日本では土葬が可能な地域は限られています 法律では禁止されていません平成29年5月1日再更新

 

この過去ログがけっこう閲覧者が多いんです。

ということで検索したら、このブログ以外のほとんどが間違った情報を垂れ流ししています。

そこで再アップすることにしました。

 

まず基本です。

納骨に必要な書類は火葬許可証ですよ 埋葬許可証は土葬の許可証です平成26年7月20日更新

 

墓地、埋葬等に関する法律

第二条 この法律で「埋葬」とは、死体(妊娠四箇月以上の死胎を含む。以下同じ。)を土中に葬ることをいう。

4 この法律で「墳墓」とは、死体を埋葬し、又は焼骨を埋蔵する施設をいう。

 

つまり法律では土葬は認められています

 

では条例で禁止されているか?

実例でお見せします。

今年(平成28年)の実例です。

 

左が足利市の物です。

「火葬許可証」とありますね。

しかし、土葬を禁止していません。

 

右は桜川市の物です。

「埋火葬許可証」とありますね。

もちろん、土葬を禁止していません。

 

両市とも土葬を禁止していません。

実は条例で土葬を禁止している自治体は意外と少ないんです。

 

東京都の場合です。

墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例

(墓穴の深さ)

第十三条 土葬(死体(妊娠四箇月以上の死胎を含む。)を土中に葬ることをいう。以下同じ。)を行う場合の墓穴の深さは、二メートル以上としなければならない。

(平一二条例一八六・旧第十二条繰下・一部改正)

 

(土葬禁止地域)

第十四条 知事は、公衆衛生その他公共の福祉を維持するために土葬を禁止する地域(以下「土葬禁止地域」という。)を指定することができる。

2 墓地の経営者は、土葬禁止地域においては、焼骨のほかは埋蔵させてはならない。ただし、知事が、公衆衛生その他公共の福祉の見地から支障がないと認めて許可した場合は、この限りでない。

 

お分かりになりますか。

実は土葬は法律上や条例上たいてい可能なんです。

ちなみに、土葬禁止地域の指定はこちらです。

条例ではありません。

墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則

(土葬禁止地域の指定)

第六条 条例第十四条第一項の規定により知事が指定する土葬を禁止する地域は、大島町の区域とする。

 

以前はこうでした。

墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則

第六条 条例第十四条第一項の規定により知事が指定する土葬を禁止する地域は、特別区の存する区域並びに立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、狛江市、東大和市、羽村市及び西多摩郡のうち瑞穂町並びに大島町の区域とする。

 

あれ住職、立川市とか土葬OKになったの?

( ̄∇ ̄;)ダメです。

立川市は検索をかけましたが見当たりませんでした。

もしかしたら可能かもしれませんがたぶんダメです。

ご希望の方は市役所に問い合わせましょう。

 

東京都台東区墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則

(土葬禁止地域の指定)

第8条 条例第14条第1項の規定により区長が指定する土葬を禁止する地域は、台東区全域とする。

ざっと調べたんですが特別区(○○区のことです)は、ダメなようです。(全部は調べてません)

 

我が足利市は可能です。

足利市墓地、埋葬等に関する法律施行細則

(埋葬の方法)

第9条 死体を土中に葬るには、その深さ地下2メートル以上としなければならない。

 

ほとんどの自治体で「深さ地下2メートル以上」にすれば土葬可能です。

 

では実際に土葬が可能かです。

ちなみに高庵寺では以前から土葬は墓地管理規則で禁止しています。

 

知る限り、公営霊園と民間霊園のほぼ全ては土葬禁止の規則を定めています。

寺墓地もかなりの墓地で同じです。

土葬が可能なのは「みなし墓地」に限られるでしょう。

お墓の権利の基本です お墓の土地の使用権 墳墓(墓石や遺骨等)の所有権 これを同一人物が単独で所有します平成26年1月10日更新

 

住職、私は○○寺の檀家なんだけど、墓地の規則は無いよ。

うーんいい加減なお寺ですねえ。

法令上は可能です。

ただしトラブル必須ですなあ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: b_ani010

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから