石屋業界大淘汰の時代2019.6.13

 

最近の相談メールにありました。

相談内容は書けませんが、石屋さんに関する部分です。

 

10年後くらいに墓終まいを考えている。

菩提寺に墓終まいの石屋さんの施工費用の相場を聞いた。

30万円程度と言われた。

10年後もその価格かと尋ねたら、「そんな先のことは分からない」と言われた。

 

よくあるパターンで、遠方の田舎から、首都圏に出てきた方の相談です。

車で丸1日の遠方なんで、墓終まいは妥当ですね。

 

足利市の墓終まいの石屋さんの相場は25万円です。

ただし、1坪くらいのお墓で、基礎工事もしっかりとしたお墓の場合です。

お墓の解体撤去の金額の、最大の要因は人件費です。

上記の「1坪くらいのお墓で、基礎工事もしっかりとしたお墓」ですと、3人工なんで妥当な価格です。

 

このへんの詳しい解説は過去ログで書きました。

納骨手数料 石屋さんへの支払いは3万円〜が相場です 全て人件費です

少し引用します。

 

石屋さんの仕事の単価は「国土交通省の公共工事設計労務単価」にでています。

 

納骨も近ければ半人工です。

つまり一人で半日分の費用です。

これが二人必要な現場(地方ではあります)ならば、1人工になります。

現場まで片道2時間などという場合も一人でも1人工になります。

上記の単価表で調べると、栃木県では約2万5千円です。

 

なぜ違うか、上記の国交省の解説にでています。

 

みなさんが目にするのは、実際に納骨する石屋さんだけですが、目に見えないところでそれ以上の経費がかかっているんです。

間接経費は最低で5割ですから、半人工の仕事の支払い金額は2倍の2万5千円、1人工だったら5万円が当たり前です。

その金額は純利益がでない金額なんですよ。

 

「足利市の墓終まいの石屋さんの相場は25万円」、「3人工なんで妥当な価格」の内訳です。

3人工で15万円。

廃棄物(墓石やコンクリート)の処理費用。

機械等の費用。

合計25万円は相場です。

高庵寺の場合は地域最安の石屋さんを紹介していますで、20万円(税別)が多くなっています。

 

さて相談についてです。

30万円程度」の妥当性です。

お墓の広さに拠るのですが…

相談者のメールで寺院が特定できたので、グーグルアース他で見た範囲です。

指定石材店方式ですが、正直5万円程度高いと思います。

 

お寺の経営方針ですから、これ以上はなんとも言いようがありません。

高庵寺は石屋から一切リベートを取らない経営方針ですが、この程度の金額でしたら良心的と思います。

キックバックが50%程度のお寺もあるのが実情です。

 

10年後もその価格かと尋ねたら、「そんな先のことは分からない」と言われた

この点が今回のブログで一番書きたかったことです。

結論から書くと、その通りです。

 

高庵寺は特定材店を除き、自由に施工できます。

ということで、石屋さんも何社か入っているのですが、施工の多い石材店は3社でした。(過去形です)

現在は3社とも施工がありません。

それもここ2、3年のことです。

 

A社は倒産しました。

B社は廃業しました。

C社は事実上廃業です。

 

主力の石材店がその状況なんで、やっとの思いで1社、良心的な石屋を紹介できるようになりました。

「やっとの思い」は、市内ではなく、隣接県の石屋です。

それくらい、石屋を探すのが難しいのです。

 

住職、足利市内に良い石屋はないの?

もちろんありますよ。

ただし薄利の石屋は無いんです。

 

薄利の石屋?

はい、究極の薄利の石屋をご紹介します。

東京本郷の「」さんです。

 

お墓の激安販売で一番必要な事 何故、石の坊が安いのか!投稿日時: 2016年5月17日

お墓を本当の意味で安く販売する方法とは、、、

最近、他社の石材店の社長さんと懇親会を開くのですが、よく聞かれる事の多くに「どうしたら安く仕入れられるのか?」というお話しがあります。

実は、石の坊は「安く墓石を仕入れていません。」むしろ同じ石で比べると「高く石を仕入れています。」なぜなら、石の仕入れ程怖いものはなく「安く仕入れられる多くの石は、なんだかの不具合を抱えている物も多いからです。」その為、だいたい、他の石材店より若干ですが高く墓石を仕入れています。

だったら、「施工を削っているの」そう考える人も多くいると思います。

答えは「いいえ」です。

だったら何を削って「激安価格でお墓」を提供しているのか?

答えは 利益と「身を削っています。」。私共の会社のお墓の利益は10万円以下になる事の方が多いです

この利益率は大手石材店の場合によっては20分の1以下になったりします。

その為、大体よくある石材店の半額位にはなります。

なぜ、利益が少なくてよいのか?

それは余りお墓で儲けようと思わないからです。

半分は好きでやっています。

ここ3ヶ月の私の仕事量は「1日辺り16時間労働」休みは、「仕事が無い時が休み、、、ですが沢山のメールの返信をしているので半分仕事。」そして給料は、、大手石材店平よりは多いですが、、主任さんの給料には負けます。

究極的にお墓を安く販売するという事は、「自分を犠牲にしてがんばる事です。」人一倍働いているからこそ、価格に自信があります。

 

サラリーマンの方には分からないでしょうねえ。

商売をされている方ならば分かります。

普通の自営業の石屋さんは、年間の建墓数が20基未満です。

「私共の会社のお墓の利益は10万円以下になる事の方が多い」だと、年間の利益が200万円未満です。

絶対に経営できません。

実際には納骨等の小さい仕事はありますが、それでも年間の利益は確実に500万円未満です。

家族は生活できません。

 

足利市で残っている石屋は、十分な利益を確保している石屋さんです。

薄利の石屋は知る限り経営が立ち行かなくなりました。

薄利は多売でなければ成立しないんです。

 

さらに、ほぼ全ての石屋さんに共通する危機があります。

現在、日本の墓石はほぼ中国加工です。

その中国工場の「小口石材っと」さんの情報です。

 

昨夜(6月6日)夜9 点位南安政府と公安局合わせて20台位車を泉州市康美地域に入り込みます。

強制的に生産をstop しました、原因は環境問題です。

本日康美村のリーダ及び各工場のオーナーと 南安政府市長と話し合いことになりました。

結果どうなるか見守りしております。

 

この先、石屋業界は真っ暗です。

それは石屋さんだけでなく、お墓を建てようという皆さんにも確実に影響があるんですよ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから