最近初めて偽僧侶を見かけました平成28年10月21日更新

 

まずは過去ログから。

マンション坊主の経営学 坊主丸儲けなんて昔の話です平成28年9月15日更新

 

ご面倒な方のために、ポイントを再掲します。

偽僧侶は存在しません

驚きましたか、修業を全くしたことの無い僧侶でも、お経も満足に読めなくとも本物の僧侶なんです。

詳しくはこちらの過去ログをお読みください。

石屋のお寺へのキックバック 僧侶の葬儀社へのキックバック 税法上の問題はどうやってクリアーしているんでしょうか平成25年5月7日更新

 

次にお布施の説明です。

自分の寺院を持たない、または寺院に所属していない僧侶」はお布施をもらえません。

高庵寺住職はお布施を頂戴しますが、もらっているのは住職ではなく、宗教法人高庵寺です。

自分の寺院を持たない、または寺院に所属していない僧侶」がもらえるのは、料金(消費税がかかります)か給料(源泉所得税がかかります)です。

 

最近足利の斎場(火葬場)で初めて偽僧侶(上記にありますが、お布施ではなく料金の僧侶のことです、偽物ではありません)を見かけました。

足利では収骨まで立ち会われる僧侶は非常に少ないんです。

高庵寺住職も火葬炉に入るところまでです。

言い訳がましいんですが、斎場まで来られない僧侶も多いですから。

 

こちらの葬儀の担当者に「あの方はどこのお寺の方ですか?」に、「初めてお見かけしました」の回答です。

これも足利市では非常に珍しいことです。

 

住職が葬儀を行なえないことはあります。

その場合は、ご遺族に了承を得て代理の僧侶をお願いするのですが、ほとんどが市内の同じ宗派の住職です。

そうでない場合も近隣の住職です。

葬儀社の担当者が知らない場合は皆無に近いです。

 

気になったのでじっくりと観察させて頂きました。(失礼な行為ですねえ)

にこやかで腰の低い愛想の良い方だったんですが…。

僧侶の方って、同業者から見ると直ぐに分かります。

 

高庵寺住職も昔、県立高校の教師をしていたんですが、学校の先生もすぐに分かりました。

どんな職業でも、見る人が見れば分かるんですが、その職業独特の雰囲気があるんです。

はっきり書くと同業者ならば直ぐに分かるんです。

 

その方からは僧侶の臭いがしてきません。

俗に言う偽僧侶でしょう。

 

首都圏の相談者からのメールに書かれていたことを思い出しました。

マナー違反なんですが、相談内容に全く無関係なことなんで、文体を変えてご紹介します。

お彼岸やお盆のときに、アルバイトのお坊さんがお寺からおいでになります。

アルバイトでいらっしゃる方には、お坊さん感が無い方もおります。

 

大きい寺院では盆や彼岸の檀家参りが間に合わないのでお手伝いの僧侶を頼まれるのは普通ですが…。

足利では小さな寺院の住職や、他の寺院の副住職をお願いするのがほとんどです。

そうでない場合も正規の僧侶をお願いします。

 

正規の僧侶、説明が必要ですね。

 

曹洞宗では上図の得度を済ませれば正規の僧侶ですが…。

はっきり書くと全く役に立ちません。

 

教師補任が済んでいれば一人前の僧侶です。

 

実はポイントは安居(ものすごくきついです)です。

これを済ませていれば、一番下の上座であってもたいていのことはできますし、僧侶の雰囲気が漂っています。

「お坊さん感が無い」ということはありません。

 

ようするに僧侶としての修業をしたかどうかです。

ご興味がある方は、高庵寺副住職の実体験を書いたブログをご覧ください。

修行について その120150324()

 

上記ブログは第1回めなんでさしたる内容は書かれてませんが、2回目以降から内容はどんどんハードになります。

修行は大変厳しいもので、中には途中で挫折する者も少なくありません

これが全てを語っています。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから