散骨ならぬ棄骨の時代 邪魔な遺骨をユーパック平成29年9月8日更新

 

先日テレビを見ていたら、散骨業者の話題をやっていました。

良く知っているタイプの散骨業者ではありません。

東京近郊では散骨専門業者が激減しました平成27年3月22日更新

 

住職の良く知っているタイプの散骨業者は既にブームが過ぎて減少しているんです。

 

住職、なに?

個人的には、散骨業者ではなく遺骨廃棄業者に分類すべきと考えます。

 

システムを説明します。

1、 事前に申し込む(ネットや電話等)

2、 梱包セットが自宅に送られてくる

3、 ユーパックで業者に送る

4、 代金を振り込む

5、 業者が遺骨を廃棄する

 

最後の「廃棄する」は違和感があると思いますが、個人的にはこの通りだと思います。

一応、普通の散骨のように、粉砕して粉にし、散骨しているようです。

 

粉砕については過去ログでも取り上げましたが、参考のために動画を再度貼っておきます。

 

ようするに不要になった遺骨を処分するのがメインの業者です。

嫌な世の中になったもんですねえ╮(_)

 

基本からもう一度ということで、散骨についておさらいしましょう。

 

散骨についてはなんども書いています。

ただし、何本も書いているので、自分でもどこに書いたのかなと検索をかける(サイト内検索)場合があります。

高庵寺HPで知りたい情報に素早く辿り着く方法平成29年8月17日更新

 

一番良くまとまっている過去ログです。

散骨について 厳密には違法です 既に定着しています平成27年7月6日更新

 

1991年に「NPO法人 葬送の自由をすすめる会」が当時の法務省厚生省に問い合わせて合法だと言っているだけです。

散骨は刑法第190条に定めのある「遺骨遺棄」や、墓埋法第4条「墓地以外への遺骨埋蔵禁止」違反に当たるかどうかが問題となりました。

当時の法務省刑事局はこれを受け、「葬送を目的とし節度を持って行う限り、死体遺棄には当たらない」という意味の見解を述べ、また当時の厚生省も「墓埋法は散骨を規制するものではない」という意味の見解を述べた、とされています。

ところが、原文や記録はどこにも残っていません。

そのため、引用するサイトにより、表現が微妙に異なります。

 

旧厚生省から業務を引き継いだ厚生労働省は、「公式とまでは言えない」のだといっています。

なぜなら、公式であれば当然文書で残すだろうし、そもそも三権分立の原則から「行政は司法に踏み込めない」のだから、これは散骨の合法性を認めた「司法判断」ではない、ということです。

 

なぜこんなことを書いたのかというと、テレビで遺骨廃棄業者散骨業者が「散骨は合法です」と断言していたからです。

 

ここまで来たかの感想です。

上記に書いたように散骨は厳密には違法です。

ただし、広く行われています。

行政の対応は「行政は司法に踏み込めない」です。

ようするに「見て見ぬふり」です。

摘発するなどの面倒なことはしたくないが本音です。

 

ということで、住民から苦情がでた自治体では「散骨禁止条例」等が制定されています。

長沼町さわやか環境づくり条例

 

散骨に限っているわけではないのですが、上記条例の第15条に書いてあります。

焼骨が散布されている場所又は散布されている疑いのある場所

このような条例が多いようです。

 

散骨を明記されている条例は本庄市にありました。

本庄市散骨場の設置等の適正化に関する条例

 

散骨については法律に定めが無いのですから、かなり踏み込んだ条例です、立派ですなあ( ̄一*)b

面倒なことを嫌う行政が動いたんですから、市民のクレームがよほど多かったんでしょう。

 

ちなみに、散骨については立件された事例はほとんどありません。

調べた範囲で1件ありました。

妻の遺骨をスーパーのトイレに遺棄2015.5.22(産経ニュース)

 

上記事例ではスーパーのトイレに遺棄しています。

スーパーから警察に被害届が出されたんでしょうなあ(-_-;

 

ようするに散骨は厳密には違法だが、実際に摘発された事例は無いに等しいが正確な表現だと思います。

上記の事例は、遺骨でなくとも、ものすごい迷惑行為ですからね。

誰かが被害届を提出しない限り黙認と思います。

 

ここまでは業者側の内容です。

高庵寺住職は業者の「完全に合法です」のことばは咎めますが、営業自体を非難する意図は全くありません。

ニーズがあればそれに応じるのが商売だと思ってますから…。

 

ニーズ?

はい、問題はそちらです。

テレビでやっていた内容は「散骨ではなく棄骨」です-`д´-

海に散骨するとか綺麗ごとを言ってますが、不要になった遺骨を捨てるのとなんら変わりません。

故人に対する尊厳など皆無です。

とうとうここまで来たか、それが素直な感想です。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから