中古車の買い取り一括見積 石屋一括見積 葬儀社一括見積 IT屋の一括見積を比較してみる 葬儀社が一番効率が悪いんですよ平成29年1月15日更新

 

前回のブログでこう書きました。

インターネットによるお墓の一括見積 実際に検索上位にでてくるサイトで調べてみました平成29年1月13日更新

一括見積は、かの堀江貴文氏が効率的としてお奨めした

利益率の高い商売

在庫を持たない商売

定期的に一定額の収入が入ってくる商売

資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

この4条件に全て当てはまる商売ですからねえ( ̄へ ̄|||)

 

中古車の買い取り一括見積、石屋一括見積、葬儀社一括見積で比較してみましょう。

 

まず代表的な「中古車の買い取り一括見積」を見てみましょう。

上位に広告(Google AdWords)がどどっと出てきて、ずらりとサイトが並んでいます。

悪口口コミのサイトもどっちゃりですねえ。

 

堀江さんの法則に一番合致する商売なんです。

なんせネットさえつながっていれば良いんですから。

このブログをPCでご覧になっている方ならば、あなたでも始められます。

 

加盟料や毎月の運営費も取れます。

一括査定会社が加盟店から強奪する受け取る情報量は、1件につき2,500円が一般的だそうです。

えー、たった2,500円、儲かんないじゃん。

(=⌒▽⌒=)、違うんですよ。

消費者のあなたがポチットな、1クリック。

「中古車の買い取り一括見積業者」から「各買い取り業者」に、あっというまに20件の情報。

2,500円×20社=5万円が、あなたの懐に、美味しいねえ(-)

だからこんなに業者が多いんです。

 

今から新規参入、絶対無理(|||゚Д゚)

堀江さんの4条件を満たす美味しい商売、直ぐにフォロアーが続出するのが欠点なんです。

サクッと始めて、2〜3年で店仕舞いが儲かる秘訣です。

 

それでは個人的に一番効率が悪いと思う「葬儀社一括見積」はどうでしょう?

 

まず葬儀社を経営する、ものすごくコストがかかります。

昔は携帯電話(過去形ですね)で商売をしていた葬儀社がありました。

現在はほとんど淘汰されたはずです。

 

普通の葬儀をするためには、足利では葬祭ホールを持っていないとできません。

ということで、直葬専門の葬儀社がその発展型なんですが…。

遺体の搬送と霊安室が必要になるので、多少の設備投資が必要になります。

都市部で火葬場の予約が取りにくい地域 霊安室をもたない葬儀社は絶対に使ってはいけません平成28年9月9日更新

この過去ログに、「現在の足利市内では霊安室を持たない葬儀社は成立しません」の詳しい説明が載っています。

ということで「資本ゼロあるいは小資本で始められる商売」じゃないんです。

 

実は足利及びその近辺では「石屋が葬儀を引き受ける」のが増えています。

ある石屋さんが何ヶ所も看板を出したり、店舗でも大きく看板を出したり、チラシもけっこう打ったんですが…。

(^^)まともにやれば倒産必死ですねえ(-_-)

 

もちろん施工は下請けです。

石屋さんは手数料をもらうわけですが…、利幅がものすごく薄いんです。

人件費はとてもでません。

店舗の店員さんが日中は電話を受けるんで、実際は人件費がかかるんですが…。

それ以外の時間は経営者に転送になります。

 

看板やチラシは石屋(仏壇も販売しています)と一緒ですので、これもたぶん計算に入れてないでしょうねえ(.;)

実は社長にお聞きしたら「葬儀を受けるのが目的ではなく、その後のお墓の施工が目的です」(;^_^

うーん、格安の直葬レベルの葬儀を希望する人って、お墓を建てないと思うんですが(-_-;

 

その後、群馬県有数(全国売上トップ20です)の石屋が葬儀を始めたんです。

こちらは「すべて自社で行えます」だって、大丈夫かいな(゚ペ)

 

実は「葬儀 一括見積」で検索すると、サイトが少ないんです。

イオンのように直接葬儀社を紹介する業者がメインです。

葬儀業界の一括見積の上手な利用法 代表的な2社「イオン」「小さなお葬式」で具体的にお教えします平成27年12月29日更新

これもイオンの看板をしょってますからねえ。

 

なぜ「葬儀社一括見積」がダメか。

簡単です。

中古車の買い取り一括見積」、あなたは「ポチットな、1クリック」でしたねえ。

葬儀の連絡は電話がほとんどです。

クリックしてくれなきゃ儲かりません。

緊急のニーズの葬儀に向いてない手法なんです。

 

最後に「石屋一括見積」です。

こちらは、登録料と管理費以外は成約の15%が相場のようです。

ということで100万円のお墓ならば15万円、200万円のお墓ならば30万円ということですね。

 

けっこう美味しい商売ですが、このブログのトップのリンク先にあるように既に飽和状態で、寡占化が済んでいますね。

なにしろパイが小さいですからねえ。

中古車の買い取りはものすごい件数ですが、葬儀はずっと少ないです、お墓の建立というとさらに数分の1ですねえ。

 

足利近辺では石屋の廃業がものすごく多いんです。

最大の原因は後継者がいないです。

実際に息子さんがいない石屋も多いんですが…。

「この商売、息子には継がせられないよ」が多いんです。

 

ということで、競争相手が激減していますから、普通ならば残った石屋は大笑いのはずですが…。

それなら、「石屋が葬儀を引き受ける」なんかないですよねえ。

お墓を建立しない人が増えているんです。

競争相手も減少していますが、それよりもニーズの減少の方が多いんです。

 

パイが小さい業界は「石屋一括見積」のパイも小さいんです。

 

説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから