高庵寺住職はメールでの相談に応じています平成29年7月24日更新

 

お寺の問題、住職の問題、お墓の問題、その他お寺に関関係するあらゆる相談に無料で応じています。

相談内容は簡単なものが半分、非常に大変なものが半分です。

 

簡単なものは1回のメールの返信で済みます。

過去ログを見れば簡単に答えが見つかる内容です。

私のブログ以外でもWEBで検索すれば分かる内容です。

ただし、基本的な知識も無い方には簡単ではないですよねえ。

なぜなら、分からないことは分かるが、なにが分からないか分からないからです。

 

「なにが分からないか」分かっていれば、簡単に検索して答えが見つかります。

 

簡単な相談のもう一つのタイプは「答えが無い相談」です。

Aにするか、Bにするか、自分でもどうしたら良いか困り切っている相談です。

このタイプの相談の特徴は、選択肢が普通は2つ、多くて3つくらいしかないんです。

 

実は「迷い」というのはほとんどこのタイプです。

自身の答えが一つしか無ければ迷いません。

「迷う」ということは、どちらを選択しても正解だということです。

お寺に関する内容の場合は、専門家である住職に後押しをして欲しいだけなんですね。

どれを選んでも正解ですから、私がより好ましいと思う答えをします。

「有難うございました、おかげでスッキリと決めることができました」、これで解決です。

答えを見つけていたのは本人なんですけどね。

 

いくつもあったら、それこそお手上げです。

このような場合は、たいてい頭が真っ白になっています。

こんなときは、1回頭を冷やすしかありません。

 

一休宗純和尚(有名なトンチの一休さんです)の有名な逸話があります。

一休さんというのは臨済宗の有名な僧侶で、臨済宗大徳寺派大本山の大徳寺の住職もされた方なんです。

 

一休さんが弟子たちに遺言をしました。

遺言書を書いて「この先、私が亡くなった後、本当に困り果てた時、これを開けなさい。それまでは絶対に開けてはならない」と言い残したそうです。

それで本当に困って、お寺の全員が困り果てたときに、この遺言を開けたら…。

「大丈夫 心配するな なんとかなる」(^_^)

 

パニックのときはなにをやっても上手くいきません。

頭を冷やすことが一番大切です。

一休さん、本当に名和尚ですなあ(⌒▽⌒;)

 

改葬や寺檀紛議の相談 ボランティアで応じています メールでの相談に限らせて頂いています平成27年5月11更新

 

メールでの相談に限らせて頂いている理由の一つをこの過去ログに書きました。

専門用語を理解してもらうのが電話では不可能に近いんです。

 

最大の理由はこちらです。

墓地やお墓の問題を弁護士に相談することの難しさ平成29年6月8日更新

 

メールでの相談に限らせて頂いている最大の理由は、メールならば自分の自由な時間に回答できるからです。

 

ただし、メールでの相談は無理なものもあります(-。−;)

最近受けた相談がそれでした。

 

電話で相談のお願いがありました。

「メールに限らせて頂いております」とお返事したんですが…。

電話ですと、切実度が伝わるんですよね。

それで例外的に相談に応じました。

 

通話時間1時間弱です。

ね、これで電話での相談をお断りしている理由が分かるでしょう。

 

相談内容は絶対に書けません。

最初は「あるお寺に墓地を求めるのに800万円を請求された」との相談でした。

800万円()!

 

地域によっては高くは無いんです。

ちなみに北関東の高庵寺では、0円〜45万円です。

新規墓地 全国最安 0円(タダ) 5万円 10万円 3プライス平成27年10月1日再更新

 

あれ住職、3プライスじゃないじゃん?

はい、整備にお金がかかった新区画は10万円〜60万円だったんです。

一番高い区画から完売しましたが・・・( ̄  ̄;)

安い区画が売れ残りました。

 

23区内なら、1千万円クラスの墓地は普通にあるんです。

改葬に離檀料は必要ありません そもそもお寺に料金はありません平成28年12月20日更新

 

この過去ログで書いたんですが、都営霊園で1千万円超の墓地もありますから。

寺墓地だったら(;´・ω・)

ある寺墓地の価格を見ていたら、高庵寺で一般的な大きさ(1坪程度)で1千万円弱でした。

最高価格物件は?

答えは「ASK」でした。

 

価格「ASK」は普通数千万円です。

 

話が横道にそれました。

800万円は地域的にボッタくりです。

さすがに高庵寺とはいろんな意味で条件が違うんで10万円というわけにはいきませんが…。

詳しくお聞きすると、200万円程度が相場のようです。

 

変でしょう?

そう普通は絶対にあり得ないんです。

そこから延々と詳しい状況をお聞きしました。

 

過去の相談(1千件を少し欠けるくらいです)の中で、トップ3(たぶん1位)にあたるクソ坊主僧侶でした。

週刊誌が喜びそうな相談でしたねえ。

失礼でしたが、電話でお話ししていて思わず笑っちゃいました。

人って本当に驚愕の話だと笑うしかないんです。

なにせ想像を絶しますから( ̄。 ̄)

 

もちろん誠心誠意お答えしました。

相談者も私の回答を聞いて、深刻さに気付かれたようです。

ま、そりゃそうですね、想像を絶する内容なんで、当事者はなかなか理解することが難しいんです。

 

最後に「もう一度お電話をしても宜しいでしょうか」です。

例外的にOKを出しました。

さすがに相談内容をポイントを整理して書いてもメールだと1日では書けないレベルでしたからねえ。

 

この相談は、本来は相対で1回1時間。

相談回数5〜6回レベルの内容でした。

メールでは絶対に無理、電話でも非常に困難なんですよ。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから