体育会系の組織って 体罰が文化になっているんです(_-;)ハア…平成30年9月16日更新

 

ニュースを見ていると、体育会系の組織の体罰・暴力・パワハラの話題が尽きません。

日体大駅伝監督の問題など、過去に高校生に暴力を振るって懲戒処分を受けた方が、監督になって全く同じ構図の問題を起こしていました。

 

日体大パワハラ、過去に体罰問題の渡辺監督を抜擢した大学の責任…エースが謎の早期引退2018.09.13

 

少し引用します。

○○氏の体罰は、陸上界では有名な話だからだ。

駅伝強豪校の取材を20年近く続けてきたが、多くの大学でパワハラに近い指導が行われている。

 

13年に○○氏は部員への体罰を繰り返したとして懲戒処分を受け退職した。

このとき、同校PTA関係者からは、指導継続を求める約38000人の署名が集められた。

 

パワハラや体罰は陸上界だけの話ではなく、ほかの競技にも似たような疑惑は多く浮上している。

もはやスポーツ界全体の問題といっていい。

 

高庵寺住職は昔高校教師をしていました。

ある時期務めていた高校は高校野球の強豪校でした。

甲子園になんども出場した実績がありました。

 

もう大昔の話で、関係者も全員退職していますから、書いてもいいでしょう。

ある年、野球部の体罰問題がマスコミで報道され、監督が解任され(教師はクビになりません)、翌年度異動になりました。

処分はされましたが、軽微な処分だったと記憶しています。

そのときの、熱血系運動部顧問の反応です。

○○もマスコミに騒がれて、気の毒だったねえ。

運が悪かったねえ。

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、今なら大問題ですね。

県教委も軽微な処分しかできませんでした。

当たりまえです。

県内すべてのスポーツで、強豪校とされる運動部では当たり前だったからです。

これで上記のような「懲戒処分を受け退職」のようなことがあったら、教員の大量退職で教育現場は崩壊でしたから(;´д`)トホホ

 

なぜこんなことがまかり通っていたのか?

簡単です。

同校PTA関係者からは、指導継続を求める約38000人の署名が集められた」、関係者の大部分が教育現場の暴力を黙認していたからです。

 

暴力を振るう方も「生徒を伸ばすためには暴力は当然」と思い。

被害者の生徒や保護者も当然と思い。

なにより後援会等の外部関係者が強く望んでいたからです。

 

高庵寺住職が退職をする10年くらい前には、この手のことは激減していましたね。

ただし、それなりに残っていました。

未だにニュースで高校スポーツの暴力パワハラ問題が話題になります。

 

大多数のスポーツが専門ではなく、強くする熱意が無い教師の場合は皆無といっていいでしょう。

「強くする熱意」は無くとも、スポーツを楽しむことに熱意を持っている教師はいます。

「スポーツを楽しむ」と暴力パワハラは真逆の概念ですから、絶対に起こりません。

 

実はお坊さんの修行もこれに近いものがあります。

実際に永平寺で修行された一般人の方が、実体験を書いています。

 

この本の内容をどう読むか?

普通の方はけっこう感動しているみたいですね・・・( ̄  ̄;)

 

葬儀社の方がこの本の書評を書いていました。

永平寺の修行の世界2016.03.08

 

この方の感想がまともだと思います。

ただし、曹洞宗の僧侶でこのように思う僧侶は変人です。

つまり高庵寺住職は曹洞宗住職としては変人なんです。

 

かつて公になった曹洞宗修行道場の暴力事件の被害者の方の保護者のブログです。

曹洞宗天の声

 

全く同じでしょう、体質が!!!

未だに無くなりません。

なぜなら曹洞宗の大部分の僧侶が当然だと思っているからです。

 

高庵寺住職は変人ですから根絶したいと願っています。

 

だってお経を調べたり文献を調べたりすると、お釈迦様のお弟子さんへの指導に暴力パワハラは皆無です。

本当のことは分かりませんから、教団内ではあったかもしれません。

 

少なくともお釈迦様の言動には暴力パワハラは無縁です。

お釈迦様は、教え諭すことや人徳でお弟子さんを育てられました。

 

結論として、指導者に本当の力量があればお釈迦様のような指導ができるはずです。

「暴力とパワハラ」の指導者には、教える技量や人徳が欠けているから、そう思うんですが…

みなさんはどう思われますか?

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから