高庵寺住職が最も高く評価をする石G623平成29年3月20日更新

 

高庵寺住職が最も高く評価する石はG623です。

どんな石か。

同じ石種でも今採れている石は全く別物です平成27年9月22日更新

 

ポイントだけ再掲します。

G623、特別素晴らしいという訳ではありません。

可も無し不可も無し、ようするにありふれた石です。

最大の特徴は安いのに、目立った欠点が無いことです。

平凡で、安く、安心して使える石、こんな石は他には絶対にありません。

10数年間、品質が安定しているんです。

奇跡の石です。

 

なんか知らんがちょっと笑ってしまう光景2013/11/9

現在はゴミ捨て場です。

 

未だに無くなる気配は皆無です。

埋蔵量は無尽蔵と錯覚するくらいあります。(事故が多く、中国政府が採石禁止措置を取りました)

ただし、ある日突然供給がストップするのは確実です。

問題はそれがいつか誰にも分からないことです。

 

質問のメールを頂いて、常に安心してお奨めできた唯一の石です。

それが、近い将来、突然できなくなります。

 

墓石の情報 最新の情報以外信用できません平成29年3月10日更新

こちらの過去ログで補足をしています。

 

この何年間か同じような状況です。

石はまだ1〜2年位持ちます(^^)

もう5年くらい同じですねえ。

単価もそのなりに高くなる見込です。

ここ数年全ての石種で、波はありますが値上がりしています、G623は一番価格が安定している石の一つです。

 

たいして綺麗じゃない。

水もそこそこ吸う。

御影石の中ではどちらかというと柔らかい方だ。

 

なーんだ住職、良い石じゃないじゃない。

はいそうです、たいした石じゃありません。

 

でも安いんです。

何千基もお墓を見ていますが、外れを見たことがありません。(当たりもありませんが)

 

庵治石という世界最高峰の石があります。

超高いです。

普通の人はこの石で絶対にお墓を建てることなんかできません。

この石も外れが少ないんで有名なんですが…。

庵治石って、採石した石のほとんどが外れなんです。

外れの石が極端に少ないのは、外れの石を売らないからです。

 

G623は安く大量に流通しているのに、外れが極端に少ない奇跡の石です。

庵治石なんか等級がものすごくあるんですよ。

つまり、大当たりや中当たりや小当たりがあるんです。

品質は超不安定なんで、厳選した石だけを売っているんです。

 

次にM1です。

この石は高庵寺住職が使いました。

高庵寺の整備工事全て終了しました 今後数十年は檀家の方への寄付の要請はありません平成26年5月1日更新

 

高庵寺住職が文字通り命を削って行った事業です。

その竣工記念碑で使いました。

 

高庵寺住職が考えに考えて使用した石です。

品質は素晴らしいです。

多く使われているか?

足利では少ないですねえ。

M1−Hは人気ですが…。

価格も高めなんで、そもそも建墓数も少ないです。

 

石の専門家「小口石材どっとこむ」のHPをご覧ください。

注意点は、石屋はお墓を建てる専門家であって、墓石のプロではありません。

お墓を建てる専門家の石屋相手の専門家ですから、本当のプロです。

何回も書いてますが、みなさんが墓石の品質を調べるとき、プロ相手のサイトを見てくださいね。

前回も書いたように、素人相手のサイトには間違った(正確には古くなった)情報がいっぱいです。

墓石の情報 石屋が勝手につけた名前が信用できない平成29年3月18日更新

 

M1:石安定、今の所石塔12寸、外長さ8尺位大丈夫です,この以上の場合ご確認が必要です。

 

これに対しM1−Hの情報です。

MIH(緑)細目:最近この石採石量が少なくなりました。それからこの石傷が多い、作り途中の取換が多いです。ですから納期通常より1週多目にさせて頂きたいです。

MIH(緑)中目:石安定

MIH(黒):石あり

「石安定」と「石あり」は違うんですよ。

それよりも、M1の情報は1つです。

M1−Hの情報は3つです。

あなたが石屋さんに聞いたとき、M1ーHに3種類以上あることを石屋さんは教えてくれますか?

 

これが、高庵寺住職がM1−Hではなく、M1を選んだ理由です。

 

最後にAG98ですが、自信をもって言えません。

高庵寺には1基もありません。

足利では非常に少ないんです。

 

高庵寺住職が最も信頼する石屋さんの一人、富山の宮崎さんが奨めています。

ということで、大丈夫と思っています。

墓石に使用する石は新しい石よりも実績のある石を使った方が良いです。2017-03-11

 

AG98に関するところを引用します。

白い石でお墓を建てたいなら国産石か中国石しかありません。

国産石は手が出ないという場合であれば実績を考えたらAG98です。

ここで気を付けなくてはならない事があります。

 

新AG98という江西省のものがあります。

本来のAG98をお勧めします。福建省のものです。

新AG98は少し価格が安いんですがやはり実績と言う点では福建省のAG98がいいと思います。

 

問題は新AG98を使いながら福建省のAG98と同じ価格で販売してしまう石材店が、無いとは言えないんですよね。

見積書に「AG98」と書いてあったら、「福建省の石ですか?」と聞いてみたらいいでしょう。

イエスなら江西省のAG98はどのくらい安くなりますか?、と聞いてみましょう。

江西省のAG98を使っておきながら福建省のAG98の価格かもしれません。

 

AG98について、自分では書けないのに、なぜ書いたか?

実はAG98には重要なポイントがあるんです。

 

先ほどの、石の専門家「小口石材どっとこむ」のHPで見てみましょう。

AG98:丁場掘り出した石の質悪いため、赤字になてしまいました。ですから丁場急にstopしました、再開可能性低いです。

丁場の置き場に何万m³の石が積んでおります。ですから今の所石の在庫が大丈夫です。しかし丁場stopの影響で石値上がり可能性あります。

 

高庵寺住職が絶対の信頼を寄せるもう一人(会社ですから一人はおかしいか)「石の専門家」のサイトです。

AG98採石場20170306

南印度洋行」さんのサイトは画像や動画があるので、最も信頼できます。

問題は、書き手が楽しみで書いているので(素晴らしいことですが)、情報に辿り着くのが大変なんです。

一般の方向きのサイトではありません。

 

引用します。

{104890B6-2557-428B-9E20-E54E903A772D}

こちらのAG98の採石場は昨年末に処々の事情で採掘が止まっております。

ちなみに在庫はあきれるほどありますので当分品切れの心配は当分ないかと..。

 

結論として、高庵寺住職が安心してお奨めできる石はG623とM1になります。

ただし、G623はもうすぐ無くなります。

石の専門家が数年書いてます(^^)

石はまだ1〜2年位持ちます(^^)

もう5年くらい同じですねえ。

うーん、いつになるか誰か正確な予測を書いてください。

 

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから