仏教とはお釈迦様の教えではありません平成28年8月4日更新

 

のっけから矛盾したタイトルですね。

仏教とはお釈迦様の教えではありません」、「日本仏教はお釈迦様の教えに繋がっています」、ハハハハハ!!

 

お盆も近いんで(高庵寺は8月盆です)、たまには仏教のことを書きます。

本当に簡単にですよ。

 

「仏教とはお釈迦様の教えではありません」と「文盲でした」は密接な関係があります。

 

まず「実在の人物であったことは確からしい」についてです。

お釈迦様の名前は「ガウタマ・シッダールタ」か「ゴータマ・シッダッタ」とされています。

似てるけど微妙に違いますね。

 

誕生は紀元前7世紀〜5世紀とされています。

なぜ分からないか?

なんの資料も証拠もないんです。

仏教学の学者さんが文献から推定しています。

 

文献は「パーリ語」か「サンスクリット語」で書かれています。

これがお経です。

日本仏教のお経は、「サンスクリット語」→「中国語」→「日本語」の経典です。

ここを詳しく書くと軽くブログ100本くらいになりますので、パス。

 

お釈迦様の名前の「ガウタマ・シッダールタ」は「サンスクリット語」で、「ゴータマ・シッダッタ」は「パーリ語」です。

この2つしかないのは、仏典がこの2種の言語で書かれたものしか残ってないからです。

 

お釈迦様は文盲でした」は確実です、なぜならこの頃古代インドに文字はありませんでした。

現存するインド最古の文字は「アショーカ王碑文」です。

これまた面倒なんで、WIKIにリンクが貼ってあります。

 

お釈迦さまは大勢の弟子(一説には1500人とされてますが、もっと少ないという学説もあります、ようするに分かりません)に教えを説かれました。

それが口伝で伝えられ、後に文字にまとめられました。

これを「結集(けつじゅう)」と言います。

 

伝言ゲームで分かりますが、何代も口伝で伝えられれば「仏教とはお釈迦様の教えではありません」になりますね。

同時に「日本仏教はお釈迦様の教えに繋がっています」も正しいんです。

 

ということで最初の矛盾は解決しました。

ただし、日本仏教が「釈迦の教え」とどれだけ近いかは誰にも分かりません。

 

これは世界3大宗教の「キリスト教」や「イスラム教」だって同じですよ。

両宗教とも「一神教」ですが…。

仏教徒である私には「キリスト教の三位一体」は、どうみても一神教に思えません。

 

イスラム教だって、「預言者ムハンマド」や「シーア派のイマーム」も神様に限りなく近いですからねえ。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから