電話での相談は役に立ちません メールか相対の相談が鉄則です平成29年9月18日更新

 

高庵寺HP、電話番号は削除してあります。

ということで電話番号はでてないんですが…

けっこういろんなサイトがリンクを貼っているようです。

それは問題ないんですが…

どこかのサイトでこのHPを紹介していて、しかも相談先として高庵寺の電話番号を載せているらしいんです。

 

ということで、最近も突然電話での相談がありました。

困っていることは良く伝わってきます。

仕方なく、相談に応じましたが…

はっきり書くと、役に立たない回答しかできませんでした。

 

過去ログでなんどか書いています。

高庵寺住職はメールでの相談に応じています平成29年7月24日更新

 

相談の内容は「ある会社のあるお墓関係の営業が信頼できるか?」という相談です。

もちろん、具体的な固有名詞をあげての相談です。

 

「私は○○に住んでいる○○と申します。○○○○は信頼できるでしょうか?」

個人情報をある程度あげていますし、電話も非通知ではありません。

この過去ログでも書いたのですが…

墓終いと改葬の相談を司法書士に それダメ!平成29年9月12日更新

 

実は非通知の電話がけっこうあるんです。

せっかくの機会なんで書いておきますが、高庵寺の電話は0120と非通知は繋がりません。

おそらく相談の電話と推測をしていますが…

 

相談をする側にも誠意とマナーは絶対に必要です。

 

ということで、今回の相談者は誠意とマナーを持った相談者でした。

それで真剣にお答えはしたんですが…

回答していて、役に立たないだろうなあ(‾◡◝ )

 

なぜでしょう?

実に単純な理由です。

高庵寺住職が「○○○○」のことを全く知らないからです。

 

高庵寺住職のブログは基本的に一般論で書いています。

なぜなら特定の個人や法人についての情報は知らないからです(あたり前ですよ)。

 

高庵寺住職が「一括見積のIT屋」を信頼しない理由です。

なんども書いています。

一応、新しい過去ログです。

石屋一括見積 IT屋の安直な商売です平成29年4月17日更新

 

なぜ信頼できないか?

実に単純です。

紹介する個々の業者のことを全く知らないのに、お金を払ってくれるから紹介するからだけなんです。

「厳重な事前審査で本当の優良業者だけを」、大嘘です

 

最近、高庵寺住職にも営業の案内がありました。

葬儀やお墓等に関しては、一番有名な○○新書さんです。

 

「こちら○○新書の○○と申しますが、ご住職様でしょうか?」

たまたま暇だったんで、ちょっと遊んでみました。

「あー、天下の○○新書様ですか、私のブログをご覧になったのですね、ありがとうございます」

「それで、私に著作を出版しないかとのお話ですか?」

「いえ違います、弊社の運営している○○に高庵寺様の永代供養墓を紹介させて頂けないかと…」

 

ようするに、お金を払って(けっこうな金額です)、そのサイトに登録(ようするに宣伝です)しないかとの営業電話です。

もちろん、丁重にお断りしました。

 

高庵寺住職のHPを1時間も見れば、高庵寺住職がどういうスタンスか直ぐに分かります。

そんな宣伝に依頼するようなお寺でないことは直ぐに分かるはずです。

 

これは1例ですが、紹介業者が個々の業者の実態を把握していることなんか絶対にありません。

ただし、紹介した業者に対するクレームがあまりにも多い場合は契約を解除する場合もあるとお聞きしました。

問題はそのクレームの多さですよねえ( ̄ー ̄?

 

なにせ、知り合いの石屋さんが、一括見積のサイトの登録を止めようとしたら、「お願いですから止めないでください」ですから┐( ̄ヘ ̄)┌

 

具体的なお寺名や業者名をあげて、そこが信頼できるか?

絶対に回答不可能ですよ。

高庵寺住職の直接知っているお寺や業者はほんの少数です。

しかも実態まで知っているとなると…

 

あなただって、知り合いの実態まで知っている人、何人いますか?

それと同じです。

 

ただし、こちらもお寺のプロです。

詳しい状況が分かれば、ある程度判断がつき、相手を見極めるコツはお教えできます。

そのためには電話では絶対に無理です。

 

電話と相対の相談では、全く違います。

電話では本当の会話は絶対に成立しません。

深刻な相談を、良く知らない方に電話で相談する人はいませんね。

例外は相手のことを熟知している場合だけです。

 

ということで電話での相談は止めてください。

役に立たないし、私も貴重な時間を奪われて迷惑なんです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから