墓地の購入は 全ての費用トータルで考えましょう 永代使用料 施工費 お礼のお布施 高庵寺ならば全て込みで80万円から可能ですよ しかも平地でユニバーサルデザインの墓地です 立地も最高ですよ平成23年5月30日更新

 

高庵寺では、現在、新規の墓地の購入者を募集しています。

立地は最高です


しかも、ユニバーサルデザインの、最高レベルの墓地です。

ところが、竣工前から順調にお求めいただいていたのが、現在止まっております。

3月になって、春めき始めた頃、いくつかお話があったのですが、3月11日以降、ストップしてしまいました。

高庵寺に墓地を求める方の大半が、生前墓(寿陵)なので、止まってしまったようです。
石材店さんにお聞きしても、他のご寺院様にお聞きしても、同じ状況なので、仕方がないのでしょう。

このホームページをご覧の方は、住職のお話している意味がお分かりでしょうが、なかなか、一般には浸透しないようです。
長い間には、口コミで広がりますので、心配はしておりませんが、少々、予定が狂って困っています。

もう一度、きちんと、まとめておきます。

新たに墓地を建てるには、まず、墓地の使用権を購入しなければなりません。

民間の霊園(名目上は宗教法人の経営ですが、ほとんどが名義貸しです。)は、墓地に困っている首都圏ならともかく、足利近辺では厳しいようです。
とにかく、お金がかかります。
絶対にやめた方が良いと思います。

公営の霊園は、一番お金がかかりません。
ただ、居住が条件だったりします。(霊苑により異なります)
ただし、葬儀や法事に僧侶をお願いするのだったら、足利近辺ではお奨めできません。
これも、首都圏ならどうにでもなるのですが、首都圏では、倍率が高く、購入が難しいようです。

結局、公平に見て、足利近辺では、寺院墓地が一番です。
もっとも、葬儀に僧侶はいらない。
直葬で十分だと言うなら、別ですが。

さて、本論の寺院墓地の比較です。

高庵寺のセールスポイントは、平地で、市内中心部にも近く、ユニバーサルデザインだということです。

ただし、石材店ではなく、土木業者様に施工を依頼したので、工事費がかかっております。
したがって、条件の良い区画は70万円から80万円になってしまいました。

ただし、指定業者はありませんので、相見積もりをとれば、指定業者のご寺院様より、確実に安くなります。

しかも、施工が半端じゃなくし易い区画なので、(区画によっては、隣接道路から直接ユニックで吊れます)石屋さんは、施工経費を格段に抑えられます。(つまり、値引きの余地が生じます)

ざっくばらんに言えば、きちんと交渉すれば、指定店のご寺院様の、半額で建立することも不可能ではありません。

施工費が安ければ、お礼のお布施(開眼供養料)も安くなります。(しかも、業者からのキックバックもございません
つまり、総額で考えれば、価格競争力も一番あるのです。

ただ、石材店に無料で工事をさせ、その代り、その業者以外、墓地の施工ができなくする代わり、区画の価格を、20万円程度に抑えたご寺院様と比較すると、一見、割高に見えてしまいます。

トータルでの価格競争力は、圧倒的に上なので、何年かすれば、口コミで明らかになりますが、そのときには、ニーズが終了している可能性があります。

天の時とは、当にこのことです。
住職が、10年早く教員を退職して、現在と同じことをしていれば、間違いなく、既に完売状態で、さらに、増設を実施しているところでしょう。

これも、縁ですから仕方がありません。

「なんで高庵寺は、あと10年早くやってくれなかったのかなあ。 もう、他のお寺さんに買っちゃったよ。 本当は、高庵寺に墓地が欲しかったのに」

そのようなお話を、いくつも聞いております。

結局、その方と住職には、仏縁がなかったということです。

このホームページをご覧のあなた、これも仏縁です。

たとえ、高庵寺には直接の仏縁はなくとも、あなたが、墓地を求めるときの、重大なヒントになるはずです。

もう一度、言います。
見かけの安さに騙されてはいけません。

全ての購入コストを比較しましょう。
さらに、購入後のコストも比較できれば完璧です。

実は、購入後のコストの比較は、極めて困難です。
お布施の金額も含め、毎年の支払い金額までオープンにしているお寺は、ほとんどありません。
高庵寺が特別
なのです。

みなさまが、情報を得る方法は、通常、口コミしかありません。
結局、それが一番確実な情報なんですが、収集に、手間と時間がかかります。

結局、役に立ったのか、立たなかったのか、良く分からない結論ですが、何も考えずに選ぶのよりは、意識するだけでも、全然違います。

再度、墓地選びはトータルコストで考えましょう。


仏縁に感謝

説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif