盆は習俗です2019.6.11

 

お盆は仏教行事だと錯覚している方が大半です。

確かに盆と仏教の関係は、近年では非常に深いです。

 

曹洞宗の場合で説明します。

なんども書いてますが、正式な行事であれば、曹洞宗行持規範に載っています。

どこにも載っていません。

 

まず盆の日程が地域でバラバラです。

一般的な日程です。

暦法

時   期

代表的地方

@「7月盆」

新暦

7月15日ころが中心

東京・横浜 東北地方など

A「8月盆」

新暦

8月15日ころが中心

全国的に多い。
北海道 新潟 長野 関東南部 関西地方など

B「旧 盆」

旧暦

旧暦の7月15日ころが中心(新暦での日程は、年によってことなる。)

関東北部 中国 四国 九州 南西諸島など

(藤井正雄「盂蘭盆経」講談社をもとに作成)

実はこれ以外にも日程はいくつかあります。

ただし行われている地域が小規模な地域なので、あまり知られていません。

 

高庵寺は「8月盆」で、8月13日(迎え盆)〜16日(送り盆)です。

その最終日、16日の午前11時からお施餓鬼を行います。

高庵寺の場合はお寺で最大の行事になります。

 

高庵寺のお施餓鬼の動画はありません。

足利市では非常に珍しい祈祷太鼓を使ったお施餓鬼です。

他の曹洞宗寺院の動画ですが埋め込んでおきます。

 

どうですか?

迫力あるでしょう。

檀家様も大喜びです。

 

ちょっと横道しますが、太鼓の叩き方は曹洞宗ではバラバラです。

お坊さんが修業をされたお寺ごとに流儀が違います。

ちなみに高庵寺の太鼓です。

 

ね、ちょっと違うでしょう(^^)

お施餓鬼の太鼓ではなく、お正月の太鼓です。

 

話を戻します。

送り盆のお施餓鬼のため、檀家様は、お盆は完全に仏教行事だと思っています。

高庵寺の場合はその通りですが、実は習俗が先にあり、お寺が後から仏教行事としてきました。

後からと言っても、分っている範囲でも数百年です。

もちろん地域差が大きいので、現在でも正確なことは分かりませんし、分ることは無いでしょう。

 

結論として、本来は習俗であったが、仏教行事となり、地域差がものすごく大きいということです。

曹洞宗の正式な形態は最初に書いたようにありません。

正確には地域差が大きいため書けなかっただと思います。

 

お施餓鬼(曹洞宗の正式名称は「盂蘭盆大施食会」です)は7月15日(本来は旧暦のはずです)に行うと、行事規範に書いてあります。

かなり細かく数ページに亘って書いてあります。

重要な行事ですね。

 

高庵寺では上記に書いたように8月16日です。

足利市のお盆である8月13日〜16日に行うお寺が多いのですが、バラバラです。

親しいお寺で秋分の日の中日(祝日)に行うお寺や、8月の盆前や、5月に行う寺もあります。

ようするに、完全なお盆の行事では無いのです。

 

ご家庭でのお盆の行事も、足利市の場合は、各家庭でバラバラなんです。

お盆は習俗であるが、家風が優先する。

これが足利市の実情です。

 

全国的にはもっと驚いた習俗があります。

 

お盆にお墓で花火ですから。

ちなみに、九州の一部の地域ではお墓に卒塔婆を立てる習慣もありません。

関東のお墓って、墓石の後ろに長い木のお札みたいなのが並んでいます

 

引用します。

 

数年前に九州から関東に引っ越して来た者です。

 

こちらに来て気になったんですが、関東のお墓って、墓石の後ろに長い木のお札みたいなのが並んでいますよね。

九州では見たこと無い光景だったので、関東に来た時に沢山お札が並んでいる墓場の雰囲気を異様に感じました。

 

あのお札は一体何なのでしょうか?何が書いてあるのかとても気になります。

また何故九州のお墓にはないのに関東ではあるのでしょうか?宗派の違いとかでしょうか?

 

何かご存知の方いらっしゃいましたら、教えて頂けるとうれしいです。

どうぞ宜しくお願いします。

 

確かに卒塔婆は立っていませんねえ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから