葬儀社に前払いするのは愚の骨頂です平成30年8月29日更新

 

足利市には互助会の葬祭ホールが4店舗もあります。

施設設備は互助会以外の葬祭ホールを圧倒しています。

 

では利用者として使いやすいか?

それは全く別問題です。

 

足利市は地価がそれほど高くありません。

平屋の葬祭ホールの方が圧倒的に利用し易いんです。

 

足利市の葬祭ホールで式場(実際に葬儀を行う部屋)が2階にあるホールが2つあります。

 

うーんと、実際に利用された方でないとピンとこないですね。

動画をはめ込んでおきます。

 

1社は互助会で、足利でダントツに豪華なホールをお持ちです。

1階はロビーや付帯施設で、式場や控室等は全て2階になります。

 

いかに豪華かは、実はエレベーターを見ると分かります。

このホールは柩と遺族が一緒に入れます。

動画をはめ込みます。

 

寝台用エレベーターと言うそうですね。

もの凄くコストが高いです。

ということで、普通はこちらを使います。

 

住宅用エレベーターというようです。

これには、ストレッチャーや柩用の開閉可能トランクをつけたものとついてないものがあります。

もう1社の互助会でない方は柩がのらないんです。

 

お分かりになりますか?

葬儀終了後、柩を2階から階段で降ろすのがもの凄く大変なんです。

普通は遺族や親族の男性がするんですが…

絶対に不可能です。

葬儀社のスタッフが行うんです。

このためだけで、人件費がもの凄くかかります。

その結果葬儀社への支払いが高くなります。

 

意外と問題になるのが駐車場です。

一番理想なのは、広い敷地内の奥にホール、手前が駐車場です。

これだと車の誘導スタッフが2名で済みます。

 

一番大変な葬儀社は駐車場がホールから一般道を挟んで何か所かある葬祭ホールです。

車の誘導スタッフ、大きい葬儀だと6名くらい必要です。

葬儀社に限らないんですが、サービス業で一番コストがかかるのは人件費です。

 

これくらいのことは、事前に知識として分かっていれば、1回下見をすれば分かります。

何を言いたいかというと、葬儀社選びに、事前相談と下見は絶対に必要です。

 

それよりも重要なことは、葬儀社の支払いは絶対に後払いということです。

過去ログです。

葬儀社の支払いは後払いです平成30年1月16日更新

 

はっきりしていることは、葬儀社のような請負契約は前払いは絶対にダメだということです。

まともな葬儀社は全て後払いです。

まともでなくとも、大半の葬儀社は後払いです。

前払いを要求する葬儀社は、互助会(互助会は悪質ではありません)と詐欺まがいの悪質葬儀社だけです。

 

悪質な実例です。

悪気は無かったんでしょうが…

前払いのお金は全てドブに捨てたのと同じ実例です。

 

どうしてこんな問題が起きたのか?

単純です。

料金の一部を前払いしたからです。

 

葬儀社の仕事は請負業務です。

いくら見積もりがあっても、その通りの請求になるとは限りません。

契約書のときには、変動費の部分は除くか、変動費の単価が記載されているはずです。

ようするに終わってみないと正確な請求額が絶対にでない業務なんです。

 

つまり葬儀社の仕事というのは、「後払い以外は無い」仕事なんです。

その葬儀で前払い、絶対にあり得ません。

 

 

まことにお気の毒ですが、「後払い以外は無い」仕事に対し、前払いをしてしまったのですから(‖ ̄■ ̄‖)

地元からの信頼でやっている商売。逃げも隠れもできません

まあ、こう言われれば騙されちゃうよねえ。

確かに逃げも隠れもしてないですから。

ただし詐欺罪には絶対にならないでしょう。

だって、最初から騙すつもりは無かったでしょうから。

 

「福岡県ゴールド事業協同組合」の破綻のように、葬儀社に何十万円も手付金を支払うのは、支払う方に問題ありです。

互助会は法の規制があり、上記の事例とは異なりますが、手付金を何十万円も支払うことに違いはありません。

葬儀社に前払いをするのは愚の骨頂です。

 

葬儀関連の業界は全て後払いが絶対です。

 

お仏壇や位牌はもちろん後払いです。

仏壇の場合、注文する、配送と設置をしてもらう、その場で現金で支払い。

不良品の場合はお金を支払わなければ良いんですから、被害は発生しません。

 

お墓の場合も後払いです。

実際に建ったお墓を確認してから支払いです。

それでもトラブルはかなり起こっています。

 

お墓なんて一生に一回建てないですから、できたお墓の不具合に気が付きません。

たいていは気が付かないまま終わるので、問題ないともいえるんですが┐( -"-)┌ヤレヤレ

 

まれに本当に酷い施工で、素人の消費者が分かることもあります。

お金を支払った後ではなにを言っても無駄です。

 

石屋さんで知る限り、ただ1社の前払いの石屋さんです。

東京本郷の「石の坊」さんです。

 

最大の特徴はこちらです。

 

普通だったら、絶対に成立しない商売です。

何千件も施工されて問題ありません。

 

このような努力をされているからです。

して上げたくても出来ない事。 2017919

 

少し引用しましょう。

何故なら当社は「石材商社への支払い」も「職人への支払い」も前金です。

基本、ご契約しまして、すぐに「商社へも職人にも支払ってしまいます。」

そして、「前金で支払ってしまえば、例え当社が倒産しようが、私が死んでしまっても墓石は建ちます。」

良く、倒産して「墓石が建たない」という事は「職人や商社にお金を払っない」から起こることです。

先に支払いさえすれば、問題無く墓石は建ちます。

 

はっきり書きます。

石の坊さんは例外中の例外です。

他の石屋がマネをしても(マネする石屋はでないでしょうが)、うまくいかないと思っていた方が良いですよ。

長年にわたる信頼と実績があって初めて可能な方法なんです。

 

実は石屋の倒産ってけっこうあるんです。

後払いですから金銭的な被害はありません。

ただし、建つはずだったお墓が建たないということは起こります。

お気の毒なんですが、金銭的な被害が無かったということで諦めるしかありません。

 

福岡県ゴールド事業協同組合事件の場合、何十万円もの被害がでたんですから(_ _)

高庵寺住職には、葬儀費用を前払いする互助会に加入する方の考え方が全く理解できません。

 

説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから