土葬できる墓地を紹介してください平成30年9月28日更新

 

質問のメールを頂きました。

土葬できる墓地を探しているので紹介して欲しいという相談です。

住職の回答は以下の趣旨です。

土葬は可能です。

可能な墓地もごく少数あります。

ご自分で探されて下さい。

 

このブログをご覧のみなさまに、全ての知識を公開いたします。

 

まず基本を知っていただくため、まずこの過去ログをご覧ください。

日本では土葬が可能な地域は限られています 法律では禁止されていません平成29年5月1日再更新

 

土葬完全マニュアル 手続き 費用 全て回答します平成29年10月24日更新

 

住職、面倒だよ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、我儘なんだから。

分かりました、ズバット書きます。

法律では土葬は禁止されていません

条例で禁止されている自治体もごく少数あります。

 

では、なぜ火葬厳禁のムスリム(イスラム教徒)の方が困られているんでしょう?

詳しく書いた過去ログです。

「死後の行き場がない」イスラム教徒が悲鳴 火葬禁止ですからねえ 香港などはどうしてるのかしら?平成30年2月15日更新

 

上記過去ログで地元足利市のことも書きました。

その部分を再掲します。

 

実は高庵寺の地元の足利市でも同じように「イスラム墓地反対」の運動がありました。

平成22年の朝日新聞の記事です。

 

結局はこの話は宗教法人日本イスラーム文化センターが断念しました。

反対の理由は色々あったようですが…

結局はこの1点がポイントだったようです。

 

うーん、率直に言って、これには反論できないですなあ。

知る限り、高庵寺住職は足利市内での土葬の話を聞いたことがありません。

もちろん高庵寺にも昔は土葬がありました。

なぜなら火葬場がありませんでしたから。

 

実は火葬許可証のことで、足利市に土葬について問い合わせたことがあります。

近年、埋葬許可証(土葬の許可証)の発行は全く無いとの回答です。

もちろん、請求があれば発行するとの回答です。

つまり、足利市は土葬可能なんです。

 

具体的に市内で可能な墓地を何か所か知っています。

じゃあ住職、なぜ教えてあげないの?

その深い理由は…

無駄だから(^^)

 

ちゃんと書いたでしょう、埋葬許可証(土葬の許可証)の発行は全く無い。

足利市では土葬は全くありません。

なぜでしょう?

実に単純なんです。

墓地管理者が許可しないからです。

 

法律で決まっています。

埋蔵(火葬した遺骨をお墓に入れること)や埋葬(遺体を土葬でお墓に入れること)は、許可証を墓地管理者に提出して、許可をもらわないとできません。

もちろん正当な理由がなければ墓地管理者は拒否できませんが…

 

高庵寺墓地の場合は絶対に不可能です。

墓地管理規則で土葬の禁止を明示してます。

公営霊園や民間霊園では、高庵寺と同じく土葬を明確に禁止していますね。

寺墓地では規則に明記されてないところがほとんどです。

それ以外の墓地(法律用語ではみなし墓地です)では、規則自体がありません。

 

じゃあできるか?

絶対にできません。

弁護士の方が墓地管理者に説明を求めれば、「ここ何十年もやってないから」の回答しかできません。

それでも無理です。

最終的には裁判になりますが、墓地管理者勝訴の可能性の方が高いと思います。

だいいちご遺体がもたないですからね。

 

今回の相談がきっかけできちんと調べてみました。

2次情報では土葬の割合が一番高いのは奈良県ということになっています。

本当でしょうか?

 

調べるときは絶対に信用できる1次情報が鉄則です。

ドメインがgolgですね。

統計で見る日本

これで調べました。

 

調査内容により年度は異なりますが、国勢調査のように何年かに1回の調査が多いですね。

この内容の最新版は平成26年にありました。

 

映えある第1位はパンパカパーン☆・。ヽ(´▽`)/。・☆

なんと島根県です。

といっても0・25%ですが。

全国平均で0・01%なんです。

わが栃木県では、この年2万64体のうち、たった3体だけ土葬でした。

 

逆に言うと3体土葬があったわけです。

どんな墓地でしょう???

 

もちろん墓地管理者が許可した墓地です。

だから住職、それが知りたいんだって。

 

分かりました、ここからは私の推測です。

みなし墓地のうち、墓地管理者が本人という個人墓地がかなりあります。

田舎へ行くと、畑や庭の一部に墓石が何基かある小さな墓地がありますね。

あれです。

 

こういう墓地でしたら、墓地管理者はたいてい故人(ご遺体の方)ですし、親父の遺言だからみたいな感じでありえます。

これは一例ですが、確実にみなし墓地、しかも個人墓地です。

 

つまり一般の方が栃木県で土葬をするのは不可能です。

 

WEBで調べたら、民間団体(法人ではありません、法人番号がありませんから)で土葬を目的としている団体もありますね。

リンクは貼れません。

どういう団体か知らないからです。

 

ただしWEBを拝見すると、正確な情報を書かかれています。

一例をあげます。

 

費用はおおよそどのくらいかかりますか?

寺院や墓苑の状況や条件によって大幅に違います。費用全般としては50万円から300万円くらいまであります。

 

私の試算でもこれくらいです。

ただしこれ以外に埋葬に参加する方の交通費等がかかります。

ご遺体の搬送費等も別ですから…

遠方の方だとさらに数十万円プラスになります。

百万円単位と思っていれば間違いないと思います。

お金のかかる埋葬法なんです。

葬儀にかかる費用も、埋葬場所によってはエンバーミング等も必要になります。(日数がかかりますからねえ)

 

団体の方の実績を拝見すると以下の記述がありました。

これまでに数件の埋葬実績があります。

 

やっぱりね。

準備段階からしたら、膨大な時間とお金がかかります。

よほど信念をお持ちの方以外不可能な葬送法なんです。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: b_ani010

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから