相談について 相手側(住職)に接触することは絶対にありません平成29年10月12日更新

 

前回のブログの続編になります。

寺のお墓に勝手に納骨できませんよ タダじゃあ入れません平成29年10月10日更新

 

こう書いています。

最近相談に応じていて非常識な人が多くなっています。

ほんの数年前までは、クソ坊主住職対善良な檀信徒の構図だったんですが…

その構図が崩れてきて、いまや檀信徒側に問題ありの相談が多くなっています。

 

ある僧侶の方からご質問を頂戴しました。

檀信徒側、住職側、双方からお話を聞いてブログを書かれていますか?

 

うーん、新聞等の比較的まともな媒体はそうしているでしょうねえ。

俗に言う「ウラを取る」作業です。

 

ちなみにWEB上の情報の大半(実感としては限りなく100%に近いと思います)は、コピペかそれに近い情報で、信用したら酷い目にあうような情報です。

アクセス数に応じて収入があるサイトが大半です。

とにかくアクセス数稼ぎで、鬼面人を驚かすようなタイトルや表現が溢れています。

 

このHPは全くそういうことはありません。

独自ドメインですし、アフィリエイトも全くありません。

まともな企業の自社の紹介のHPと同じですから。

ようするにHP運営の会社に料金を支払って運営しています。

 

個人でされているブログはほとんどタダで公開できるサイトです。

当たり前ですが、運営会社は利益をあげる必要がありますので、アフィリエイトを使うわけです。

 

こんなことは「あたりまえじゃろ、アホ」とか言われそうですが…

高庵寺住職が書いている内容は、WEBに弱い方が必要とする情報なんです。

必要とされている方はものすごく多いはずです。

ただし、WEBを見ることのできない方が圧倒的なんですよ。

電話での相談は役に立ちません メールか相対の相談が鉄則です平成29年9月18日更新

 

こう書いていても電話での相談がときどきあります。

もちろんこのHPの目的は営業です。

墓地や永代供養や葬儀の依頼の方を獲得するのが目的です。

効果は無いに等しいですが(◞‸◟

 

営業用のページから全て電話番号を削除しましたヽ(~~ )

本来の目的のための営業用の電話番号なんですけどねえ。

お墓を求める人のための電話番号なんですが…

檀家の方以外の電話はほとんどセールです(ー ー;)

 

すいません愚痴になっちゃいました。

本論に戻ります。

 

高庵寺住職が相談に対して、住職側にいかなる接触をすることも絶対にしません。

もちろん「ウラを取る」ための作業は可能な限りしています。

メールでの相談の場合は、住職側の出した文書他を添付ファイルで頂戴しています。

その他、自分で検索して該当寺院の情報を収集いたします。

足掛け6年やってますから、かなりの量の情報の蓄積があります。

もちろん一切公開できませんが、公開したらかなりの衝撃があるでしょうなあ( ̄ー+ ̄)

 

基本的なスタンスは「相談者の言い分を信用して、アドバイスをする」です。

個人的にものすごく信頼をしている葬儀社の方がWEB上で情報を発信しています。

コメントの受付をされています(☉∀☉)

コメを拝見すると「これってやらせの質問ではないですかあ?」がけっこうあります。

それに対する運営者の回答です、「基本的に質問者の言い分を信用するスタンスでやっております」(ω*)

素晴らしいですね。

 

高庵寺住職の考えも全く同じです。

可能な限り誤った情報をWEB上に発しない、当たり前ですが最重要ポイントです。

したがって相談に関する情報をブログで書くことは非常に少ないです。

ただし、一般の方のお役に立つ内容は、表現を変えるなどして、絶対に特定されないように一般論として載せています。

 

今回は質問のポイントをほぼそのまま載せました。

なぜなら相談では無いからです。

メールをくださった僧侶の方には、このような相談やブログに関する基本的な考えをアップする機会を頂戴したことに感謝いたします(^∀^)

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから