宗教の論理 親鸞聖人の歎異抄を元に考えてみましょう平成28年12月24日更新

 

今日はクリスマスイブなんで宗教の話を( ̄∇ ̄;)

不謹慎かな。

うーん、きっかけは何でも良いんです。

 

高庵寺は曹洞宗寺院なんで、本来は道元禅師の著述を元に書くべきなんですが…。

曹洞宗を論理的に考えるのって不可能に近いくらい難しいんです。

本で読んだこともありませんし、WEBでも見かけません。(単に住職が知らないだけかもしれません)

なにせ「不立文字(ふりゅうもんじ)」ですから。

 

道元禅師の著書「正法眼蔵」を見ると(読むではありません´д`)、道元禅師が物凄い論理的思考ができた人だと分かります。

なにせ、かのスティーブ・ジョブズが傾倒したくらいですから。

 

ということで、門外漢の曹洞宗僧侶が、親鸞聖人と歎異抄(親鸞聖人の著作ではありません)を論ずることになります。(浄土真宗の方、申し訳ありません)

 

引用するのはこの部分です。

弥陀の本願まことにおわしまさば、釈尊の説教、虚言なるべからず。

仏説まことにおわしまさば、善導の御釈、虚言したまうべからず。

善導の御釈まことならば、法然の仰せ、そらごとならんや。

法然の仰せまことならば、親鸞が申す旨、またもってむなしかるべからず候か。

 

意訳です。

弥陀の本願がまことだから、唯その本願を説かれた、お釈迦様の教えに嘘があるはずはない。

お釈迦様の説法がまことならば、そのまま説かれた、善導大師の御釈に偽りがあるはずがなかろう。

善導大師の御釈がまことならば、そのまま教えられた、法然上人の仰せに嘘偽りがあろう筈がないではないか。

法然上人の仰せがまことならば、そのまま伝える親鸞聖人の言うことも、空言とは言えぬのではなかろうか。

つまるところ、親鸞聖人の信心は斯くのごとしだ。

 

論理構成はこうなっています。

弥陀の本願は真である

お釈迦様の教えは真である

善導大師の解釈は真である

法然上人の教えは真である

親鸞聖人の言うことは真である

 

えーと解説が必要ですね。

まず「弥陀の本願」ですが…。

検索すると新興宗教のサイトが上位にどどっとでてきますなあ。

 

このへんが曹洞宗との違いですねえ。

試しに「正法眼蔵」を検索すると、上位は本屋さん(正確には出版社)のサイトです。

道元禅師の言われた「只管打坐」で検索してみましょう。

こんどはWEB辞書ですか。

まあ、1ページ目に曹洞宗の公式HPがくるので良しとしましょう。

 

「弥陀の本願」について、浄土真宗本願寺派(お西さんです)のサイトで見てみましょう。

私たちは愛憎の荒波に翻弄されて苦悩の淵に沈みつつある存在であるが、真実に背を向ける私たちを救うために、阿弥陀如来は真実のさとりの世界から現れて、願と行を積んで、智慧と慈悲を円かに備えた光明無量・寿命無量の仏となられ、願力をもって私たちを救われる。

このすべてのいのちあるものを摂めとって捨てないという大悲の本願のとおりにはたらいているのが本願力であり、南無阿弥陀仏の名号である。

引用元:http://j-soken.jp/category/hongwanji/hongwanji_3

 

お釈迦様の教えは無理ですねえ。

仏教そのものですが、考え方がものすごくありますからねえ。

 

善導大師ですが、正直詳しくありません。

浄土宗の開祖法然上人の師僧になります。

曹洞宗の道元禅師の師僧「如浄禅師」にあたる方です。

 

ということで、上記の論理の流れとなります。

論理の流れ理解できますか?

「風が吹けば桶屋が儲かる」より無茶苦茶ですねえ。

でもこれが宗教の論理なんです。

 

例えばキリスト教では「天国(正確には神の国)があると教えています。

仏教では浄土(極楽浄土が有名ですが、浄土はいっぱいあります)はあると教えていません。

「浄土があると信ぜよ」、これが仏教(大乗仏教ですが)の教えです。

上座部仏教(いわゆる小乗仏教です)では、浄土自体の概念がありません。

 

本当に天国はあるの?

はい、この点がキリスト教のキモなんです。

正解はキリストの存在が、天国があることの証明なんです。

( ̄∇ ̄;)大部分がクリスチャンでない日本人には理解できない論理ですね。

 

日本人は宗教的論理の展開に慣れてないんです。

さきほどの歎異抄の論理も逆に読むと理解できます。

つまり、

親鸞聖人の言うことは真である

法然上人の教えは真である

善導大師の解釈は真である

お釈迦様の教えは真である

弥陀の本願は真である

 

宗教の論理は根底に無条件の絶対信仰があるんです。

つまり、親鸞聖人はそもそも無条件に「弥陀の本願」を信じています。

となれば、全ての論理は当たり前です。

つまりこの論理は単なるトートロジー(同語反復)なんです。

それを論理学の論理を当てはめたって絶対に分かりません。

 

なーんだ、くだらない。

うーん、だからあなたは非宗教的な人なんです。

あなたには宗教は向いていません。

全ての宗教はこの論理で成立しています。

 

先ほどのキリスト教の論理も同じです。

イエス・キリストを信じられる人はクリスチャンで、信じられない人はクリスチャンじゃないんです。

だからクリスチャンだけが天国(キリスト教の天国です)に行けるという、極めてシンプルな論理なんです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから