スタッフの多い葬儀社 どの方にお願いしたら話が通るんですか?2021.5.22

 

最近、久しぶりに会葬者の多い葬儀を行いました。

葬儀社の担当者に故人の情報を話し、会葬者はもの凄く多いからねとアドバイスをしました。

本来は住職がすることじゃないんですけど。

 

足利市斎場での葬儀でした。

 

 

式場が2ヶ所あります。

 

 

上記の「第2式場:収容50人、ロビー:収容50人」でした。

通夜の開式は午後6時です。

というのは斎場の規則で以下のように決まっているからです。

 

午後5時30分〜翌日午前10時まで、翌日午前11時告別式、12時火葬

第2式場

 

私の指摘通り、午後4時半には一般会葬者が続々と詰めかけていたとご遺族にお聞きしました。

5時半の開場前には長蛇の列です。

アンラッキーなことに、同時刻開式の第1式場(収容80人、ロビー:収容70人)も近年珍しい大規模な葬儀でした。

 

最終的にお聞きしたら、会葬返礼品が300弱だそうでした。

 

事前に担当者に連絡したときのやり取りです。

 

「こんな事情で会葬者はもの凄く多いからね、運営には十分注意してね」

「はい、大丈夫です、ご安心下さい」

「返礼品を200用意しました」

 

関東の葬儀では香典返しは即日返しです。

返礼品の金額も少額で、全員一律です。

関西の方の考える香典返しとは全く別物です。

 

ということで、税務署の言う「香典返し」には該当しませんので、この金額は相続税の控除に使えるんです。

蛇足ながら、関西の香典返しの金額を相続税の控除に使用すると、税務署の指摘を受けます

 

お通夜のとき、受付のスタッフがバタバタしていました。

後で式場スタッフにそれとなくお聞きしたら…

「会葬者が開場前から大勢並んでおられ、担当者が慌てて追加を手配していました」

 

この葬儀社は全国展開をしている互助会で、返礼品の手配も足利では限界があるんで大変だったでしょうねえ。

 

一番困ったのは翌日の葬儀でした。

コロナ禍の現在、式場内は近親者だけの会葬なんで、参列人数はたかが知れているんです。

ところが今回は近親者以外に非常に親しい方も参列したため、「収容50人」の式場内が満杯でした。

入りきれない方はロビーでお待ちの方も大勢おりました。

完璧なまでの三密でした(;´д`)トホホ

 

葬儀の時間も決められています。

 

午前11時〜12時に告別式、12時火葬

第2式場

 

この時間内で儀式を終えるのは非常にタイトなんです。

足利の場合、普通は、「弔辞、弔電、遺族代表挨拶」が入ります。

調整で弔電だけになりました。

弔辞が入ったら絶対に不可能です。

 

それでも、なんとか間に合わせるためには以下の2つが絶対に必要です。

1, 弔電を司会者が素早く読む

2, 焼香時間を短縮するために、1回焼香にして、手際よくスタッフが誘導する。

 

両方ともグダグダでしたねえ。

そして極めつけは最後にありました。

 

足利市斎場は炉前の読経が許される珍しい斎場なんです。

高庵寺住職は葬儀のクライマックスの棺が炉に入る所を邪魔して欲しくないんです。

 

というのは足利市には「お水替え」なる奇習があるんです。

 

火葬中のお水替えご存知ですか?

 

ということで、火葬炉の担当者へ毎回このプリントをお渡ししています。

 

 

もちろん住職には担当者が誰になるか分かりません。

ということで、お通夜が始まる前の司会者との打ち合わせのとき、司会の手引きと上記プリントを司会者にお渡しし、綿密な打ち合わせを行います。

「お通夜は以上の形で宜しくお願いします」

「お葬式については明日また打ち合わせを宜しくお願いします」

「申し訳ありませんが、明日は司会は私ではありません」

「それでは資料をしっかりと引き継いで下さい」

 

ところが炉前の読経と焼香が終わる前にスタッフがお水替えを開始しようとしました。

息子が慌てて止めに入ります。

肝心なプリントが担当者に亘ってないんです。

 

なんでこうなるんでしょう。

 

実に単純な問題なんです。

演劇の舞台監督のように、全体を見渡して、導線が上手くいくように指揮を取ってくれる人がいれば簡単に解決します。

小規模な葬儀社ならば、絶対に起こらないトラブルなんです。

小さな葬儀社ではそれが担当者になります。

一人完結型のシステムなんです。

 

それに対して、トラブルのあった葬儀社は完全分業型のシステムなんですね。

スタッフ間の連携がとれていれば問題は起きないんですが…

そんな組織見たことないです。

 

肝心の儀式のときに、他の葬儀社は全て最初の担当者がついています。

この人が最高責任者として指示を出します。

ところがこの互助会だけはダメなんですよねえ。

 

因みに足利市内にある互助会は2社です。

 

 

 

 

このうち1社だけなんですけどねえ。

専門家の見解です。

 

もう葬儀屋はダメな奴でもいいのかもしれない

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから