住職 卑称(謙譲語)は小住です 尊称(尊敬語)は?平成29年7月22日更新

 

メールでの相談に応じています。

寺檀紛議 住職とのトラブル ご相談には誠実に応じていますが 戦うのはあなたです 私にできるのはアドバイスだけです平成27年9月18日

 

上記過去ログから引用します。

回答例です。

ここから先はあなた次第です。

高庵寺小住 ○○○○

 

たいてい何回か追加の質問があります。

そのとき、こういう人が多いんです。

高庵寺小住 ○○○○ 様(-_-;

 

ビジネス用語の基本です。

尊称と卑称があります。

相手が個人の場合、尊称「貴殿、貴職等」、卑称「小生、小職等」。

相手が会社の場合は、尊称「貴社、御社等」、卑称「弊社、小社等」。

 

ということで、「高庵寺住職」と書く代わりに「高庵寺小住」と書いているわけです。

 

ちなみに尊称は「尊董」が多いかな。

尊の説明は無用と思いますので、董の意味です。

簡単に書くと「管理者」です。

一般的には「尊董大老師」というように使います。

老師は偉いお坊さんですから、「とっても偉い大住職」という感じです。

 

本日のテーマは「小住」の意味です。

漢字辞典には「小住」は無いですなあ。

仏教辞典にも無いなあ。

 

WEBで調べたら僧侶の方の解説がありました。

「小住」とは、小さな寺院ですという謙遜???

 

小を小さいという意味と捉えるのなら、「小さな寺の住職」ということになりますが…。

この場合「住職」という職制ですからねえ。

 

普通使いませんが、相手が寺の場合は、「貴寺」「小寺」が成立するとは思いますが…。

「小住」とは、小さな寺院ですという謙遜」はどう考えてもおかしいですよねえ。

 

実は中国語辞典に別の意味がでています。

小住:暫く滞在する

うん、これならしっくりしますね。

小住:一時的な住職

昔はこれが当たり前でした、世襲ではありませんでしたから。

 

どこかのお寺の住職となり、暫くしたら別のお寺の住職となる。

これを転住(てんじゅう)と言いました。

私は暫定的な住職なんですよ、これなら職制の卑称になります。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから