改葬トラブル 寺墓地だけです 原因は住職に埋葬証明(正確には埋蔵証明)を拒否されただけです 一般的には改葬許可証は発行されません 交付されたとの画期的な事例が発表されました平成29年4月5日更新

 

まず基本です。

墓地、埋葬等に関する法律(昭和二十三年五月三十一日法律第四十八号)(以下墓埋法と記す)

 

墓地、埋葬等に関する法律施行規則(昭和二十三年七月十三日厚生省令第二十四号)(以下施行規則と記す)

 

基本手順です。

《改葬手続き》
1)移転先を決める。
2)移転先の証明書を取得
3)今のお墓のある市町村役場で「改葬許可申請書」を取得し、今のお墓の管理者に必要事項を書いてもらう。
4)受け入れ証明書、改葬許可証明書などを添えて改葬先の市町村役場に提出して改葬許可証をもらう
5)改葬許可証を移転先の墓地管理者に提出し、改葬する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例として、足利市の書式です。

改葬場所

 

 

 

お墓の持ち主の署名捺印

 

埋葬証明

 
 

 

埋葬証明の部分です。

「埋葬」「埋蔵」「収蔵」と3つの用語がありますね。

 

「埋葬」は土葬の場合です。

この場合は、一般的に数十年で遺骨は土に還ります。

遺骨が無い場合は、改葬許可証は無用ですので、改葬に手続きは必要ありません。

 

「収蔵」は納骨堂の場合です。

納骨堂からの改葬トラブルは聞いたことがありません。

ほぼ問題無しと判断できます。

 

「埋蔵」、これが火葬の遺骨をお墓に納骨した場合です。

焼骨は土葬の場合と異なり遺骨が必ず残っています。

改葬トラブルは、ほとんどこの場合です。

改葬トラブル=「改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否された」です。

 

改葬トラブルを6回シリーズで過去ログに掲載しました。

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否された どうしたら良いか 強制的な方法はありません 埋葬証明を拒否するクソ坊主に罰則はありません平成28年11月8日更新

 

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否されたの続きその1 代理人に交渉を依頼できます 第三者ではありません 依頼された範囲であなたと同じです平成28年11月10日更新

 

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否されたの続きその2 改葬代行サービスは価値があるか ウェブで調べて検証してみる平成28年11月12日更新

 

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否されたの続きその3 強欲坊主との交渉は苦手 弁護士を頼みたくとも金が無い とっておきの裏技があります平成28年11月16日更新

 

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否されたの続きその4 墳墓(土地以外の墓石、遺骨等全て)の所有権 お墓の土地の使用権も含めて 全て祭祀者(墓守、ようするにお墓を使っている人)の所有物です 法律の制約の範囲であなたの自由にできます平成28年11月27日更新

 

改葬許可申請書に埋葬証明を依頼したら住職に拒否されたの続きその5 遺骨の取り出しは、墓地管理者の了解を得ずに、自由にできます 一部だけ取り出しても全く問題ありません平成28年11月29日更新

 

もう一つだけポイントを押さえておきます。

住職に」の部分です。

寺墓地以外での改葬トラブルを聞いたことがありません。

「みなし墓地」や「公営霊園」では全く問題ありません。

行政手続きだけです。

「民間霊園」の場合は指定石材店のボッタくり問題がありますが、最初からボッタくりなんで気付かれる方は皆無です。

 

それでは本論です。

一般的には「墓地管理者の埋蔵証明」が無いと改葬許可証が発行されません。

詳しくはこの過去ログに、行政へ問い合わせた事例を基に解説してあります。

平成11年に「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」の一部が大きく改訂されました 一部の住職が改葬を希望する人に対し、人質ならぬ骨質を取り、高額な離檀料を請求する事例が問題となったためです 一部の住職が高額な離檀料欲しさに埋葬証明を拒むのは法律違反なんですが 残念ながらまだ判例はありません(追記あり)平成25年6月11日再更新

 

ところが驚くべき事例をWEB上で発見しました。

ご報告Sun.02.04.2017

 

ポイントだけ引用します。

1、「改葬」の件=問題住職に帰依しない檀家さんが、いずれ墓守する後継家族の離檀意向を尊重して他寺に「改葬」する事になり、寺に伺いその旨を申請したしたところ、住職が、こんな簡単な申請をまたもや社会的影響力のある弁護士を利用して、内容証明郵便で、その檀家さんに「いろいろと条件を付けてきました。」

弁護士からの突然の内容証明郵便は、一般檀家さんにとって心理的な圧力になります。

そこが問題住職の狙いです。

話し合ったが、結局、改葬申請書欄の住職(墓地管理者)の埋蔵証明は拒否されました。

しかし、市役所からは「改葬許可証」が交付されました。

 

このブログの主は法令を熟知されてますねえ(-)

きちんと「埋蔵」を使用されています。

それにしても驚愕の事実です。

 

実は高庵寺住職も相談者にアドバイスをして解決に導いた経験があります。

成功した要因は「相談者が円満解決でなくとも良い」の覚悟があったからです。

 

最近は相談者に対する回答の大半が「弁護士にご相談ください」です。

なぜなら、相談者が円満解決を望むからです。

 

相談のメールが来ます。

菩提寺のクソ坊主住職の悪行言動が書かれています。

いやあ酷いなあ(-_-)

的確なアドバイスをします。

たいてい返答の内容が「菩提寺とトラブルを起こしたくない」です( ̄◇ ̄)

 

絶対無理ですよ。

「菩提寺とトラブルを起こしたくない」のなら、言われた通り何百万円でも払うしかないですよ。

「金は払いたくない」でも「菩提寺とトラブルを起こしたくない」、そりゃ矛盾ですよ。

 

曹洞宗「龍光寺を守る会」の管理者はどのような手法を採られたんでしょう?

 

説明: 説明: 説明: 説明: J:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから