死後24時間以上経たないと火葬できません 神戸の死後16時間火葬事故 どうして起こったんでしょう???平成30年3月31日更新

 

ニュースの概要です。

神戸市は26日、市立鵯越(ひよどりごえ)斎場(同市北区)で80代男性の遺体を死後24時間以内に火葬したと発表した。

今年1月28日午後11時45分に病院で死亡。

翌29日に市内の葬儀会社が火葬の予約を行う際、書類に「午前11時45分」と誤記入した。

鵯越斎場で遺体が引き取られた際、同センター職員が、「死体埋・火葬許可証」も受け取ったが、記載されていた正しい死亡日時を見落としたという。

同日午後3時25分ごろに火葬された。

 

これに関して葬儀社の方が動画を配信されてました。

 

確かに、当たっていると思いますが…

ヒューマンエラーは絶対に起こります。

このケースはねえ???

 

高庵寺住職には絶対に起こりえない間違いだとしか思えないのですが…

遺体の取り違えの火葬はけっこう起こっています。

 

こちらの過去ログで書きました。

ボッタくりの葬儀社と石屋 見分けるの どちらが難しい?平成30年2月7日更新

 

こちらの方は実害大ですねえ┐( ̄ヘ ̄)┌

同じく葬儀社の方の批判の動画です。

 

こちらはとんでもない出来事ですね。

ご遺族は深く傷つきます。

絶対にあってはならない大事件です。

こんな大事件を起こす葬儀社は絶対に利用してはいけません。

 

こんなCMを高い経費を支払って流すくらいなら、会社のシステムを根本的に改善すべきです。

無理なコストカットで従業員への過大な負担をかけていませんか?

 

神戸市の24時間前の火葬は、「男性に身寄りはない」ですから、故人には失礼ですが実害は無かったと思われます。

ただし、この担当葬儀社も・・・( ̄  ̄;)

利用されるのは???

 

高庵寺住職がなぜ「絶対に起こりえない」お思うのかです。

少なくと足利市では絶対にあり得ません。

 

火葬迄の手順です。

死亡診断書を医師に発行してもらう

死亡届を提出

火葬許可証を発行してもらう

火葬

 

この辺の詳しい説明はこちらの過去ログをどうぞ。

埋葬許可証を失くした 困った どうしよう平成30年1月26日更新

 

法務省のHPから死亡届です。

お分かりになりましたか、どこの自治体でも、死亡届と死亡診断書は1枚の用紙になっています。

 

たいていはご遺族は医師から死亡診断書をもらって、それを葬儀屋に預けてお終いです。

実務は全て葬儀屋が行います。

神戸市の事例でも同じです。

 

次に火葬許可証です。

実物(住職の母です 個人情報は削除してあります)をお見せします。

 

それでは足利市ではなぜ絶対に起こりえないかです。

1月28日午後11時45分に病院で死亡」、死亡診断書は直ぐにもらえません。

足利市の病院では死亡診断書をもらうのに、速い病院で30分くらいかかります。

個人病院だと翌日の場合もあります。

 

寄り道ですが…

死亡診断後、遺体を搬送するときに,死亡診断書を必ず携帯しなければなりません」は嘘です。

そんな法令はどこにもありません。

ただし、車の中に「死体」が入っているのですから、余計な疑いを招かないように携行するのが普通です。

「死亡診断書が翌日」でも問題ないんですよ。

 

葬儀社は依頼を受けた時点で、関係者(遺族、僧侶等)の都合を調整のうえ、できるだけ速く火葬の予約を取ります。

足利市の場合は、ネットで直ぐに予約を取れます。

詳しくはこちら。

葬儀社の良し悪し 担当者で決まります平成29年12月5日更新

 

1月28日午後11時45分に病院で死亡」ならば、死亡診断書を受け取れるのが翌29日ですから、当日の火葬の予約???

ありえねえ((((((ノ゚听)

1分1秒でも早く火葬をして、仕事を終わりにしたいの葬儀担当者の心情が∈(´Д`)

これが「午前11時45分に病院で死亡」ならば、翌日の午前10時に火葬のヒューマンエラーは考えられますけどねえ、ま、無いか。

 

というのは「死亡届を提出→火葬許可証を発行してもらう」は24時間可能じゃないからです。

足利市の場合は、市役所の窓口での提出と発行です。

受付時間は「午前8時30分〜午後5時15分」です。

 

死亡診断書を受け取った当日の火葬、ありえねえΣ( ̄ロ ̄lll)

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから