墓終まい(はかじまい) いつしたら良い?平成30年12月17日更新

 

墓終まいの意味の確認からです。

 

墓終まいは普通のお墓だけです。

住職、普通って???

 

かなり荒っぽく書くと、寺墓地と公営霊園と民間霊園のお墓だけです。

それ以外の墓地の場合は、墓終まいが必要でない場合も多いんです。

 

寺墓地の事例として、高庵寺墓地で説明します。

高庵寺にある檀家様のお墓は、全て墓埋法と民法897条に合致したお墓になっています。

 

全てのお墓は次の3つの権利で構成されています。

〇墓地(お墓の立っている土地です)の所有権

〇墓地の使用権

〇お墓(土地以外の墓石や遺骨他全て)の所有権

 

高庵寺のお墓は全てこうなっています

〇墓地の所有権 高庵寺

〇墓地の使用権 檀家

〇お墓の所有権 檀家

 

普通は墓地とお墓は混同されています。

それでかまわないんですが…

正確に理解する第1歩は、この2つの言葉の違いを明確に理解することです。

つまり、墓地(お墓の立っている土地です)、お墓(土地以外の墓石や遺骨他全て)、この2つを区別する必要があります。

 

なんども書いていますが、土地を借りて家を建てて住んでいるのと似ています。

土地の賃借契約を解除するためには、原状回復(完全な更地にすること)が必須です。

原状回復が終わった時点で、賃借契約は自動的に解約となります。

もちろん事前に解約の意思表示は必要ですが…

 

ようするに墓終まいとは墓地を原状回復することです。

 

借地の場合は、建物は産廃として処理することになります。

墓終まいの場合は、墓石等は産廃になります。

 

住職、「墓終まいの場合」はって、産廃にならない場合もあるの?

実は厄介なことにあるんです。

何事にも例外はありますからね( ̄ー ̄)ニヤ...

 

今回は墓終まいですから、産廃です。

 

借地の場合は、それまでの住人は引っ越しをします。

お墓の場合も、遺骨は産廃にできません。

しかるべき措置が必要です。

 

普通は改葬ですが…

改葬ならば墓終まいはしませんね。

ということで、永代供養墓にいれるか、散骨の2択です。

 

高庵寺の場合でしたら、墓終まいで圧倒的にコストが低いのは、高庵寺永代供養墓への納骨です。

大半の寺ではそれがベストです。

ただし、墓終まいで永代供養墓への納骨が総額で20万円を越える場合は、散骨の方が安くなる場合も多くなります。

高庵寺では遺骨数に関係なく10万円ですから。

 

当たり前ですが、永代供養墓への納骨も散骨も費用はお寺や業者によってもの凄く差があります。

 

それでは墓終まいのタイミングはいつでしょうか?

ケースバーケースなんで、モデルケースで考えましょう。

 

○老夫婦二人で生活

○子どもは娘二人が結婚をして別に住んでいる

よくあるケースですね。

これで考えます。

 

お墓の相続(法律用語では承継といいます)は民法の条項が違いますから、娘や娘の家族でも相続できます。

一番良いのはどなたかがお墓の面倒を見てくれるのがベストですが、普通は難しいので墓終まいになるわけです。

 

結論から書くとタイミングは3回しかありません。

 

1回目は夫婦が元気なうちです。

本当はこれが一番ですが、このタイミングで墓終まいをされる方は稀です。

 

2回目はどちらかが亡くなったタイミングです。

現実的にはこのタイミングがベストです。

ただし、残された夫か妻が元気であることが必要になります。

 

次のタイミングは残された方が亡くなられたときになります。

これがラストチャンスですが、一番難しくなります。

判断が求められるのは、その方の葬儀と埋葬場所になります。

 

このパターンで多いのは、最後の一人の葬儀を行い、お墓に埋葬し、数年後に墓終まいという方法です。

上記のケースで言えば、娘さんのどちらかが墓終まいをすることになります。

菩提寺のある場合には、最後の方の葬儀を依頼し、納骨まで行い、後日墓終まいになります。

経済的な負担もかなり大きくなります。

 

実例です。

檀家様が亡くなりました。

兄弟が二人いるだけです。(もちろん高齢者です)

妹さんは結婚して別に家庭をもたれています。

弟さんが独身です。

 

高庵寺住職としては、埋葬をそのお墓にしないで、墓終まいをして、永代供養墓に故人と一緒に埋葬することをお奨めしました。

次の世代としては、妹さんのお子さん(甥姪)がいるだけです。

高庵寺のお墓を守ることはできません。

 

実際には高庵寺のお墓への埋葬になりました。

墓終まいの問題を次の世代に先送りとなったわけです。

 

次の世代がお墓を守れない場合、先送りをしない方が良いと思っています。

先送りが増えてくると、無縁墳墓が増えてくるのが目に見えていますから┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: b_ani010

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから