お清めの塩の通販 消費税がかかるんですね お布施じゃないですよ平成30年5月25日更新

 

前回のブログの続編です。

開運商法騙しの手口 こう言ってきたら確実に詐欺です そのキーワードは?平成30年5月23日更新

 

前回のブログで騙されそうになった相談者、購入をされたのは「清めの塩」でした。

詐欺の「開運商法」の国民生活センターの事例では、「開運ブレスレット」で代引き5,800円の事例が紹介されてました。

 

こういう商品はさすがに買う方も多少は疑ってかかります。

そこでポイントは価格になります。

正直、5,800円は高庵寺住職の感覚からすると、???なんですが…

金銭感覚は人それぞれですから(;^_^A

 

高庵寺でもご祈祷はしています。

足利市曹洞宗高庵寺(こうあんじ) ご祈祷もしています平成28年2月5日

 

住職、祈祷料いくら?

( ̄∇ ̄;)法要の後サービスで行っていますのでタダです。

ご祈祷だけ頼まれたときは、お布施として1万円頂戴しています。

 

もちろんメインはご祈祷の後の法話です。

お坊さんの本当のお仕事は布教ですから、法話をしないのでは、法要の意味が無いからです。

 

その時に必ずするのが、「ご祈祷にはご利益はありませんよ、あるのはご功徳だけです」の話しです。

例え話をするんですが、一番分かり易いのが宝くじなんです。

「高庵寺の財政状況も厳しいんで困っているんですが、年に数回、息子が『お父さん、近々5億円が手に入るので大丈夫です』と言うんです」

「でも手に入ったためしがないんですよね、息子は毎朝ご祈祷してるんですけどね」

これでたいてい、ワッときます。

その後、「ご祈祷をしたから、必ず願いが叶うということはないんですよ」という流れになります。

 

高庵寺住職は宝くじを買ったことがありません。

どうしても期待値(確率論です)を考えちゃうんで、バカらしくて買う気が起きないんです。

家族の言い分は「宝くじは夢を買うもんなんです、住職には夢が無い」。

 

ま、そうなんでしょうねえ。

5億円当たったら、なにをしよう、ワクワク、これが宝くじの商品価値なんでしょう。

ただし、それも1枚300円だから売れるんです。

これが当選確率を100倍にして、1枚3万円にしたら、売れ行きは激減します。

 

開運商法も最初のきっかけは、消費者が買いやすい価格設定が必要なんです。

前回の相談者の「清めの塩」、WEBで調べてみました。

 

最上位のサイトには「法人名」がでていません。

サイトには「○宮本家」とあり、神社かなと思ったんですが、国税庁の法人番号検索サイトにありません。

サイトの「特定商取引法に基づく表記」に出ていました。

これがきちんとされてないと、通販ができませんので(最初から詐欺なんでしてないサイトもあります)、ここを見るのがポイントです。

「株式会社○○」、きちんと法人番号もあります。

価格は代引きだと、消費税、送料、代引き料全て込みで5千円くらいですね。

 

第2位のサイトは、なんとお寺が運営しています。

もちろん、法人番号検索で確認してあります。

ここの価格が超面白いんです。

 

お寺や神社のお札は消費税がかかりません。

なぜなら、商品の販売ではなく、お布施だからです。

国税庁のHPに出ています。

お布施、戒名料、玉串料等の葬儀、法要等に伴う収入は、宗教活動に伴う実質的な喜捨金と認識されているものですから、課税の対象とはなりません。

 

つまり、「お布施」で「税込み」は

このお寺さんの「清めの塩」は商品なんですね。

 

お寺でも「宗教活動に伴う実質的な喜捨金」とされるのには条件があるんです。

例えば、お札を300円で仕入れて、千円で販売すると、お布施と認められない可能性があるんです。

なぜなら、仕入れ価格が3割だと、普通の商売とあまり変わらないというのが税務署の理屈です。

 

高庵寺では法要のときの卒塔婆の料金(お布施)を1万円に設定しています。

コスト的に一番かかるのは人件費ですが、それを除く仕入れ価格(卒塔婆、墨他)は千円未満です。

この卒塔婆料を3千円にすると、「宗教活動に伴う実質的な喜捨金」と認められない可能性が高いんです。

5千円はたぶん大丈夫だと思いますが…

ちなみに、お施餓鬼の卒塔婆は5千円です。

こちらは仕入れ価格が法要の卒塔婆の半分以下なんです。

 

ということで、「清めの塩 税込み1,080円」は妥当な価格です。

これならお試しもあるでしょうねえ。

この後、個人情報を手に入れたお寺が、「特別なご祈祷が必要だ…」が無ければ良心的なお寺でしょう。

 

WEBで見ただけなんで、実態はどうなんでしょう。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから