葬式になった 菩提寺は遠方で葬儀に住職は来られない平成29年1月17日更新

 

高庵寺は北関東にあるので、高庵寺住職は関東平野部の知識しかありません。(北関東上越国境地域は豪雪地帯です)

曹洞宗の仏事には精通していますが、他宗派のことは良く知りません。

ただし、禅宗や大半の宗派では通用します。

浄土真宗の場合はほとんど通用しません。

以上を含んだうえでお読みください。

 

葬儀ができた。

菩提寺は遠方で、菩提寺近くでの葬儀はできない。

菩提寺住職は葬儀に来られないと言っている。

困った。

 

このような事例は首都圏の葬儀ではよくあることです。

ということで、そのような地域の葬儀社の方は、このような場合どうしたら良いか的確にアドバイスができます。

足利近辺の葬儀社の方は、このような場合の対処法を知らない方がけっこう多いんです。

なぜなら経験が無いから。

 

首都圏の葬儀社の方は、このような事例で大失敗をして、経験を積まれた方も多いので、的確な対応ができるはずなんです…。

菩提寺に連絡をせずに葬式をしてしまった どうしたら良いか?平成28年1月12日更新

 

菩提寺のある方が派遣僧侶を依頼する場合の注意 原則的にはできません平成28年1月14日更新

 

足利近辺は人口密度もあまり高くないので、こんな悪質なことをしたら、直ぐに口コミでその葬儀社は仕事が激減です。

ということでトラブルが起きないように対応してくれるんですが、そのための方法を知らない方もいるんです。

プロの方ですから、論理的に説明をすると「なるほど、勉強になりました」となるんですが。

 

まず菩提寺に連絡を取り、菩提寺住職の意向に沿うことが絶対です。

 

一番無難な方法は、俗名で通夜と告別式を行う方法です。

戒名さえつかなければ葬儀を行ったことになりません。

ただし、上記の方法でも、菩提寺に連絡無しに「派遣僧侶に読経をお願いした」はダメですよ。

菩提寺住職のお臍が曲がって、「離檀して改葬しろ」と言われてもしょうがないですよ。

 

住職、もうやっちゃったよ、どうしよう。

大丈夫です、遠方ですからどうせ実情は分かりません。

こう言えば良いんです。

 

菩提寺に電話をします。

「○○が亡くなりました」

「本来ならばご連絡を差し上げて、ご相談すべきだったんですが、こちらは火葬場の予約が取りにくく、そのままにはできませんので、取りあえず火葬だけを済ませました」

「今後どうしたら宜しいでしょうか」

あくまでも低姿勢にですよ。

 

寒冷地や遠方の場合、先に火葬だけを済ませ、後日葬儀を行うのは普通なんです。

 

住職、それじゃあかわいそうだよ、どうしてもきちんとした葬儀をやりたいんだよ。

はい大丈夫です、そのための方法をお教えします。

 

ポイントです。

亡くなりました。

遺体の搬送と安置をします。

ここまでは必ずこの順番になります。

ここでまず菩提寺に連絡を取ります。

ダメですよ、連絡前に葬儀の日程を決めちゃあ。

火葬場の予約がタイトなんだよ、先に火葬の予約だけ決めたい。

それでもダメです。

菩提寺の代わりの僧侶の都合も分かりません。

派遣僧侶を菩提寺に無断で依頼するのは、菩提寺にケンカを売るのと同じですよ。

 

じゃあ派遣僧侶は絶対にダメなの?

はい、たいていの場合ダメです。

まともな僧侶派遣会社のWEBを見ると、必ずこの注意事項が書いてあります。

菩提寺をお持ちのお客様に関しましては、基本的にご利用いただくことはできません。

但し、住職様とお話し合いを持たれ、許可を得られた場合にはこの限りではありません。

お話をお伺いの上、適切にご対応させていただきます。

 

僧侶派遣会社も玉石混交で、まともな会社も詐欺まがいの会社もあります。

上記の注意がトップページに目立つように書いてないところは絶対に信用できません。

 

話を戻します。

菩提寺にこのように電話をします。

もちろん、葬儀に来てもらえるか一応聞いて、遠いから行けないよの返事をもらってからですよ。

「まことに失礼なんですが、できればきちんと葬儀をしてあげたく、ご住職様よりどなたかご紹介願えませんでしょうか」

 

これでOKです。

菩提寺も遠いから行きたくないだけです。

戒名を自分がつけて、お布施をもらえるのなら文句を言いません。

 

ここできちんとした僧侶を紹介できる住職もいるでしょうが…。

高庵寺住職は紹介できません。

なぜって、へんな僧侶を紹介したら私の評判がガタ落ちですから。

 

たいていはこうなります。

「ご紹介しても良いんですが…」

「先方のご都合もおありでしょうから、葬儀社さんとも相談をされて、お引き受け頂ける○○宗(同じ宗派が絶対条件です)のご住職を探されてください」

 

でました。

最重要ポイントです。

曹洞宗の場合は比較的簡単なんです。

曹洞宗は大きな教団では唯一、一つしかありません

浄土真宗など曹洞宗僧侶の高庵寺住職が知っているだけで13派あります。

浄土真宗の方には常識でしょうが、浄土真宗東本願寺派の本山は京都にはありません、東京にあります。

京都の東本願寺の正式名称は真宗本廟です、一般の方はたいてい間違えます。(恥ずかしながら、高庵寺住職も最近知りました)

京都の東本願寺が本山の宗派は真宗大谷派です。

意外と多い宗教法人の倒産 お寺は潰れない 間違ってますよ平成27年12月9日更新

 

上記に書きましたが、曹洞宗と名乗っていても、紹介しては絶対にまずい単立(独立している寺院)の寺院があるんです。

隣接市には単立の曹洞宗の寺がたくさんあります。

高庵寺住職が曹洞宗のお寺を紹介して欲しいと依頼され、そのお寺を紹介するのは、浄土真宗のお寺を紹介するのと同じなんですよ。

 

このブログをご覧の葬儀社の方、このような場合、同一宗派の僧侶を紹介する場合、きちんと確認を取っていますか?

高庵寺住職だって、足利市外の曹洞宗のお寺を紹介する場合は、曹洞宗のHPから確認を取っているんですよ。

曹洞宗の場合は、こちらで確認ができます。

http://www.sotozen-navi.com/index.cfm

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから