茨城県稲敷市押砂の祥雲寺が管理してきた共同墓地の所有権が裁判で市から寺に移ったことから ここに代々の墓がある二十数軒の元檀家(だんか)が寺院墓地だと主張する寺から「先祖供養は菩提(ぼだい)寺で」と墓地への立ち入りを拒まれている

 

「茨城県稲敷市押砂の祥雲寺が管理してきた共同墓地の所有権が裁判で市から寺に移ったことから、ここに代々の墓がある二十数軒の元檀家(だんか)が、寺院墓地だと主張する寺から「先祖供養は菩提(ぼだい)寺で」と墓地への立ち入りを拒まれている。

市が共同墓地としての運営を怠っていたために寺の所有権が認められた経緯もあり、元檀家は「市にも責任がある」と言及。市の誠実な対応が問われそうだ。

水戸地裁龍ヶ崎支部の2012年2月の判決などによると、墓地は1911年3月、十余島村(現稲敷市)の名義で登記。稲敷市の墓地台帳でも村が設けた共同墓地となっているが、管理は代々、祥雲寺の住職がしており、台帳上の管理者も住職になっていた。

発端は2010年6月。老朽化した本堂の建て替えを巡って離檀した元檀家から、墓地を使えなくなるのではないかと相談された市が「田口久克市長を管理者にする」と寺に通告したことだ。その後、市は墓地台帳の管理者欄から既に死亡していた先代住職の名前を消し、市長を管理者とした。

これに寺は反発。翌年、「墓地は寺が購入した土地で、管理も寺がしてきた」として、市を相手取り、土地の所有権移転登記を求めて提訴。同支部は、土地の購入については証拠がないとして認めなかったが、所有権については「管理費の予算措置など、墓地を経営、管理するための行動を市は何ら取っていない」と市の関与を否定した上で、「寺は20年以上にわたって墓地を管理、占有していた」と時効取得を認め、所有権の移転を市に命じた。昨年7月には東京高裁が市の控訴を棄却、判決が確定した。

所有権が認められたことから、寺は元檀家の墓地への立ち入りを禁止し、昨秋以降、元檀家が墓に立てた他の寺の塔婆を撤去。寺は「檀家の心情を考えると、離檀した人に立ち入られるのは困る」としている。

祥雲寺は裁判で、寺院墓地であることの確認も求めたが、判決では「行政が判断すべきこと」とされ、市は今も墓地台帳では共同墓地のままにしている。このため、元檀家は市に「共同墓地なのだから、我々も入れるよう寺を指導してほしい」と求め、入れない場合には、新たな共同墓地の設置をと訴えている。

市は「寺への指導については、弁護士と相談して何ができるか考えたい。共同墓地の新設は何とも言えない」と言葉を濁している。」

 

寺有地につき、他寺院並びに指定石材店以外の出入りを禁止する