墓参り お花 供物 お供えしたら直ぐに下げましょう平成28年9月6日更新

 

夏場に墓参りをします。

お花をあげますね。

そのお花どうしてますか?

 

高庵寺では、花立の水が完全に無くなった頃、シルバーさんに下げてもらっています。

この人件費も年間ですとけっこうかかります。(年間40万円弱です)

もちろん、境内の清掃業務の委託ですので、花下げ以外の仕事もたくさんありますが…。

 

この原資は護持会費です。

寺院護持会ってなに? 知っているようで知らない護持会平成26年9月22日更新

 

護持会費の本来の使途を再掲します。

 

(事業)

4    本会は目的遂行のため以下の事業を行う。

@   寺院建物、境内地、その他の施設の修営繕

A   宗費、宗務所費、教区費、曹洞宗護持会会費、その他高庵寺に必要な負担金等の支弁

B   高庵寺に係わる公租、公課等の支弁

C   高庵寺が行う法要行事、教化活動、その他の諸活動に必要な費用の支弁

D   寺族および寺院子弟の厚生、福祉、育英

ア 上記に係わる住職および後継者の保険加入

イ 寺院子弟育英のための保険加入

ウ その他上記に係わる事業および費用の支弁

E   宗務機関に係わる事業

F   上記に係わる事務経費等の支弁

G   その他寺院運営に係わる事項および費用の支弁

 

事業からお分かりと思いますが、本来ならば護持会費で寺の運営は全てできるはずです。

実際はもちろんできません、年会費5000円ですから。

寺が大きくなれば、檀家数も増えるので、会費収入は増えますが、支出も増えます。

極端に小さい寺(檀家100軒以下)や大きい寺(檀家1000軒前後、あるいはそれ以上)を除き、お寺を維持するための檀家1軒当たりの年間平均負担額はほぼ同じです。

年間5万円程度です。

 

なぜ「花立の水が完全に無くなった頃」、花下げをするか分かりますか?

それは茎の根元から腐って、ものすごい悪臭を放つからです。

特に夏場は最悪です。

この状態だとまだ水が残っています。

近づくだけでものすごい悪臭です。

晴天が数日続くと干し草に近い状態になり、片付けも簡単なので、それから花下げです。

 

高庵寺でも困っていて、寺報で何回もお願いしています。

 

墓参のお願い

除草した草等は必ずお持ち帰りください。その他お盆の供え物等も同じくお持ち帰りください。お寺での処理は著しく困難ですので、ご協力ください。

説明: kanaban01

 

一部の檀家様はきちんとされているんですが(◞‸◟

 

枯れた植物のアクは墓石の大敵なんですけどねえ。

墓参してお花をあげますね その後どうしていますか? 必ずあげた花は下げましょう平成24年12月2日更新

 

なかにはお供物をあげっぱなしの人もいます。

飲み物なんか最悪です。

最近はアルミ缶なんでいくらかましですが…。

墓に缶コーヒー(鉄の缶です)をあげっぱなしの人がいたんですが…。

墓石に丸くサビの後が残ってしまいました。

 

このへんのことを葬儀社の方がブログに書いていました。

あんしん一樹の陰、墓参の決まり2017-08-20

 

以前に引用の許可を頂いていますので、ポイントだけ引用します。

到着すると案の定、全ての花立に生花が目一杯挿してありました。

でも、やっぱり近くに行っただけで臭います。

 

花はまだ綺麗ですが、花を抜くと茎は腐っているから臭い臭い・・・

その臭い、今日は我慢できても、明日、明後日ともっと臭くなる。

だけど今は誰も片づけたり、掃除する人はいなのです。

 

寺に迷惑が掛かり続けるようなら永代供養墓を壊すか、全家族に管理費を支払って貰うしかない。

その際は、年間3.240円か5.400円ほどでしょう。

 

永代供養墓の管理だけで「年間3.240円か5.400円」ですよ。

しかもこう書いています。

管理費を払っている墓でさえ、最近は供えた物は持ち帰るのが常識の時代なのに・・・ガッカリしました。

 

墓参りのとき、綺麗なお花をお供えしたい。

個人の好きな物をお供えしたい。

そのお気持ちはようく分かります。

 

でもそんなあなた。

あなたは故人に腐った食べ物や飲み物をお供えしたいですか?

腐った花で、お墓を悪臭プンプンにしたいですか?

お花やお供物はあげたら下げることが、とっても大切なんですよ。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから