関東では葬儀に白木の位牌を2つ用意します平成29年2月16日再更新


まずは、この写真をご覧下さい。

お葬式のとき、どの僧侶も、お位牌を2つお持ちするはずです。
1つはそのままで、
もう1つは袋(わんぷと言います)を、被っています。

袋を被った位牌ですが、
宗派によっても違いますし、
高庵寺と同じ曹洞宗でも、住職により違います。

一般的には、野位牌といって、袋を被せたまま、墓地にお祀りすることが多いようです。

高庵寺では、仮牌として、本堂内陣左手、つまり西側に、写真のようにお祀りしております。
49日法要日まで、ご家庭では、本位牌(上に新帰元と書いてある位牌)、
高庵寺では仮牌(上に空と書いてある位牌)で、故人の御霊を供養いたします。
毎度おなじみの、
曹洞宗行持規範には、なんて書いてあるかというと、何も書いてありません。

え!

正しく言うと、位牌の書法に、「ご葬儀のときは、新帰元等と書く」とあります。
新亡でないとき、「つまりご葬儀でないときは、空と書く」とあります。

そもそも、
位牌を2つ書きなさいとは、書いてないのです。

ということで、2つの位牌のうち、49日までは、新帰元の位牌を使い、49日法要後には、空の位牌に取り替える地域もあります。

実際には、葬儀社の用意する位牌が、大きすぎて仏壇に入りません。(葬儀・告別式のときの、見場の関係でしょう)
したがって、49日法要日に、塗りの位牌に取り替えることになります。

つまり、白木の空の位牌は必要なくなります。

元々は、上記のように、49日法要で、位牌を取り替えるために、2つ用意するようになったと推察できます。
しかし、必要なくなったため、野位牌として使用するようになったと思っています。

住職が葬儀を執行するようになった頃は、既に慣習が出来上がっていたので、本当のところは、住職には分かりません。

ま、年配の僧侶に聞けば分かるかもしれませんが、高庵寺では、祖父の代から、現在と同じ方法を取っていたので、かなり昔にできた慣習だと思います。

調べないの?

必要ありません。

必要なことは、なぜそうなったかではなく、今、そして今後どうするかです。

住職は、野位牌が墓地にあるのが、好きではありません。
特に雨の日など、袋を被っているので、余計に痛ましく感じられます。

結論として、現在高庵寺で行っている方法が最善だと思っております。
檀家様にも、葬儀のとき、そのように説明し、プリントをお渡ししております。

参考までに、お見せいたします
ちなみに、このプリントは、通常の葬儀で、49日納骨の場合のプリントです。
当日納骨や、49日納骨でも骨葬の場合等、数パターン用意してあります。

メモリアルサービス オン デマンド」が、高庵寺のポリシーですので、最低、数パターン、それ以外にも、TPOに合わせて、臨機応変に作製いたします。

つまり、パターン数は、厳密には、葬儀の数だけあります。

100件のご葬儀があれば、100件のご希望があります。
全く同じ考えの方なぞおりません。
可能な限り、ご遺族のご希望に沿うのは、当たり前だと思うのですが…。

頑固なまでに、ご自身の考えで行う僧侶も多いようです。

 

ここを補足いたします。

 

まず宗派が違えばやり方は異なります。

同じ宗派でも地域が違えばやっぱり違います。

同じ宗派で同じ地域ども実は違うんです。

 

浄土真宗は比較的宗派内で同じようになっています。

これは宗派の考え方が曹洞宗とは異なるからです。

 

曹洞宗では、伝法と言って、師僧から弟子へと法を嗣ぐスタイルです。

ですから寺によって違って当たり前です。

自分の菩提寺と隣接の曹洞宗のお寺でやり方が異なるのが普通です。

山風(一般的には家風といいます)がありますから。

 

住職が変なのでしょうか?

ま、変でもかまわないのですが。
住職にとって、大切なのは檀家様です。
他の僧侶のことは関係ありません。

もし、檀家様が、強い信念の僧侶の方が宜しければ、毎回申し上げているように、改葬のお手伝いをさせていただきます。

さて、前置きが長くなりすぎました。(いつも脱線ばかりです)

写真のように、49日法要の済んでない御霊が、7御霊もあります。
実は数日前に、「危ないです」のお話もお聞きしました。
もしかしたら、8御霊になるかもしれません。

だから?

檀家様が、1000軒もお有りの大寺院ならば、普通です。
高庵寺では、住職は経験がございません。

高庵寺の年間の葬儀数は、直近の20年を調べると、少ないときで、8件、多いときで、16件です。

平均すると、13件程度でしょう。
1月に1件程度です。

もちろん、有るときは、月に4件ということも有りました。
無いときは、4ヶ月くらい、全く無いときもあります。

5月16日から6月23日までに、7件です。
明らかに変です。

斎場の職員にもお話をお伺いしたところ、今年は、例年より明らかに多いということでした。

東日本大震災の後も、余震が続いております。
当地足利では、被害は軽微であったとはいえ、体の弱っている方には、ご負担が多かったのかもしれません。

福島原発の問題も、底が見えません。
社会全体に、漠とした不安感が広がっております。

それらの影響が無ければよいのですが。

住職の取り越し苦労になればよいのですが。
心配です。

説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから