お墓が欲しい そんなあなた 今がチャンスですよ平成22年10月22日更新

 

お墓っていつ建てたらいいの?

石材店のホームページに、必ずあるQ&Aコーナーの定番です。

 

たいてい、「いつが良いというのはありません。思い立ったが吉日。建てたいと思った時が一番良いときです」などという、愚にも付かない回答が載ってますね。

 

もし、業界関係者の方がご覧になっていたらごめんなさい。

あなたの言っていることは正しいです。

でも、私は僧侶、あなたはプロですから、私以上に本当はご存知ですよね。

 

いつが良いというのは、確かにありません。

でも、いつが買い得かはありますよね。

 

日本の消費構造というのは、常に団塊の世代が中心で動いています。

もう、親の代から先祖代々の墓がある方は別として、そうでない方が墓地を求めるのは、いよいよこれからです。

これから10年がピークですよ。

 

それに、先祖代々の墓があるといったって、遠くじゃ墓参りもろくにできないでしょう。

そう、お墓の引っ越し、改葬だってこれからピークですよ。

 

団塊の世代も既に60を越えました。

何年かすれば、足腰も弱ってきます。

高庵寺のある、平野と山地の境界の町では、たいていの寺院は山を背にしています。

理想のロケーションです。

見晴らしも良く、墓参りも気持ちよくできます。

 

でも、だんだん分かってくるんですね。

年を取ると、山の見晴らしの良い墓地は、墓参が出来ないんですよ。

だから高庵寺は,なけなしのお金を使って、境内バリアフリーに改造しているんです。

もう少しで完成です。

甘いかもしれませんが、完成すれば直ぐに完売してしまうと思っています。

条件の良いところから売れるんです。

当たり前です。

 

それと、大切なことを業者の方はお話してますか。

商売ですから、それはできないですね。

私は僧侶ですから関係ありません。

正直にお伝えします。

 

今が、墓を造るのには、最もお買い得です。

理由。実に単純です。

墓を建立するのは、一昔前はお金がかかったんです。

だから、昔のお墓は、お金持ち以外はみすぼらしかったんです。

 

今は、御影石製の立派な墓ばかりです。

通常の大きさ(1・8m×1・8m)で、オール白御影石製ならば100万円以下。

外柵が白御影石製で墓石他がグレー系統の御影石製でも、110万円〜130万円。

墓石他に上質な黒御影石を使っても、170万円くらいでできます。

 

信じられないほど、安価に立派な墓が建立できるようになりました。

もちろん、中国を中心に安価で良質な御影石が大量に輸入できるようになったからに他なりません。

 

墓は本小松で造りたい。

いいですね。

分かる人には分かります。

やっぱり本小松はいいですね。

でも、見積もりを取ったら腰を抜かしますよ。

 

日本の石は高価です。

まして、本小松のようなブランド石はとんでもない値段がついています。

本小松で、石をかなり使う墓を造ると、Lのマークの付いた新車が買えるくらいかかりますよ。

私には無理です。

あなたはどうですか。

 

でも、素人が(99%の人です)見たら、本小松より、インド製の黒御影石の(例えば代表的なクンナムを使っても、200万円も出せば、ものすごく立派な墓ができます)墓の方が、はるかに高価に見えますよ。

 

だから、外国産の石が底値の、今が一番お買得の時期なんです。

なぜ?

 

実に簡単です。全ての石材輸入業者がドル建てで輸入しているからです。

円高はほぼ限界ですよ。

80円を超えたら、大変なことになります。

菅総理も必死に頑張ると思いますよ。

 

それと、元もじりじり値上がりしています。

中国の人件費もどんどん上昇しています。

ユニクロも中国から他へシフトを模索しているんですよ。

 

そう、業者のあなたは知っていますね。

2011年、つまり来年から、中国の石材の輸出価格が一斉に10パーセント程度騰がることを。

 

どう考えても、今が一番のチャンスです。

他のページで紹介していますが、住職は合祀墓地を造りました。

完成まであと半日もかかりません。

完成したら、詳しくお伝えしますが、檀家さんや、新規入檀希望者が墓を建立するときの参考になるように、敢えて高価な石材は使いませんでした。

 

皆様方が墓を建立するとき、十分使える石材を使用しています。

後日、完成した写真と、石材の解説を記載します。

写真で見ても、素晴らしい墓です。

完成間近の合祀墓を見た檀家さんが、

「住職、まさか立派なお墓ですね。あれではお金がかかったでしょう。」

と言ってました。

 

もちろん、石の量が在家の墓とは全然違います。

皆様の墓よりは、ずっと高価です。

でも、びっくりするような価格ではないですよ。

 

業販価格で造ってもらってますので、金額は教えられませんが、造りからしたら、十分リーズナブルです。

でも、何年かしたら、ずっとお金が余計にかかります。

もう一度言いますが、今が一番お買い得な時期です。

 

追記

 

平成24年5月現在、上記の内容が証明されました。

このブログ(平成22年10月)当時、100万円で建てられたお墓が、今は110万円〜115万円です。

しかも、これから増々高騰します。

1日でも早くお墓を建てられることをお奨めします。

 

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから