檀信徒とは住職に帰依した者???平成31年4月10日更新

 

以前からときどき引用させていただいている「龍光寺を守る会」のブログです。

ポイントを引用します。

 

かって「問題住職」の代理人弁護士は、私たちに向かって曹洞宗宗憲を持ち出して大げさに『宗憲に書いてあるように檀信徒とは住職に依遵し帰依した者だ』 『だから住職の言うことを聞くのは当たり前だ』 と檀家は住職に服従するのが当然だという言い方をしました。

 

菩提寺を長く護持してきたのは歴代の地元檀家さん達です。

「問題住職」が入山するずっと以前から檀家です。

 

龍光寺がある首都圏柏市は急激にベットタウン化して新参の檀家さんが地元檀家さんを超えて6倍ほど増えました。

この方々が檀家になるきっかけは新転地での新しい墓地の購入が目的であり、ほとんどの方が「問題住職」が入山する前から檀家です。

ただし、檀家になってからは檀家としての常識的な務めを果たしていましたし、「問題住職」が寺に来る以前から歴代の住職さんと和気あいあいでそれこそ、寺檀一如で行事など執り行っていました。

 

新しく檀家になる場合、余程の篤信者以外は墓地購入によって自動的にその寺院の所属宗派の檀信徒になります。

その際に宗憲の説明など受けませんから宗憲の存在さえ知りません。

 

龍光寺さんというのは、包括宗教法人が曹洞宗の被包括宗教法人です。

ということで、曹洞宗の規則「曹洞宗宗憲」には以下の記述があります。

 

「その寺院の住職の教化に依遵」とは書いてありますが、帰依とは書いてありません。

規則というのは、一般の方が誤解しないように書く必要があります。

帰依という用語を辞書で調べると、たいていこう書いてあります。

 

すぐれた者 (特に人格者) に対して,全身全霊をもって依存すること。

仏教では特に,信仰をいだくことに用いられる。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

意味が明確ではありませんね。

天下の曹洞宗です。

構造は日本の法体系と同じ(曹洞宗が真似をしました)です。

曹洞宗の規則はきちんとしていて、この後の条項で具体的に定義されています。

最後(曹洞宗宗憲も含め、下位の全ての規則)まで読めば、納得できます。

 

と言っても、一般の方が曹洞宗の規則を読むことは不可能に近いですね。

そこで日本国の法体系で説明します。

 

例えば、日本国憲法は明確ではありませんね。

精神を書いてあるだけです。

その下に法律他が存在し、日本国国民はそれに従う義務があります。

 

もう少し説明します。

日本国憲法に「第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」とありますね。

私は現在の天皇(平成天皇)を心から敬愛しています。

でも、それは憲法に書いてあるからじゃありません。

現天皇の言動を、マスコミを通して知り、その人間性に深く傾倒したからです。

将に依遵したからです。

 

個人的な意見としては、守る会の方のブログが本当ならば、住職がその言動をもってして、檀信徒を教化し、依遵されれば良いことだと思うんですが…

憲法のような存在の曹洞宗宗憲に書いてあるは完全に無理筋です。

 

高庵寺では檀信徒規則で明確に檀信徒の義務を明示しています。

これには違反した場合の措置も明記されています。

 

この宗教法人の規則は、法人と檀家の契約約款になります。

民法上、違反した場合には、檀家に不利益処分を科すことは認められています。

つまり民民の契約なんです。

 

では「前から檀家」についてはどうでしょうか?

 

高庵寺の場合、現約款になったのは平成13年6月1日からです。

旧規則は昭和28年7月3日からです。

でもそれ以前からお寺に会費を納める習慣は続いており、檀家様からのクレームも皆無でした。

 

法人よっては「この規則施行以前より檀信徒であったものは、檀信徒とみなす」というような「みなし規定」を条項に入れている法人もあります。

この方が明らかに優れています。

高庵寺住職が規定を作成したときは、そこまで考えが及びませんでした(^^;)

でも慣習で長年行われていたことなので、民法的に認められるんですよ。

 

第九十二条 法令中の公の秩序に関しない規定と異なる慣習がある場合において、法律行為の当事者がその慣習による意思を有しているものと認められるときは、その慣習に従う。

 

もちろん前提として公序良俗があります。

 

第九十条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

 

檀信徒の義務は民民の約款(会社等では定款と言っています)ですから、具体的に書いてないとねえ(;´д`)トホホ

「その寺院の住職の教化に依遵」で住職の言うことをきけは…

どうなんでしょう???

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから