石屋を選ぶとき 相見積もりは最低条件です平成29年10月4日更新

 

最近の相談から感じたことを書きます。

 

一つはお墓の建立で困られた方からの相談です。

見積額があまりにも高いためどうしたら良いかの相談です。

無事に解決の方向になりました。

高庵寺住職のアドバイスが良かったから???

 

結果としてそうなんですが、違います。

お墓の施工費については、見積もりと構造図と現場の画像が最低必要です。

本当は現地調査をしないと分からないのです。

 

解決の方向に行ったのは「富山の宮崎さん」に相談をするようにお奨めしたからです。

見積もりの仕方を宮崎さんがブログで丁寧に説明をされています。

 

石材店から出された見積書を比較してみます。2017-04-23

 

石材店から出された見積書を比較してみます。・・そのA2017-04-29

 

ご覧になって見積書の見方がお分かりになりましたか?

宮崎さんには失礼なんですが、普通は無理です。

 

なぜなら一例をあげます。

「○寸墓石」、一見単純なこの用語でさえかなり知識が無いと分かりません。

まず尺貫法が分かりませんね。

「9寸墓石」と「尺墓石」では並べてみると大きさが全然違います。

幅で約3cm違うだけなんですが…

使う石の量にもけっこう差がありますので、価格差も意外と大きいんです。

しかも要の墓石の大きさが違うと、その他の部分の大きさも全て違ってしまいます。

良心的な石屋さん(これが本当に少ないんです)で両方比較しても、「え!こんなに高くなるの」レベルです。

 

さらに価格アップの要因はもっとあるんです。

墓石の細工の仕方で価格は違ってきます。

蓮華やスリンの有無や細工の仕方でかなりアップします。

 

住職、「蓮華やスリン」ってなに?

( ̄∇ ̄;)分からないですよね。

はっきり書くと、実物を基に、専門家に丁寧に説明してもらえなければ分かりません

 

「見積もりと構造図と現場の画像が最低必要」な理由です。

もちろんこれだけでは不十分で、上記の相談事例では宮崎さんにご迷惑をおかけしたでしょうなあ<(_ _)>

 

そんな宮崎さんが本音のブログを書かれています。

墓石関連で6年間ブログを書いてて分かったこと2017-09-26

 

引用します。

石材店は店舗を持っていてあたりまえなんですが経費が掛かり過ぎます。

経費が掛かり過ぎるとどうなるかといえば金銭的に余裕のあるお客さんに対しては出来る限り高い見積もり価格で契約しようとするんです。

日本の石材店の99%以上はこのタイプです。

この通りで、住職の個人的な実感としては「限りなく100%に近い」です。

 

高庵寺住職も檀家様の相談に対して、石屋さんを紹介しています。

そのとき「必ず相見積もりをしてくださいね」と言うのですが(◞‸◟)

しないんですよ。

 

よく内情まで承知している石屋さんです。

石屋さんも高庵寺住職のことをよく知っています。

高庵寺住職はリベートを取らないですし、ベストプライスで引き受けなければ、以降絶対に紹介してもらえないことは理解しています。

結論として、相見積もりで負けることは絶対にないのですが…

 

はっきり書くと、へんな表現ですが「ベストプライス」が一種ではないんです。

住職「ベスト」は一つだろう???

 

うーん、本当はそうあるべきなんですが( ̄+ー ̄)

宮崎さんも書かれていますね。

どんなお客様に対しても見積もり価格がかわらない(最初に提示した金額から値引くことはありません)石材店は日本全国でもほんの僅かなんです。

これが実情です。

 

石屋さんの価格には、基本的に3種類あります。

1、 ボッタくり

大半がこれです。

十分以上の利益です。

有名石材店や「地域でただ一つの昔からの石材店」に多いタイプです。

特に「地域でただ一つの昔からの石材店」では超ボッタくりがけっこうあります。

 

住職、そんなことをしていたら、悪評が立って潰れちゃうだろう???

甘ーい( ̄ー ̄)

基本的な相見積もりをしないお客さんばかりです。

ボッタくられたのも分かりません。

周囲のお墓も全部同じ石屋です。

 

同じような石屋を何社か知ってました。

過去形??

はい、廃業された石屋もけっこうあるんです。

なーんだ、やっぱり潰れたんじゃない。

違います、廃業です。

 

どういうことかと言うと、後継者がいないんです。

そりゃそうです、いまどき石屋をやりたいなんて若い人は少ないです。

石屋に限ったことではありません。

資金がショートしたり、赤字で廃業したんじゃないんです。

十分以上に儲けて、後継者もいない、この先の見通しも明るくない、今のうちに廃業しちゃおう。

正しい選択です┐(-。ー;)

 

いずれにしろ論外です。

このようなボッタくりや超ボッタくりの石屋を避けるのは簡単なんですが…

2〜3社で相見積もりをすれば簡単に解決します。

なぜ相見積もりをしないんだ⋋_

 

相見積もりをすれば、かなりの確率でベストプライスを勝ち取れます。

 

石屋さんの価格に戻ります。

ボッタくり価格以外のベストプライスのランクです。

 

2、石屋が商売として成り立つ適正利益を確保したベストプライス

個人的にはこれが一番良いと思っています。

ただし、少ないですねえ。

この価格ならば、次の3で書いたコストカットの危険性は少なくなります。

 

3、 石屋の商売が成り立つギリギリの価格のベストプライス

頑張ればこの価格を勝ち取ることが可能です。

ただし、良心的な石屋ばかりではありません。

どこかでコストカットをしてくる可能性大です。

しかも消費者のあなたには絶対に見抜けません。

2〜30年後には誰にでも分かるようになりますが(手遅れです)。

 

高庵寺住職が檀家様にご紹介しているのは、良心的な石屋です。

3のような場合でも、コストカットをしてくることはありません。

 

なぜでしょう?

手抜きをすれば出入り禁止になるからです。

 

住職、じゃあうちのお寺も住職の推薦する石屋ならば大丈夫かなあ、安心したよ。

( ̄∇ ̄;)安心して菩提寺の住職にご相談ください、とは絶対になりません。

 

残念ですが、紹介料欲しさに石屋をお奨めする住職もけっこういるんです。

高庵寺住職が身近で知っている住職は、全員そんなことはないんですが…

みなさん、誠心誠意、檀家様のためにお奨めしています。

 

じゃあ、大丈夫じゃない???

ダメなんですよ。

さすがに住職をしてますから、一般の方よりは知識もあります。

ただし石屋が手抜きをしたとき、見抜けるかなあ(/.\)

 

最後に、宮崎さんが「石材店は店舗を持っていてあたりまえなんですが経費が掛かり過ぎます」と書いてますが、その通りなんですが「店舗を持たない石屋」は少ないんです。

しかも「しかし店舗を持たない石材店を信用するのは消費者側がかなりの知識をもって勉強しなくては本物を見分けることができません。

 

あなたは「かなりの知識をもって勉強」できますかあ┐(´д`)

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから