個人所有のみなし墓地 改葬でも墓終いでも とにかく面倒です ご注意ください平成29年11月21日更新

 

「個人所有のみなし墓地」については何本かブログを書きました。

 

まず「個人所有のみなし墓地」の説明です。

個人墓の墓終い 無縁になってからでは手遅れです平成28年8月1日更新

 

こちらのブログに「個人所有のみなし墓地」の一般的なイメージが書いてあります。

田舎にいくと、家があり、その周りは畑、畑の一画にポツンと墓地があり、お墓が建っているのを見たことがあるはずです。

あれが個人墓地です。

 

とにかく改葬でも墓終いでも、きちんとやろうとするととにかく面倒です。

個人所有のみなし墓地に新しくお墓を建てたい平成26年12月5日更新

 

「みなし墓地」の全てにおたらしくお墓を建てることができない訳ではありません。

上記の過去ログにあります。

エ 複数の世帯が共有して使用している場合は、土地の登記事項証明書上の所有者を経営者として墓地台帳に登載すること。この場合において個人が経営者となるときは、現在使用している世帯数より増やすことはできないこと。

 

ということは「個人ではない団体が経営」している場合は、新しくお墓を建てることができるんです。

実際にそのようなみなし墓地も存在します。

実例です。

村落共同型墓地 とにかく管理がいい加減です平成29年2月12日再更新

 

このお墓、一見すると寺墓地ですが実は「みなし墓地」です。

 

いわゆる村落共同墓地と言われる墓地で、墓地管理者がこの土地に建っているお寺の住職でした。

色々と確執があり、墓地の所有者が住職を追い出したのが真相です。

その経緯が書かれた石碑をお見せします。

ここはきちんと墓地管理組合が結成され、駐車場や水場も完備されていますが…

実はこの墓地にお墓を所有する方を数名知っております。

近年になって改葬者が続出しているとのことです。

 

個人的には寺墓地に変更した方が良いと思うのですが…

墓地の土地の名義変更等、越えなければならないハードルが高すぎます。

 

もう少し詳しく説明すると、市町村に存在する全ての墓地は「墓地台帳」に登載されていることになっています。

 

が経営者です。

が墓地管理者です。

 

建前上は全ての項目が完璧である必要があります。

実態はこれが完璧なのは公営霊園と民間霊園だけです。

実際には経営者と墓地管理者がきちんとしていれば問題ありません。

寺墓地がそのレベルです。

 

「みなし墓地」の場合は全てダメが普通です。

それでも「大規模なみなし墓地」の場合は墓地管理者だけはきちんと登載されています。

この実例が上記の「みなし墓地」です。

 

「小規模なみなし墓地」や「個人所有のみなし墓地」の場合、そもそも墓地台帳に登載されてないのが普通です。

お役所もいちいち摘発するような面倒なことはしません。

つまりなにかしようとしなければ問題は起きないんですが…

 

過去ログで問題になった一例を書きました。

お墓から分骨をしてもらい 新たなお墓に納骨をする方法平成29年11月13日更新

 

もう一度最初の過去ログに戻りましょう。

個人墓の墓終い 無縁になってからでは手遅れです平成28年8月1日更新

 

実際に「個人所有のみなし墓地」が無縁になったとき、どうしたら良いかで考えてみましょう。

ポイントは過去ログのここです。

「みなし墓地」が無縁になった場合の法的な手続きはありません

 

例えばあなたの家の目の前に「個人所有のみなし墓地」があったとしましょう。

無縁になる前に、祭祀者が墓終いをしてくれれば良いんですが…

そうすれば目の前のお墓はきれいに無くなります。

めでたしめでたし(^∀^)

 

実際にはたいていそうなりません。

荒れ果てたお墓が残ります。

うーん、腹立たしいが自分のお金で処分する。

 

厳密には法律違反ですが…

民事上の場合ならば、大丈夫です。

申立人がいないからです。

 

問題になるのは遺骨だけです。

遺骨をしかるべき施設に納骨できればなんの問題も起きないんですが…

改葬許可証が無いと、どこも引き受けてくれません。

こんな問題は全国にいっぱいあるはずです。

今のままではどうしようもありません。

困ったもんです(◞‸◟)

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから