親が亡くなった お墓の持ち主を結婚して名字の異なる姉にできますか?平成29年12月3日更新

 

最近檀家様から質問された相談です。

 

佐藤家(仮名、以下全て仮名です)の母親(佐藤母)が亡くなりました。

佐藤家のお墓は、父親が亡くなったときに高庵寺に建てた墓です。

残されたお子さんは、佐藤一郎、佐藤二郎、鈴木花子の3名です。

3名で相談の結果、鈴木花子を高庵寺の檀家としたいが可能か?

 

結論から書くと全く問題ありません

その理由は法律に書いてあります。

 

実は過去ログで似たようなブログを何本も書いているんです。

読み返してみて、分かりにくいですなあ<(_ _)>

 

きちんと論拠を示すために、途中に法令の条文や解説を書いています。

長くなる時は、法令について具体的に書いた過去ログにリンクを貼ったり、引用しています。

法律に詳しい人や、法律文書が大好きな変態(住職の事ですʅ(´◔◔)ʃ)には良いんですけどねえ…

 

今回は簡潔に書いて、論拠やリンクは最後にまとめておきます。

 

重要なポイントは、お墓の持ち主の佐藤母が亡くなったので、佐藤家のお墓の持ち主がいない状況です。

土地を借りて家を建てたときと同じです。

持ち主のいない家に勝手に居住することはできません。

持ち主のいないお墓に納骨することもできません

 

ということで、納骨するときには新しい持ち主が決まっていることが絶対に必要です。

公営霊園なみの事務処理をしている高庵寺では「祭祀承継届」を提出してもらっています。

 

実物の画像はお見せできないので、記入例を作成しお見せします。

 

これで解決です。

大半のお寺では口頭で「これからが檀家として、鈴木花子がお墓をお守りします」でお終いですけどね。

法令で墓籍簿を作成しなくちゃならないんで、もうそんなやり方は通用しないと思うんですけどね(^_-)-☆

 

それでは最後に法令とリンクです。

関連法規民法897条(祭祀に関する権利の承継)

第897条  系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

 

過去ログへのリンクです。

苗字の異なるお墓に入れます?平成23年5月19日更新

 

名字の違う墓に入れます 佐藤家の墓に鈴木さんが入っても なんの問題もありません平成23年12月26日更新

 

墓地の相続について 相続放棄をした場合でも お墓の権利は相続できます平成24年1月2日更新

 

名字の違う墓に入れます お嫁に行った娘さんを 実家の墓に埋葬しても問題ありません平成24年1月16日更新

 

墓地の相続 血縁者でないとできないの?平成24年2月24日更新

 

墓地の相続 血縁関係が無くとも可能です平成24年2月25日更新

 

離婚して元の名字に戻った 実家のお墓に入りたい平成27年9月6日更新

 

高庵寺には入檀料はありません平成29年5月21日更新

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから