単立宗教法人の見分け方 無許可で土砂を搬入したなどとして 府砂防指定地管理条例違反などの疑いで宗教法人「成田山不動院」(本部・大阪府東大阪市)の僧侶ら6人を逮捕 この宗教法人は国税庁で検索してもでていません 被包括宗教法人ではないからです平成29年5月19日更新

 

前回のブログの続編になります。

寺檀トラブル 問題住職が檀家集会??で単立の提案 貧乏寺の高庵寺も経営が苦しく 将来的には単立の道を選択する可能性もあります 曹洞宗のみならず日本仏教界の大きな問題なんです平成29年5月17日更新

 

前回のブログからポイントを再度考えましょう。

まず単立寺院とはなにかです。

過去ログで書きました。

お釈迦様の仏教 魅力的です 住職のように 宗門の大学を出てない僧侶は どうしても惹かれます平成23年6月8日更新

 

ポイントを再掲しましょう。

まず、単立寺院とはなにかということを、簡単に説明します。

 

住職の高庵寺は、曹洞宗の寺院です。

宗教法人である「高庵寺」の、包括法人が「曹洞宗」ということです。

 

ということで、高庵寺も、毎年「宗費」という名目の、多額の上納金を、曹洞宗に納めています。

なんだか、やくざの組織のようですね。

 

正確には、違います。

やくざ組織が、仏教教団の方法をまねしたのです。

ということで、こちらが本家です。(変な表現ですが、事実です)

 

単立寺院とは、文字通り、単独で独立している寺院です。

 

ということで高庵寺を例にとって実際にお見せします。

高庵寺は「宗教法人 曹洞宗」を包括宗教法人とする、被包括宗教法人「高庵寺」です。

 

ちょっと分かりにくいですね。

高庵寺の裏山 古墳ですよね なぜ大應山と言うんですか?平成23年9月8日更新

高庵寺の正式名称は、「高庵寺」です。

「宗教法人 高庵寺」ではありません。

 

法務局への登記事項が唯一の正しい情報です。

より詳しい高庵寺の情報はこちらからご覧になれます。

高庵寺規則集

 

それでは「宗教法人 曹洞宗」と「高庵寺」の国税庁法人番号公表サイトで見てみます。

 

まず「宗教法人 曹洞宗」です。

あれ「宗教法人 曹洞宗」じゃあないね。

はい、正式名称は「曹洞宗」なんです。

 

登記内容は見られませんが、法人規則を見れば分かります。

ちなみに「曹洞宗」の法人規則は、高庵寺住職は被包括宗教法人の代表者ですから閲覧可能ですが、一般の方は見られません。

これは宗教法人法で決められています。

宗教法人法(昭和二十六年四月三日法律第百二十六号)

(財産目録等の作成、備付け、閲覧及び提出)

第二十五条  宗教法人は、その設立(合併に因る設立を含む。)の時に財産目録を、毎会計年度終了後三月以内に財産目録及び収支計算書を作成しなければならない。

2  宗教法人の事務所には、常に次に掲げる書類及び帳簿を備えなければならない。

一  規則及び認証書

二  役員名簿

三  財産目録及び収支計算書並びに貸借対照表を作成している場合には貸借対照表

四  境内建物(財産目録に記載されているものを除く。)に関する書類

五  責任役員その他規則で定める機関の議事に関する書類及び事務処理簿

六  第六条の規定による事業を行う場合には、その事業に関する書類

3  宗教法人は、信者その他の利害関係人であつて前項の規定により当該宗教法人の事務所に備えられた同項各号に掲げる書類又は帳簿を閲覧することについて正当な利益があり、かつ、その閲覧の請求が不当な目的によるものでないと認められる者から請求があつたときは、これを閲覧させなければならない。

 

それでは特別にお見せします。(ま、たいした内容じゃあ無いんですが)

 

それでは「高庵寺」です。

 

なんでこんな面倒なことをしているかというと、前回のブログで龍光寺を守る会」がこう指摘をしていたからです。

単立化は問題住職が良くやる手で、宗教法人法を逆手に利用した悪あがきです。

宗務庁、宗制などのしばりが無くなり、住職の勝手放題の寺院運営ができます。

取り巻き連中は経済的な利害関係で住職にくっついていますので寺院財産の適正、適切な運用管理にも危惧が生じます。

それよりも、単立になれば代表役員は誰でも就任できるので能力的に劣る問題住職はいずれ蚊帳の外に置かれ、怪しい新興宗教の教祖みたいのが住職・代表役員になったら目もあてられません。

o( ̄ー ̄;)ゞタイトルの事件、どうも上記の指摘に合致するようです。

 

関連サイトにリンクを貼っておきます。(すぐに切れちゃいますけどね)

 

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170516/Tbs_news_91186.html

 

上記サイトから一部引用します。

宗教法人「成田山不動院」の僧侶・A容疑者(67)。サラリーマンでしたが、2年半前に入信して僧侶となり、こうして毎日お勤めを果たしていたといいます。

なぜ、土砂を運び込んだのか、逮捕前の坂田容疑者に聞くと・・・

「うちとしたら(参道の)修復工事よね」

土砂は参道の補修工事のために業者が運び込み、大阪府への許可申請も業者に任せていたと説明しました。

「大手のハウスメーカーの協力会社ということで、僕らも安心していた。申請をちゃんとしてというのが条件で。(Q.あとはお任せで?)そうそうそう」

「御不動さんの屋根を直したいし、工事にかかる重機とか、いろいろ費用のかかることが増えてきているなかで、それやったらお布施させてもらいますわということで、僕が60万円お預かりしましたよ」

「誰が悪かった・・・僕は責任逃れするつもりはないですけど、一番悪かったのは雨やろね、僕から言わせたら。雨の影響力は大きいですよ」

 

一番悪かったのは雨やろね」こりゃあダメだ(_-;)

 

ということで「成田山 不動院」を調べてみます。

ということで、全国で6法人です。

大阪府に「成田山 不動院」はありません

本店と支店のようなもんで、別法人でなければ本店だけ登記されるんです。

 

ということでこのニュースで正確に書いていたのは朝日新聞だけでした。

投棄されたのは、宗教法人「成田山不動院」(本部・鹿児島県指宿市)の河内長野別院の敷地だった。

 

あれ住職、タイトルには「「成田山不動院」(本部・大阪府東大阪市)」と書いてあるよ。

(´-ω-`)本部」とあるでしょう。

こちらはまた別なんです。

ストリートビューで見てみましょう。

 

いよいよ問題の「成田山不動院の河内長野別院」です。

宗教法人「成田山不動院」(本部・鹿児島県指宿市)は?

 

ちゃんとありますね(^^;)

何じゃあこりゃあ!!

これまたストリートビューで見てみましょう。

うーん、怪しいなあ。

宗教法人「成田山不動院(本部・鹿児島県指宿市)」(単立です)の別寺院(法人としての登記は指宿市の1ヶ所です)が最低2ヶ所はありますねえ。

 

これって休眠宗教法人を利用した例に似てますなあ。

正しいお墓の建て方その31 追記 千葉県にある墓地開発会社のグループが みずから設立した宗教法人に利益を移し税金を免れていたとして 東京国税局から7億円の所得隠しを指摘され 7000万円を追徴課税 あなたはこ民間霊園が墓地完売後もメンテナスをきちんとやると思いますか?平成24年9月28日更新

 

WEB上にこんな事例も載ってました。

宗教法人としてペット葬儀で荒稼ぎ!法人売買の裏側!

 

WEB上にこんな商売も堂々と載ってますからなあ(;´д`)

宗教法人をお譲りください

ちなみに運営者は、住所も電話番号も代表者名もなにも記載されてません。

事務局なるものの名称を検索しましたが、もちろん実態は見つかりません。

信用できるんかいなあ( ・◇・)?(・◇・ )

ウェブで宗教法人の売買をしている団体 いくら調べても分かりません 会社でも公益法人でも無いようです 任意団体(自治会などはこれです)のようですが代表者の名前もありません平成27年8月13日更新

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから