仏教では合祀は使えないの?平成31年2月7日更新

 

永代供養墓の開眼のときに、檀家様から質問を受けました。

高庵寺には永代供養墓が3タイプあり、そのうち1つが合祀タイプなんです。

 

「ある人に、『合祀は神道でしか使わない』と言われたんです」

「和尚様、私は間違って使ったんでしょうか?」

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、くだらないことを真剣に語る人がいるもんですなあヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

 

その時に説明したことを分かり易くまとめてみました。

 

まず「合祀」を国語辞書で調べてみましょう。

2柱以上の神を一つの神社にまつること。

また、ある神社にまつってあった神を、他の神社に移して一緒にまつること。

合祭。

合座。

 

合祀というのは神道由来の言葉です。

ただし現在ではそれ以外でも使われています。

 

合祀墓(ごうしぼ、ごうしばか、ごうしはか)から始まりました。

読みは一般的には「ごうしぼ」ですが、上記のように他の読み方もあります。

なぜなら新しい言葉で完全には定着してないからです。

 

合祀墓から、合祀するという言い方が、遺骨を合葬(がっそう、ごうそう)する場合と同様に使われるようになりました。

 

昔からの日本語であれば、合祀墓ではなく、合葬墓になるのが普通だったでしょう。

現実にはWEBで調べても、合祀墓はたくさんありますが、合葬墓はありません。

 

ただし、お寺には昔から、今の合祀墓と同じ墓はありました。

なんと呼んでいたかご存知ですか?

正解は「無縁墓(むえんばか)」です。

 

推測ですが、「無縁」という言葉が嫌われたんでしょう。

いつしか「無縁墓」という言葉ではなく、合祀墓という名称になっています。

確かに「無縁」では、買ってくれる人はいませんから。

 

言葉は生き物です。

時代とともに意味や言い方が変化して当たり前です。

 

現在では葬儀で「葬儀と告別式」が普通にあります。

業者の人は葬告(そうこく)と省略すらしています。

 

本来は告別式は無宗教のものでした。

現在では、仏式の葬式でも、神式の葬儀でも普通にあります。

 

葬式の在り方、お墓の在り方が、近年では急激に変化しています。

それに伴い、言葉も急激に変化しています。

 

合祀は神道由来の言葉だから、お寺の無縁墓を合祀墓はおかしい???

バッカじゃないの一言です。

だいたいちょっと前までは、散骨なんて影も形も無かったんですから。

木を見て森を見ない愚者の戯言など聞く必要はありません。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから