火葬待ちが1週間や10日間程度になる地域って少ないんです平成29年8月7日更新

 

首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)では、既に、場所や時間帯によっては1週間や10日間程度待たされるケースは当たり前となっている

この情報が間違っているのにもかかわらず、素人の方が、いろんなところで書かれたりして、かなり広く誤解として流布しているのは有名です。

 

葬儀関係者の方が何人もお書きになっています。

指摘されている誤解のネタ元が「鵜飼秀徳著:無葬社会」であることも共通していますね。

鵜飼氏は浄土宗のお坊さんでもあるんで、信じられちゃうんでしょうねえ。

 

都内の火葬炉の稼働率は意外と低いところが多いんで、けっこう大丈夫なところが多いんです。

火葬場がパンクするかどうかは稼働率を見れば一目瞭然です。

 

稼働率の問題は過去ログできちんと書きました。         

年末年始の葬儀 足利のように火葬場の年間平均稼働率が80%程度の地域は非常に日程がきつくなっています平成29年1月3日再更新

 

少し再掲しましょう。

 

月毎の亡くなる方の多い少ないです。

最も多い12月〜2月と最も少ない6〜9月で、その差が約6%もあります。

住職、たった6%?

違います、全部で100%の割合ですから、3割近く多いんですよ。

 

足利市の火葬場の年間平均稼働率は80%弱です。

どういうことかというと、12月〜2月は稼働率95%、6月〜9月は65%ということです。

 

ホテルの予約に関しては研究が進んでいます。

客室稼働率が80%を越えると、予約が取りにくくなり、お盆や年末年始の予約ともなれば半年前に予約しなければ間に合わないというのは有名ですねえ。

つまり足利市火葬場の年間平均稼働率80%というのは、季節的要因や火葬の希望時間で直ぐにパンクする稼働率なんです。

 

ということで、年末年始は足利市の火葬場は「1週間や10日間程度待たされるケース」が起こります。

さすがにそこまではいきませんが、12月〜2月は4〜5日待ちは普通にあります。

逆に6月〜9月は、時間を選ばなければ、希望の日が取れます。

 

首都圏の一部のデータを見てみましょう。

https://www.tama-100.or.jp/cmsfiles/contents/0000000/470/4.pdf

 

関連部分のデータです。

引用元:東京市町村自治調査会

 

稼働率98.4%は完全にパンクですねえ。

その他、年末年始のように季節的な要因で一時的にパンクする火葬場がけっこうあります。

 

うーん、葬儀社の方が鵜飼さんの言っていることを全面的に否定していますが…。

ごく一部の火葬場では当てはまります。

 

足利市のような年間稼働率80%程度の火葬場で、1日1体火葬数が増えたらどうなるか?

足利市の場合は、平均で1日約6・3体ですから、これが約7・3体になるわけですね。

稼働率が、約91%になります。

( ̄∇ ̄;)パンクですなあ。

 

お葬式10日待ち! 高齢社会で死亡増加平成25年10月14日更新

住職どうしよう?

 

平成29年1月3日再更新の過去ログで触れてあります。

「使用もしない式場の使用料を支払えば」、午後2時の火葬が可能になり、この理不尽な裏技で火葬率が70%に下がるんです。

それでも年末年始はきついですが…。

 

足利市の例で書いてますが…。

運用方法を改善すれば、現状でもパンクは、ほぼ解消できます。

年末年始の休業を止めれば、年末年始の1週間待ちも無くなります。

 

確かにほっとくと大問題になりますが…。

足利市の場合は運用で解決できる問題なんです。

 

もちろん、物理的に無理な火葬場もあるかもしれません。

その場合は、火葬場を新設するとか根本的な解決法が必要でしょうが、それほど多くないというのが私の結論です。

 

ご参考までに、本日の足利市の火葬場の予約状況です。(午前6時現在)

高庵寺住職はWEBでオンタイムで可能です。

 

足利市の1日当たりの火葬施行可能数はこちらの過去ログで解説してあります。

早く決めないと火葬場の予約が取れなくなりますよ 葬儀屋が遺族を焦らせる常套手段です平成25年11月10日更新

 

(火葬施設の状況)

1.火葬炉の数          5基

2.収骨室の数          1室

3.1日当たりの最大火葬件数 9体

(内訳) 

火葬時間

午前10時    2体

午前11時    1体(第一式場で告別式を行った場合)

正午          1体(第二式場で告別式を行った場合)

午後1時      2体

午後2時      1体(第一式場で告別式を行った場合)

午後3時      2体

 

足利市の式場は人気がありません。

 

ということで、普通はまず午後1時の火葬予約。

第2希望が午後3時の火葬予約。

最後に止むを得ず午前10時の火葬予約となります。

 

火葬は死後24時間以上経てないとできませんから、明日8月8日からの状況になります。(午前6時現在)

 

1日後 8月8日

午前10時    残り1

午後1時      残り0

午後3時      残り0

 

2日後 8月9日

午前10時    残り2

午後1時      残り0

午後3時      残り0

 

3日後 8月10日

午前10時    残り2

午後1時      残り1

午後3時      残り1

 

4日後 8月11日

午前10時    残り2

午後1時      残り2

午後3時      残り2

 

うーん、最短で明日可能ですが…。

午前10時の火葬ですなあ。

 

第1人気の午後1時の火葬になると、3日後かあ( -.-)

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから