お正月は1月1日じゃない!平成30年1月28日更新

 

皆さんはお、正月は1月1日だと思ってますね。

確かに日本ではそうですが、世界にはお正月(正しくは新年)が1月1日じゃない国もたくさんあります。

 

もちろんお正月とよく似た行事があるのは中国文化圏だけです。

でも新年(新しい年の最初の日)は世界中にあります。

 

今年の中国のお正月(春節)は2月5日です。

去年は2月16日でした。

思い浮かぶのは爆竹です。

 

街のど真ん中で花火と爆竹ですなあ。

 

中国の春節の日を直近の5年間で見てみましょう。

2015

2月19日

2016

2月08日

2017

1月28日

2018

2月16日

2019

2月05日

 

ちなみに2023年は1月22日ともの凄く早くなります。

遅いのだと、2026年が2月17日です。

最大で1ヶ月くらいはずれます。

 

これは旧暦(太陰暦)で決まっているからです。

日本だって江戸時代までは旧暦だったんです。

 

日本人だと詳しい人でも、新年で知っているのは1月1日と旧暦1月1日くらいです。

 

けっこう身近な国にもこれ以外の新年がいっぱいあります。

 

これはインドネシアの新年です。

 

下の今年で見てみましょう。

3月7日も新年なんですよ。

これはヒンドゥーの暦です。

ただし、現在のインドは日本と同じく太陽暦を使ってますので、新年は1月1日だけです。

 

じゃあどこの?

はい、インドネシアですから、ヒンドゥー教はバリ島です。

3月7日がバリのお正月です。

 

動画を貼りつけておきます。

 

これはオゴオゴという大晦日とニュピというお正月の様子です。

この頃にバリ島へ行かれた方はご存知ですね。

お正月の日はホテルから外へ遊びに行けません。

 

世界3大宗教は、仏教、キリスト教、イスラム教と言われていますが、人口だけだと仏教よりヒンドゥー教の方が多いんです。

ただし本場インドが日本と同じ暦になっちゃいましたからねえ。

 

今年は9月1日がムスリム(イスラム教徒)の新年です。

これは世界中のムスリムが同じ暦を使ってますから、人数からしたら1月1日の次です。

 

ムスリムの方の新年の動画を探しても見当たりません。

なぜなら、日本のお正月のような祭りが無いからです。

 

その代わり、レバラン(断食明け大祭)があります。

これまたインドネシアの動画を貼りつけておきます。

 

こちらは日本のお正月のようですね。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから