お墓を建てる どの石が良いか? WEB情報に頼ることの無意味さ平成30年8月9日更新

 

普通の人はお墓を建てるとき、どの石にするか、石屋さんに奨められるままが普通です。

いくらかましな人は石見本を見ます。

かなり凝った方は、WEB情報を見ます。

 

WEB情報を見るのは良いんですが…

石屋さんのサイトの情報は、はっきりダメだと言い切れます。

なぜなら最新の情報を載せているところを見たことがありません。

 

論外なのがIT屋さんのサイトです。

書かれている方にはきちんとした知識が無く、どこかから仕入れた情報をもっともらしく書いているだけだからです。

サイトのでき自体は一番ですけどね。

当たり前で、石のプロではありませんが、WEBのプロだからです。

 

過去ログでも書きました。

石には旬があります 古い情報は全く役に立ちません平成29年12月15日更新

 

過去ログで何本も石種について書いてきましたが…

全部削除しちゃおうかなとさえ思っています(‖ ̄■ ̄‖)

 

結局、私自身の書いたときの記録として残すことにしました。

その代わり、石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

石種のブログには必ずこの注意書きを末尾に書いています。

 

一般論として、最新の情報を知る手段はあります。

旭日達石材2018年08月石の状況

 

石材の輸入商社のサイトです。

高庵寺住職が絶大な信頼をおいているサイトです。

小川社長とは直接面識もありますし、売る相手が素人さんではなく、プロである石屋さんなんでインチキは通用しないですからね。

 

ただし、あなたが依頼した石屋さんが全く同じ状況とは限りません。

 

東京本郷「石の坊」さんのブログです。

G603についての考察(もうとっくに丁場はストップしています)201881

 

ポイントだけ引用します。

良く、G603を悪い石だと決めつける石材店がいるのですが、もし、G603から錆がでると言うのであれば、「その墓石店は建材に近いランクの石を扱う安い商社から仕入れていた。」その可能性が凄く高いと思います。つまり質の悪い石を安く購入している業者の可能性が高くなります。

 

実はG603で錆が出る石は原石の段階で既に錆が出ると解っています。

概ね全体の2割弱の石が錆がでます。

錆が出る層と錆が出ない層がありまして、実はG603で錆のでる石は最初から解っていたのです。

錆の出る層の石は試し割の段階で既に錆が見つかったいましたから。

だけど、この錆が確実に出ると解っている石を「値段が安いからと加工して日本に流通させた商社がいます」

 

最もG603なんて、もうずいぶん前から、丁場がストップしていますから販売している墓石店は殆ど無いはずなんですが….

 

何故か、未だにG603を勧めている石材店があるという話を聞いたので書いてみました。(確かに大型霊園の価格表に名前がまだあるから、どこかに在庫を持って居る墓石屋が居るんですかね

 

もう一度小川社長のHPに戻りましょう。

 

採石場が完全に停止していて、採石は一切不可能は事実なんです。

これは全国どの石屋さんでも同じです。

ただし、G603を売ることのできる石屋が存在するのも事実なんです。

 

石の情報について、一般的な知識でよいのなら、上記リンク先の石材輸入商社のサイトをご覧になれば分かります。

ただし、それは一般論でしかありません。

あなたが実際にお墓を建てる石屋さんの石とは、名前が同じでも同じ品質とは限らないんです。

 

もし納得するまで調べたいのなら、石見本ではなく、その石屋さんが実際に建てたお墓を見るのが一番です。

「石の坊」の今井社長も同じことを言っています。

墓石の購入で一番重要な事は「現地案内をしてくれるか」です。201887

 

ただし、こんな石屋もいるんでご注意を( ̄へ ̄|||) ウーム

他社の施行例をHPに載せる、石材店にプライドというものは無いのか?2018-05-22

 

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから