平成最後の秋彼岸は9月20日〜9月26日です平成30年9月18日更新

 

まず基本です。

今年の彼岸の日程です。

 

平成30年春彼岸

3月18日(日)彼岸の入り

3月21日(水)中日 春分の日

3月24日(土)走り口

 

平成30年秋彼岸

9月20日(木)彼岸の入り

9月23日(日)中日 春分の日

9月26日(水)走り口

 

ようするに、春分の日、秋分の日を中心に前後1週間になります。

 

お盆の日程は、全国にいっぱいありますが、毎年決まっています。

足利市は8月盆なんで、8月13日〜8月16日です。

年によって動くことはありません。

 

あれ住職、うちの地域も8月盆なんだけど、8月13日〜8月16日だよ。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、だから全国にいっぱいあるって書いたじゃないですか。

詳しく知りたい方はこちらの過去ログをどうぞ。

盆の時期 7月盆 8月盆 旧暦盆 勝手盆 現在は圧倒的に8月盆です平成28年8月8日更新

 

「毎年決まっています」の唯一の例外は旧暦盆だけです。

今年までの7年間を見てみましょう。

 

 旧暦の盆 

 平成24年 

 9月01日

 平成25年

 8月21日

 平成26年

 8月10日 

 平成27年

 8月28日

 平成28年

 8月17日

 平成29年

 9月05日

 平成30年

 8月25日

 

これは新暦(現在のカレンダー)と日付が違っているからで、旧暦ならば毎年同じ日程になります。

ということで、「毎年決まっています」は正しいんです。

 

それに対して、彼岸は地域による日程のバラツキは全くありません。

全国共通です。

ただし、春分の人秋分の日で決まるため、年毎により微妙に違います。

来年以降10年分はこうなります。

 

              春分の日           秋分の日

2019年    3月21日(木)  9月23日(月)

2020年    3月20日(金)  9月22日(火)

2021年    3月20日(土)  9月23日(木)

2022年    3月21日(月)  9月23日(金)

2023年    3月21日(火)  9月23日(土)

2024年    3月20日(水)  9月22日(日)

2025年    3月20日(木)  9月23日(火)

2026年    3月20日(金)  9月23日(水)

2027年    3月21日(日)  9月23日(木)

2028年    3月20日(月)  9月22日(金)

 

西暦で書いています。

というのは、来年のお彼岸はこうなります。

平成31年3月18日〜3月24日。

○○1年9月20日〜26日

 

つまり今回の秋彼岸は、平成最後の秋彼岸になります。

みなさんもご存知の通り、来年5月1日から新元号になるからです。

 

足利ではお盆が終わって1か月ちょっとで彼岸になります。

本当に直ぐなんですが…

今年のお盆はクソ暑かったですからねえ。

秋彼岸は爽やかな気候で墓参ができそうです。

ちょっと心配なのが曼殊沙華がもつかなあ???

 

ここ数年、お彼岸の時期には曼殊沙華は散っています。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから