墓終い お墓の解体撤去(原状回復)が必要です 2つのお墓の外柵が共通 これは困った 工事をどうやったら良いんでしょう 普通の施工の倍以上は確実です平成29年4月13日更新

 

タイトルをご覧になっても意味が不明ですね。

 
画像をお見せします。

 

 

3つのお墓が写っています。(正確には4つですが)

のお墓は無関係です。

完全に独立しています。

これが当たり前です。

それぞれのお墓は、ご自分の区画で他のお墓から独立して(隣接墓地との間に最低3cm隙間をとる必要があります)建てる必要があります。

石屋さんからすれば、後々の工事ためにもっと欲しいところでしょう。

 

問題はのお墓です。

w( o )w

もしかして外柵(お墓の塀ですね)が共通???

 

はいその通りです。

もっとよく分かる画像をお見せします。

 

 

( ̄ヘ ̄)完全に一体化しています。

 

問題はの方が墓終いをされようと相談に来られたんです。

いったいどうやって解体工事をされるんでしょう???

 

住職放っておいたの?

いえきちんと説明してます。

両家のお墓の持ち主に、何年も前から「これは絶対に困ることになる」と警告してます。

とはいえ、普通のお墓2基に修理するのにかなりの金額がかかるんで、両家ともできなかったんですね。

 

今回、ご事情での方が墓終いをされることになりました。

工事待ったなしです。

事前に次のように関係者で合意をするようにお話ししました。

の持ち主、住職、石屋さん、4名が一緒に現場で話し合い、合意をした後、解体工事を行う。

 

お墓の工事をするためにはトラブル防止のため、関係者全員の合意が絶対に必要です。

 

いくら工事費を節約するためでも、石屋がこんな工事をしては絶対にダメです。

このお墓を建てたK石材店、高庵寺出入り禁止にしました。

 

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから