親が亡くなった まずなにをしたら良いの?2019.6.27

 

まずはこの動画をご覧ください。

 

閲覧者の多いサイトです。

ずいぶんソフトに書いているなあ(^^)

これだと普通の方には問題の深刻さが伝わりませんね。

 

もう少し生々しいサイトから引用します。

 

いつもは一人対応する“納棺”のご依頼が多い葬儀屋さんから急の“湯灌”のご依頼を受けました。

同行するメンバーと現地集合でそれぞれ別方向から向かいました。

内心『なんだか怪しい』と感じつつ、「故人様のお体の状態いかがですか?」と伺うと予感的中!

「昨日は顔色が赤紫だったんだ、でも顔だけだから湯灌出来るかな?」

 

状況は更に進んでいました。

故人様は赤紫から真緑に変わっていました。

お顔の皮膚はズルズルで、体は変色はないのですが皮膚がやはりズルズルです。

臭いもかなりキツクてムセかえるほど。

「緑になってる!これでは葬家に見せられない!」

昨日よりパワーUPした腐敗状況にちょっと腰が引けてる担当さん、こちらとしても湯灌で洗体といっても顔の変色・出血もさておき、体の皮がズルッとむけ、体液があちらこちらから漏れ、感染症の危険もあります。

「では古式湯灌で対応させて頂きます」ということで、実際にはお湯を使う事のない処置+着せ替え・メイク+納棺に内容変更してもらいました。

 

それからは同僚と2人、緑の故人様に挑む事2時間、体中を体液が漏れないように処置、着せ替えて、緑のお顔を肌色に特殊メイクしました。

また気が付いた事にこの故人様死後4日のハズなのに体に【凍った形跡】がないこと。

ドライアイスを故人様に当てるとやはり体は“冷凍焼け”します。

痛ましい事ですが凍結する事で腐敗の進行をゆっくりにすることができるのです。

でもまったくそれがなく普通に痛んだ体です。

『あら?』と一瞬思い・・・『もしかしてこの4日間ドライアイス当ててなかった?』という疑問が沸き起こりました。

即効、持参したドライアイス20sをまだメイク前の故人様にどんどん当てて、部屋のクーラーを【地球に厳しい18℃】までさげて冷房をガンガンに効かせてお化粧しました。

とにかく徹底的に冷やさない事には緑の顔色は黒になり、顔の輪郭は1.5倍に膨らんでしまう可能性があるからです。

 

お化粧も終わり、ご親族の皆さんにご確認とご納棺に集まって頂きました。

「うっオジサンじゃない」

と厚化粧の故人様を見て親族の女性の方がショックを受けています。

担当さん、口答では緑の状態を説明されたかもしれませんが、実際にはご親族は誰も見ていないので緑色が完璧に隠れるほどの厚化粧にショックを受けられたようでした。

一応ナゼお化粧が濃いか胸元を少し見て頂きご説明しましたが、この致し方ない理不尽な現実にご親族も諦め顔でした。

 

故人様が安置されるお寺さんには翌日もお部屋はクーラーをガンガンかけてもらうようにお願いし、葬儀屋さんには翌日もドライアイス20s当ててもらうようお願いしました。

幸いお直しの依頼が来る事もなく、無事にお葬儀は終了したと思われますが、大切な故人様だからこそ“上手に冷たくする”のも必要なようです。

 

緑になってる!」、この意味を別の専門家のサイトから引用します。

 

ご遺体は次の順序で変化します。

@ 死後は血の気が引いた顔色になります。

 (血液は身体の下に溜まりうっ血状態となっています)

A 時間が経過すると黒っぽく変色します。

 (この段階になると死臭は強くなります・布団安置の限界)

B 赤や緑の色が体中に出てきます

 (相当な腐敗臭がして、家族に合わせるのは躊躇します)

C 全体の皮が剥けたり、顔の判別ができなくなります

 (発酵したような腐敗臭となり家族でも会わせられません)

 

お分かりですか?

Bの状況です。

つまり「相当な腐敗臭がして、家族に合わせるのは躊躇」レベルです。

 

原因は「もしかしてこの4日間ドライアイス当ててなかった?」です(;´д`)トホホ

 

いきなり気分が悪くなる内容で恐縮です。

でも実際に当面すると、冷静な判断なんかできません。

的確なアドバイスが必要です。

誰に聞きますか?

ここが最重要です。

 

正解を書く前にもう一つ重要ポイントです。

 

上記でも引用した「生き方としての葬儀屋」さんのサイトからです。

 

死亡直後

・今息を引き取り身体が温かいなら『すぐに救急車』です

・心臓マッサージするよう指示されるでしょう

・この状態なら救急搬送して貰えます

・病院到着時に死亡確認されても『死亡診断書』が出ます

 

この「死亡診断書」が重要なんです。

病院で亡くなったのと同じです。

後は葬儀屋さん(要注意)にお任せするだけです。

安心して故人を見送ることができます。

 

ところが…

 

身体が冷たくなっている場合

・救急車は乗せてくれません

・死亡診断してくれる医師に死亡した旨を伝え死亡診断

・死亡診断して貰う医師が無ければ、警察一課が入ります

・警察が依頼した医師が検視(死体検案書)と名称変更

 

はい、最重要ポイントです。

死亡診断して貰う医師が無ければ、警察一課が入ります

 

こうなると大変ですよ。

 

警察が入ると全裸にされます(服は着せて貰えません)

・首の後ろから髄液を採取される事もあります(止血無し)

・状況により警察署に搬送、場合により化研やMRI撮影

・預貯金、生命保険など4時間ほど家族や自宅を調べます

・警察搬送された場合、お迎えは警察署の冷蔵庫です

・時間経過するため腐敗は進み死臭は強くなります

 

実は警察が入った時点で、解剖の問題が起きます。

これももの凄く重要なんですが、書いていると長くなるので省略します。

一つだけ覚えておいてください。

警察が「解剖しても良いか?」と聞いてきたら、断固、断ってください

 

あれ、住職、TVのドラマだと必ず解剖だよね。

詳しくはこちらの過去ログをご覧ください。

独居老人の孤独死 死体検案書になると警察が入りますので厄介です

行政解剖は拒否できます

 

うーん住職、住職はよく分かっているから対応できるでしょうけど…

素人の私には無理だよ(_-;)ハア…

 

だから書いたでしょう。

「的確なアドバイス」をもらえば良いんです。

 

じゃあ住職に聞いて良い?

ダメですよ。

電話番号公開してないでしょう。

檀家様または新規入檀者以外には電話での対応はしません。

 

うーん高庵寺は良いなあゥラヤマスィ〜…(-`з-)σ@ ィジィジ…

昼間だけです。

しかも必ず電話に出られるとは限りません。

 

うーん、爺ちゃんなんか真夜中に亡くなったしなあ。

無くなる時間は夜中が多いは都市伝説です。

夜中に亡くなると非常に困るのでそういう印象になります。

 

大丈夫です。

24時間、365日、いつでも頼れる専門家がいます。

そう、葬儀社です。

ただし…

 

葬儀社の仕事とはソリューションビジネスです。

こういうときのために、葬儀社はあるんです。

 

すぐさま、葬儀社に電話です。

状況を簡単に説明して「どうしたら良いでしょう?」

まともな葬儀社ならば、上記のアドバイスをしてもらえます。

「死体検案書」ではなく、「死亡診断書」になるようなアドバイスをしてもらえます。

 

住職、ちょっと気になるんだけど。

「まともな」ってどういうこと?

 

はい、まともでない葬儀社も多いんです。

 

先ほどから引用しているが「生き方としての葬儀屋」さんが書いています。

 

それにしても不思議に思うのが、家族の終幕が迫っているのに、何の手も打たず、何も調べずにいる家族の家族心理が理解できません。

 

電話をくれたのは女性だったようですが・・・

『母親が自宅で亡くなったのでお願いします』という電話だったようです。

 

知り合いからうちの事を聞いていたとも言ってたようですが、なら、何故事前に連絡をしておかないの!?

葬儀屋は亡くなってから、初めて連絡をする場所だと思っているのでしょうか・・・

 

厳しいようですがその通りです。

高庵寺住職が事前に相談を受けた場合、足利市内に限りですが、責任をもってお奨めできる葬儀社を紹介しています。

現時点ではたった3社です。

3社の中で、檀家様にもっとも便利な葬儀社を紹介しています。

 

便利というのは、基本的には家から時間的に最も近いです。

ただし、親戚等のことも含めて、家からは多少遠くとも、駅に近い葬儀社になることもあります。

 

ようするに、檀家様のご事情をお聞きして、最も適した葬儀社を紹介しています。

そのとき、必ず事前相談に行くことを条件にしています。

 

いくら親切な葬儀屋さんでも、事前に相談もしていない、見ず知らずの方だと、遺体搬送の後でないと対応してくれませんよ。

当たり前ですよ。

葬儀社もビジネスですから。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから