3u 墓石・外柵全てG623 おいくらだと思いますか? 目が点です平成23年8月1日一部訂正


高庵寺が、推薦業者を増やしたく探しているのは、何度も書きました。
本日も、ある近隣のある大手業者(日本最大です)に、電話で問い合わせました。

そこのHP
の、お墓の施工価格です。
場所が、埼玉県の加須市、加須ICの近くで、近くには物流センターがいくつもあります。
はっきり言って、高庵寺の方が遥かに街中です。

uの墓地の永代使用料が、35万円〜です。
高庵寺には3uの区画はありません。
一番近いのが、3.24u(1.8m真四角)の区画です。
永代使用料は、同じく35万円〜です。

肝心の施工費です。
税込で、なんと、221万5500円〜です。

電話でお聞きしました。
もちろん、高庵寺住職を名乗って、正々堂々と質問しました。

「3uで、221万5500円〜とありますが、221万5500円の墓石は何ですか?」
「G623です。」
「あー、分かりました。外柵がG623で、墓石がG614ですね。」
「いえ、それだともっと高くなります。」
「全てG623での価格です。」

この時点で、それ以上質問する気持ちが無くなりました。
3uの墓では、石材の使用量は、普通42才程度です。(和型で、棹石が尺は厳しいので、9寸での計算です。)
相当凝った外柵でも、45才止まりです。
以前、貼ったリンクを、もう一度貼っておきます。

高庵寺出入り業者の内2社は、確実に上記リンクの価格よりも、確実に安く施工できます。
施工費は○○万円です。(具体的には書けません)

以前、ご紹介したインターンネット専門石材店のカタログの一部です。

ちょうど、3uの墓地です。
税込み価格で70万円ですが、
これに、墓誌と塔婆立がオプションとなりますので、計78万円の施工です。(戒名刻字料金は含まれません)

これですと、1段組みなので、外柵は15才くらいです。
棹石が9寸仕様なので香炉等全て込みで10才。
塔婆立と墓誌で4才。
多めに見積もって、30才です。
基礎工事が7万円弱、仕入れ価格(加工済み)が15万円程度です。
つまり、原価は約22万円です。

もちろん、これに建込みの人件費がかかります。
施工としては、簡単なので、2人で1日半でしょう。
つまり、延べ3人分の人件費となります。

ということで、粗利は40万円となります。
少し高めに見積もっているので、粗利はもう少し増えることになります。

ということは、200万円近くの粗利を得ています。
どこから、こんな価格が設定されるのでしょう?
住職には、全く理解不能です。

しかも、開眼供養料は、ほぼ全国一律、施工費の10%ですから、
最低で、22万円です。

ちなみに、高庵寺では、平均10万円くらいです。


高庵寺ならば、永代使用料・入檀料・施工費(税込)・墓地開眼供養料、要するに、一切合切、全て込みで、同レベルの区画で、221万5500円だせば、この墓が手に入ります。

相見積もりで、うまく交渉をされれば、このレベルまで可能です。
221万5500円で、全てG623の施工業者ならば、
下のお墓なら、施工費だけで、確実に350万円程度になります。
実際には、400万円くらいふっかけられると思います。
ちなみに、G623とは、品質が全く違います。

ということは、全て込みになると、400万円越えです。
おそらく、500万円くらいかかるでしょう。

オールG623の墓、誰が見ても、お安く見えますよ。
素人さんでも、一目で分かるレベルです。

高庵寺ならば、500万円出せば、
全て本小松石(共石といいます)
でも建墓可能です。(このレベルの本小松はお奨めしませんが)

加須なら、高庵寺まで1時間かかりません。
条件をみると、「在来仏教のみ」です。
これなら、高庵寺に墓地をとりませんか。

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから