寺墓地を宗教不問の墓地と偽る 詐欺まがいの石屋 けっこう聞く話です平成30年3月1日更新

 

まずは神戸の第一石材さんのこのブログです。

悪徳業者により様々なトラブルが発生

 

ポイントの部分です。

 

中には石屋とグルになって詐欺まがいの手段をとる住職もいるかもしれません。

ただし、個人的には一人も知りませんが…

 

寺からしても、墓地を買ってくれて檀家が増えたと喜んだら、檀家にはなりません。

もの凄く困ります。

トラブルになって口コミが広がったら、困るのはお寺です。

まともな住職なら絶対にそんな詐欺まがいの行為はしません。

 

上記事例で第一石材の能島社長もにおわせていますが…

消費者も被害者ですが、お寺も被害者のケースのようです。

 

実は最近もメールで似たような相談を受けました。

それほど多くはないのですが、複数回あります。

相談者はお寺に騙されたと思って相談のメールをよこしますが…

メールでの内容から判断する限り、全て消費者もお寺も被害者のパターンです。

 

複数回のメールでの相談に共通する要素をまとめて、事例研究をしてみましょう。

 

25年前に墓地の永代使用権を買った。

名称は「○○霊園」だった。

寺の駐車場の一画に霊園管理事務所があった。

営業の人は「宗教不問」と言っていた。

権利証と墓地管理規則を支払い後もらった。

規則には「本霊園は過去の宗旨宗派は不問だが、使用権取得後は○○寺の宗教儀礼に従う」とあった。

 

購入後、毎年「墓地管理費と護持会費」の請求があった。

住職に「檀家にはなりません」と伝え、墓地管理費だけ支払った。

 

いやあ、お寺も気の毒ですねえ。

今回の消費者はお寺に永代使用料と工事費(基礎工事と外柵工事)の損害賠償を求めての相談でした。

メールには寺側の言い分も書いてありました。

 

寺の墓地を拡張する際、250区画を「○○霊園」として石屋に販売を依頼した。

最初から寺墓地である。

 

寺の言い分は筋が通っています。

裁判沙汰になった場合、確実に消費者が負けます。

 

最近になって、墓石を建立しようとして寺とトラブルになり、困っての相談メールでした。

補足情報もありました。

墓石を建立しようと思い、霊園に行ったところ管理事務所はなくなってました

 

いやあ酷いですなあ。

この手の問題ではよくあるパターンです。

駐車場の一画」にあったということで、面積にもよりますが「仮設建築物」でしょう。

プレハブのやつです。

自治体によるのですが、販売期間中(普通は1年ですが、延長で3年くらい可能な地域もあります)だけの管理事務所です。

さっと売って、さっと撤退、ヒットエンドラン商法です。

25年も経っていれば100%ありません。

 

どうでしょうか?

消費者も寺もともに石屋に騙された被害者であることは確実のようです。

 

もちろん、道義的には圧倒的に寺の責任の方が大きいです。

消費者が嘘つき石屋を見抜くのは至難の業ですから。

住職の方は本当に信頼できる石屋か見抜く力が必要です。

 

ここからはゲスの勘繰りになります。

高庵寺住職も墓地の拡張工事を行いました。

工事は土木業者に依頼しました。

 

「土木業者に依頼」の意味が分かりますか?

有料だということです。

 

住職、工事を頼んでお金を払うのって当たり前じゃない????

いえ違うんです。

お寺のお金で墓地の工事をするお寺って、皆無に近いんです。

ほとんどのお寺では墓地の工事をタダで行っています。

 

石屋にタダで工事をさせ、その代わり販売は指定石材店になるという仕組みです。

工事費用、販売費用(人件費や広告費等でこれがバカになりません)他、石屋がタダでやるわけです。

 

立派な石屋さんだねえ(☼Д☼)

( ̄∇ ̄;)もちろん違います。

 

高庵寺の場合は、石屋は自由です。

したがって適正価格でお墓を建てられます。

もちろん、石屋にボッタくられるのも自由です。

 

高庵寺で適正価格で100万円で建つお墓に、300万円くらい支払うわけです。

これは普通の商行為です。

石屋に販売を依頼」、これをしてもらうために、ものすごい努力が必要です。

内情は書けませんが、中身は真っ黒です。

 

おなじみ富山の宮崎さんのブログです。

墓石販売において一番重要なことは何?・・・墓地の確保です。2018-02-02

うーん、さすがの宮崎さんもソフトに書いてますねえ。

それゆえ石材店は高い権利金を払ってまでも墓地を確保するのです。

中身はもっとドロドロしています。

ま、書けないですよねえ。

もちろん高庵寺住職も書けません。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから