのコツ 現役僧侶が実態をお教えします

 

ある葬儀社の実例です 直葬だけの費用で10万円弱です ただしご遺体の搬送費に普通は追加料金がかかります 実際には15万円程度です この価格は会社組織の葬儀社では実質赤字の価格です 葬儀社というのはサービスを提供する業界です 経費の大半は人件費です 棺の原価などものすごく安いんですがボッタくり価格が見積もりには書かれています 葬儀業界も価格の表示法を適正にすべきと思うのですが平成26年12月3日更新

 

冠婚葬祭互助会の解約問題 知恵袋を見ていてもほぼ解約をした方が良いとの回答になりました 問題は解約時期です 現在は80%を少し越えるくらいの金額です 最高裁の確定判決まで待つか自分たちで集団訴訟を起こすか 来年の2015年問題もありますし悩ましいところです平成26年11月23日更新

 

互助会の葬祭ホール豪華ですね それ以外にもリゾート施設を持っていたり 豪華な結婚式場を持っていたり TV宣伝をバンバン打ったり スタッフも会員勧誘専任スタッフがいたりして人件費の総額も普通の葬儀社とはけた違いですね なぜできるんでしょう?平成26年11月17日更新

 

棺が普通のサイズが使えないので5割増になります ボッタくり葬儀社もここに極まりですね 仕入れ原価の割合をそのままスライドしています 葬儀社はサービスを買う業界です棺の価格が高いのは仕方がありません 普通は特注品でない限り同じ価格です平成26年11月11日更新

 

悪質ボッタくりの葬儀社というのは見積もりの金額と実際の施工価格が大幅に違う葬儀社だと思ってました もちろん返礼品や食事の金額のように最初からの変動費は別です ところが本当に見積もりすら出さない葬儀社があるとの確実な情報です きちんとした見積もりを出さない石屋の話はよく聞いてましたが平成26年11月5日更新

 

全日本葬祭業協同組合連合会への現役葬儀社スタッフの批評を読んで 行間を読むことで色んなことが見えてきます 問題点をストレートに書く方もありますが 事情で難しいことが多いんです 実例を引用してお見せします平成26年10月14日更新

 

冠婚葬祭互助会お奨めしません 信頼できる情報源で世帯別普及率は20%近くに達するとされてます 全国的な問題では高コスト体質です 葬儀のスタッフと会員勧誘スタッフ(外務員)が別です 地方の問題では統一料金なので葬儀費用の安い地域では極端に割高になります平成26年10月8日更新

 

現金で支払えばレジで領収書を発行するが 自社発行の商品券で購入するとレジを通さずレシートも領収書も発行しない いまどき珍しい悪質葬儀社です 民法482条と民法486条違反です 税法にも違反しています 消費税の脱税ですし 収益隠しの常套手段です平成26年8月11日更新

 

地元以外での葬儀勉強になります 椅子70席の葬祭ホールです 天井も高く空間スペースにゆとりがあります マイクがありません 司会者も肉声です 祭壇を向いての読経です音響無しでの葬儀では声が通りません 音響設備は整っているので葬儀社が用意しなかったのですが コストダウンが酷すぎますね平成26年8月3日更新

 

ボッタくり葬儀社が生き延びているのは消費者に責任 葬儀業界は規制や談合の無い自由競争の業界です ところが葬儀費用が思っていた以上に高くて驚いたとの情報を実に多く耳にします 価格と品質に相関性が全く無い不思議な業界です 事前準備しか解決法はありません平成26年7月31日更新

 

なぜJA葬祭は着服事件が多いのか 超刺激的なブログのタイトルです 足利にも3葬祭ホールあります 住職の評価は普通です 可もなし不可もなしです 最大の欠点は準お役所的体質が抜けきらないことです これが原因かな平成26年7月29日更新

 

良い葬儀社の選び方 良い石屋の選び方 賢い消費者になる基本 相見積もりです 家電や車等は簡単です 価格と品質がほぼ比例している成熟商品だからです 葬儀社と石屋は価格と品質の相関性がありません なぜなら消費者が情報を得る手段がほとんどないからです平成26年7月18日更新

 

冠婚葬祭互助会 高額な解約手数料 既に互助会の監督官庁である経済産業省の商取引監督課(将に直接の監督担当部署)の報告書も出ています 原文の魚拓をご覧ください平成26年7月17日更新

 

冠婚葬祭互助会 高額な解約手数料 高裁まで敗訴して最高裁でも敗訴濃厚なのに完全に開き直りです 常識的な手数料に全ての互助会がなるのは時間の問題です そのときどれくらいの互助会が生き残れるんですかね平成26年7月15日更新

 

冠婚葬祭互助会の営業 本当に悪質ですね ウェブでよく見かけます なぜ騙されるのでしょう 約款には本当の事が全部書いてあります 活字が小さくて年寄りは虫眼鏡が無いと読めません 契約前に読む人なんかいません 都合の悪い重要事項の説明はパス 営業マンによっては平気で嘘をつきます 約款をウェブで公開している会社を見たことがありません平成26年7月14日更新

 

インターネットメディア運営会社の定額のお布施料金でお坊さん(僧侶)を派遣会社 葬儀の紹介や仏壇・位牌の販売 散骨事業までやっています 一番分かりやすい位牌の価格で判定します平成26年7月3日更新

 

定額のお布施料金でお坊さん(僧侶)を派遣 運営会社は色々です インターネットメディア運営とか「僧侶の有志の会」まであります いずれも利用者からは紹介料を取りません ということは僧侶からお布施のピンハネ以外の方法はないはずです 実態はどうなんでしょう平成26年7月2日更新

 

葬儀業者と葬儀紹介業者は違います 直葬プランの具体的な問題点でご紹介した業者 大きな問題点が指摘されています このようなカラクリも知っておいてください平成26年5月25日更新

 

直葬プランの落とし穴 格安や激安の宣伝にだまされないで下さい 追加料金無し 大嘘です よほど恵まれた地域以外は必ず追加料金が発生します ポイントは遺体の搬送料 遺体の安置費用 そして死に化粧(エンゼルケア)です ある追加料金無し173,000円の葬儀社で請求額が倍以上になったという実例も報告されているんですよ平成26年5月23日更新

 

葬儀社の質とはなんでしょう? 葬祭ホールの豪華さ? 祭壇の立派さ? いえ違います サービスの質です スタッフつまり人です これが一番よく分かるのが直葬です 知る限りですが費用も最大で5倍くらい違うんですよ平成26年5月17日更新

 

互助会の解約手数料について決定版です 契約時の約款をご覧ください 「約款が改定された場合はその内容に遵ずる」の規定があるでしょうか? あれば良心的な互助会です 最新の解約事務手数料でリーズナブルに解約できます平成26年4月8日更新

 

葬儀費用が割高なのは冠婚葬祭互助会です 今までは解約手数料がボッタくりでした 現在は大手の互助会は全額近く返金されます 解約のコツと相談先をお教えします 互助会簡単に解約できます 訂正あり平成26年4月7日更新

 

葬儀社業界 価格と品質に相関性が全く無い不思議な業界です 一般的な家族葬で150万円クラス 120万円クラス 60万円クラス 30万円クラス これが足利近辺の葬儀社です 実際の評判はどれが良いでしょう平成26年3月30日更新

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: b_ani010

 

サイトマップ