僧侶派遣業界の闇平成31年2月13日更新

 

「僧侶派遣」でググってみます。

上位にずらっと出てくるのは広告です。

ちゃんと「広告」と出てきます。

 

少し下を見ると「広告」と書いてないサイトが出てきます。

ここからが本当の検索上位のサイトになります。

 

第1位は「喪主 ○○○○の10ヶ月」というサイトです。

派遣僧侶を実際に依頼した体験談風のことが書かれています。

 

サイト運営者の情報を見ると、実体験らしいことが書いてありますが、根拠は全く書かれていません。

個人情報だから普通なんでしょうが、どこの誰かは全く分かりません。

氏名も本名かどうかも全く分かりません。

 

最後まで読むと分かってきます。

超有名なIT屋さんのサイトを2社、この業界の草分けともいえる僧侶が創設者の株式会社のサイト、計3社で比較しています。

実に巧妙に「有名IT屋」のサイトに誘導しています。

 

高庵寺住職は趣味と実益を兼ねて、葬儀関係のサイトを毎日のように見ています。

葬儀関係のサイトについては、閲覧数だけなら全国でもトップレベルだと自負しています。

 

不思議なもので、これだけ閲覧していると、サイトの作り方や文体などで、「あ、このサイトは○○(IT屋です)のステマだな」と分かるようになってきます。

この第1位のサイトは「株式会社○○○○」のステマです。

 

住職、いつものIT屋批判かい?

いえ、違うんです。

今回は別の内容です。

 

検索結果を見ていると、非常によく似たサイトがあります。

 

1つは「お坊さんjp」です。

アドレスは「https://obousan.jp/」です。

 

もう一つは「お寺さんjp」です。

アドレスは「https://www.oterasan.in/」です。

 

さりげなく書きましたが、あなたはドメイン名をきちんと見ていますか?

これってすごく重要です。

 

高庵寺住職が無条件に信頼するドメインは、golgだけです。

蛇足ですが、go.jpは「日本国の政府機関、各省庁が管轄する研究所、特殊法人(特殊会社を除く)」を示しています。

lg.jpは「日本国の地方公共団体や、地方公共団体が行う行政サービス」を示しています。

 

.jp」はよく見ますね、日本のドメインです。

.in」は???

実はインドのドメインです。

 

「お坊さんjp」は日本の株式会社が運営しています。

「株式会社プロ」です。

法人番号は「9180001104328」です。

IT屋さんです。

 

「お寺さんjp」の運営会社は???

「株式会社お寺さんjp」ですね。

法人番号もあります、「5080101019992」ですね。

HPの運営者情報はこれだけです。

 

うーん???

きちんとした株式会社なのに、なぜ情報開示をしないんでしょうねえ???

 

「動画あり」とありますので、その動画を貼りつけておきます。

 

真言宗のお寺さんらしいんですが、なぜ堂々と公開しないんでしょう?

お寺さんなので「法話の実例」が出てました。

 

少し引用します。

その時の運勢鑑定において、私のほうからその方にご指摘させて頂いたことがありました。

まず、今現在 住んでおられるアパートの運気がとても悪いという事でした。

 

その後、いくつかの候補の中から、易神にお伺いをたてて、運気的に問題の無いアパートを選び、入居に際してはきちんとお祓いをして引越しを致しました。

 

これは(-_-;ウーン

さらに…

当院では、癌を患う方に対しては、病気平癒祈願やお祓いはもちろんですが、その方ご自身の免疫機能を高めるために漢方薬を勧めております。

 

漢方薬の処方は「医師または薬剤師」以外の方はできません。

もちろん、この法話の方は、医師または薬剤師だと思いますが…

誤解を招きかねない表現ですねえ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから