本堂壁面イケメン絵巻 効果ある?2019.7.3

 

まずはこの動画をご覧ください。

 

どう思います?

実はニュースで話題になっています。

国上寺の“イケメン絵巻”波紋 燕市教委「児童生徒に不適切」 見学自粛要請

 

引用します。(抜粋です)

 

新潟県燕市国上の古刹(こさつ)・国上(こくじょう)寺の本堂壁面に設置された“イケメン絵巻”が思わぬ波紋を広げている。

 

絵巻の名称は「イケメン偉人空想絵巻」で、4月に公開を始めた。山田光哲住職(52)が、お寺離れが進む中、若い世代、特に女性に足を運んでほしいと、美男子をテーマにした日本画で知られるアーティストの木村了子さん(47)に作品を依頼した。

 

描かれているのは、寺とのゆかりが伝わる上杉謙信、源義経、弁慶、良寛、酒呑童子(しゅてんどうじ)の5人が空想の世界で戯れる姿。本堂の四面に取り付けられ、竜の背に乗って遊ぶ様子などのほか、裏側には裸で露天風呂に漬かる場面もある。

 

市議会でのやりとりに対し、山田住職は「けんかをするつもりはないが、文化財だからといって行政が全部維持や管理をしてくれるわけではない。

それならば市の文化財から外していただいて構わない」と話す。

絵巻公開後、参拝客が増えたといい、絵巻の評価については「芸術ですからね。いろいろな受け止め方があるでしょう」としている。

 

話題のお寺です。

 

「真言宗 豊山派」のお寺ですね。

HPがあります。

誠に失礼なんですが、経営にご苦労されているのが手に取るように分かります。

 

話題の本堂は「現在より約1300年前になる、元明天皇の時代、和銅2年に弥彦大明神の詫宣によりて建立されました」とあります。

 

高庵寺と比較してみます。

高庵寺の沿革」に詳しく載せてあります。

 

寛政11年(1799年)本堂の造営を開始し、享和年間(1801年〜1803年)に落慶している。

 

高庵寺は216年ということです。

大正5年の画像があります。

 

現在は屋根が瓦になったり、少し増築をしてありますが、本体部分は同じです。

以前に火災保険に入ろうとしたときに、知り合いの大工さんにお聞きしました。

 

「この本堂が焼失して、同じ建物を建てるのに、いくらくらいかかりますか?」

「うーん、材料の木を手に入れるのが大変なんだよなあ」

 

高庵寺の本堂は主たる木材は欅です。

床下は栗です。

 

「確かなことは言えないけど、2億は越えるよ」

 

うーん、困りましたねえ。

2億円の火災保険に入ることは可能です。

ただし、保険料が(^-^;

法人の年間収入をほぼ充てるレベルです。

不可能です。

 

もちろん檀家様のてまえ保険に入っています。

ただし、保険屋さんに言われています。

「住職、お支払できる保険金は、後片付けの費用だと思ってください」

 

お寺を維持するのって大変なんです。

なにもしなくとも、普通の家の何倍も経費がかかります。

 

このお寺の住職のされたことへの是非は論じる立場にありません。

 

絵巻公開後、参拝客が増えた

確かに増えるでしょうねえ。

 

以前に新聞で、お寺の住職夫人が「愛猫をインスタに投稿」したところ、参拝客が激増したとのニュースがありました。

論旨は、田舎の売り物の無い寺でも、工夫次第で集客できる、住職はもっと頑張れというような趣旨でした。

 

それを読んで、「で、いくら収入が増えたの???」

猫好きも多いので、それが話題になれば訪れる人は増えると思います。

問題はそれで収入がどれくらい増えるかです。

 

イケメン絵巻」のお寺さんでも同じです。

その効果により、ご祈祷を依頼される方が月に千人になった、大々成功です。

 

HPにご祈祷料が書いてあります。

 

御祈祷料

5.000円・10.000円・20.000円・30.000円・50.000円

※ガン封じ祈願、手術成功祈願は御祈祷料30.000円からになります。

 

まあ大多数は1万円でしょうねえ(勝手に想像しています)。

月に千人ならば、それだけで毎月1千万円です。

正直、月に百人でもウハウハでしょう。

どうなんでしょう???

 

文化財だからといって行政が全部維持や管理をしてくれるわけではない

その通りです。

で、「イケメン絵巻」のご利益はあったのかなあ???

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから