平成最後の春彼岸です平成31年3月19日更新

 

昨日から春彼岸が始りました。

今年の春彼岸は3月18日(彼岸の入り)、21日(中日、春分の日)、24日(彼岸の明け)の1週間です。

4月30日に平成天皇が退位をされ、5月1日から新元号をなります。

平成最後の彼岸です。

 

今年の秋彼岸からの日程は、西暦で書いておきます。

               春分の日            秋分の日

2019年    3月21日(木)   9月23日(月)

2020年    3月20日(金)   9月22日(火)

2021年    3月20日(土)   9月23日(木)

2022年    3月21日(月)   9月23日(金)

2023年    3月21日(火)   9月23日(土)

2024年    3月20日(水)   9月22日(日)

2025年    3月20日(木)   9月23日(火)

2026年    3月20日(金)   9月23日(水)

2027年    3月21日(日)   9月23日(木)

2028年    3月20日(月)   9月22日(金)

 

9月20日〜26日が新元号の最初の彼岸になります。

 

高庵寺では彼岸の期間中、本堂正面に彼岸棚を飾ります。

墓参の方が本堂に上がってお参りできるようにしています。

 

高庵寺では盆にも盆棚(高庵寺の場合は正確には施餓鬼棚ですが)を本堂正面に飾ります。

なぜ「正確には施餓鬼棚」かは、盆の最終日(8月16日)に施餓鬼法要をするための棚だからです。

 

動画でないと分かりにくいので、動画を貼りつけておきます。

高庵寺の施餓鬼法要は、画像はあるのですが、動画がありません。

他の曹洞宗寺院の動画でお許しください。

 

施餓鬼法要です。

およそ1時間弱です。

 

高庵寺の場合は足利です珍しく祈祷太鼓を使っての法要ですので、少し時間が短くて済みます。

 

高庵寺の施餓鬼法要の副住職が太鼓を敲くところだけ動画を貼りつけます。

ただし、お盆の施餓鬼ではなく、正月の修正会の太鼓ですけどね。

 

この施餓鬼棚を少し簡素にしたものを彼岸の期間中本堂正面に飾ります。

墓参の方にお参りをしてもらうためです。

 

実は一番違うのは棚の向きです。

こちらは盆棚です。

 

お分かりになりました。

盆棚は正面が中を向いています。

施餓鬼法要をするためです。

 

彼岸棚の方は高庵寺では彼岸法要をしません。

したがって外向きです。

墓参の方が、本堂に上がって直ぐにお参りできるようにです。

 

秋彼岸の花と言えば彼岸花(曼殊沙華)ですが、春彼岸の花はなんでしょう?

 

こちらは曼殊沙華です。

 

高庵寺の場合も秋彼岸の頃には終わりかけになる場合が多くなりました。

赤の曼殊沙華はたいてい終わりかけになっています、その代わり白の曼殊沙華が見頃です。

 

高庵寺の場合、春彼岸の花は山茱萸です。

一つ一つは綺麗な花です。

 

動画です。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから