葬儀社だって適正利益は必要です ただしボッタくりではお客は逃げますよ平成29年11月9日更新

 

なんどか石屋さんについて書きましたが、高庵寺は栃木県と言ってもいろんな意味で群馬県南東部に近いんです。

足利から栃木県の県庁所在地の宇都宮に電車で行くと、乗車時間で約1時間半(1回乗り換えです)かかります。

群馬県の県庁所在地の前橋には1時間(こちらは直通です)です。

ということで、石屋さんに関しては日本最安の地域にあるんです。

 

こちらの過去ログで具体的に書きました。

墓誌の追加字彫いくらですか 高庵寺(こうあんじ)では一番高い石屋さんで3万円でした平成29年11月3日再更新

 

一部再掲します。

結論として、下請け業者の妥当な金額3万円の2倍の6万円が本来の追加字彫料金という結論になります。

 

高庵寺の出入り業者は石屋の日本一の激戦区ですから、字彫料金6万円はおろか5万円よりずっと安くなっています。

足利市の石屋さんで、知っている範囲で一番高い石屋さんの字彫料金が4万円です。(どこの石屋とは書けませんが)

 

税金が出どころのお役所と違って、普通の消費者の財布のヒモは固いですからねえ。

その分、どこかにしわ寄せが行っているんですよ。

 

1円でも安く、そのお気持ちは分かります。

でも、そのしわ寄せが業者や労働者に行きます。

 

悩ましい話なんですが、安くお願いするのも程々が良いと思うんですが…

このままだと、アマゾンで疲弊した宅配業界の二の舞になると思っています。

 

石屋さんのサイトをけっこう見ましたが、追加字彫料金を明示しているサイトは非常に少ないのです。

明示しているサイトで4〜5万円です。

注意して欲しいのは明示しているサイトは圧倒的に安い石屋が多いんです。

 

足利市では3〜4万円です。

石屋最安の激戦区だということがご理解いただけましたか。

驚くべきことに3万円以下で引き受ける石屋さんもあります。

はっきり書きますが、2万円だと粗利は出ますが純利益はでません。

商売として成り立たない価格となります。

 

葬儀社の価格は実は比較が難しいんです。

条件を揃えるのが難しいからです。

一番比較し易いのが直葬になります。

 

一応直葬の説明が必要ですね。

ご遺体の搬送をして火葬にするだけの葬儀です。

いわゆる葬式を思い浮かべるような内容はありません。

本当に火葬にするだけの葬儀です。

直葬 読み方は「ちょくそう」「じきそう」両方あります すべて込で11万円 高いか安いか?平成24年11月28日更新

 

高庵寺住職が一番評価している葬儀社の方の極めてまっとうな分析の動画をご覧ください。

 

これが本当の内情です。

 

これに対して掛け値無しの日本最安の葬儀社で内情を解説します。

まずはどれくらい特殊かの説明です。

取材した記者も驚く業界の異端児2017-11-03

 

引用します。

介護施設を中心とした業界の新聞記者さんが取材にいらっしゃいました。

「葬儀屋としては変わってますよね。沢山の人達と会っていると、色んな事を言う経営者っていますけど、結局のところ利益を追求しているのが分りますが、代表と話してパンフレット見ると、慈善事業というより行政事業みたいですね」と笑っていました。

 

慈善事業というより行政事業」高庵寺住職も本当にそう思います。

決定的な違いは、行政事業は税金で賄われますが、この葬儀社は自分たちで運営しているんです。

 

具体的な価格設定を見ていきましょう。

不器用だけど実直に生きたい2017-10-29

そこで各項目の利益は最低限に抑え、パック毎の人件費を

明確に計上する事にしました。

 

48時間対応のパックについては ¥20.000

72時間対応のパックについては ¥40.000

いずれも、お迎えから葬儀終了まで2名の総人件費です。

 

この葬儀社は仕入れ価格が若干高く感じます。

大手業者に比べ、良心的な運営をされている葬儀社は仕入れが不利なんです。

驚くべきことは「総人件費」がほぼ粗利です。

 

あなたはこのことをどう思われますか?

高庵寺住職はなんども書いていますが、この葬儀社の方は本当に立派の一言です。

「慈善事業というより行政事業」、慈善事業より薄利なんですよò)

ご自分たちの命を削って人助けをしています。

 

この葬儀社は全国の困っている人たちを助けようと、ノウハウを全て無償で提供し、同じような葬儀社を全国に増やそうと努力もされています。

結果は?

フォロワーは何年たっても0です(◞‸◟)

 

ビジネスモデルとして無理なんです。

慈善事業としても無理です。

本来は行政がやるべき内容なんです。

なぜならこの過去ログで詳細に書きました。

生活保護の人やお金の無い人は市町村が葬儀をしてくれるの? 違います!平成29年11月1日更新

 

人の死に対するセーフティーネットをされているからです。

これは個人にやらせる仕事ではありません。

 

葬儀社が「利益を追求」するのは当たり前です。

そうしなければ、会社や事業を存続できません。

問題は適正な利益か、ボッタくりの金の亡者の利益かです。

 

どうかこのブログをご覧のみな様も「安ければ良い」の考えだけは捨ててください。

度を越した安さでは、その会社や事業はいずれ消えてしまいます。

利用できたあなたは助かりますが、未来の利用者が困ることになります。

ご自分の利益だけでなく、未来の困った方たちの利益も考えられてください。

 

自分さえ良ければ良いというのは完全なエゴです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから