七夕と織姫彦星の関係2019.7.13

 

七夕と言えば?

そう、織姫彦星のお話ですね。

 

よくご存じのお話です。

どこにもお盆の内容はありませんね。

 

ところが元々は、7月7日はお盆の飾りつけをする日でした。

昔(明治以前です)は旧暦でした。

ということで、現在の暦になってから、お盆の時期が全国で多様になったんです。

 

暦法

時   期

代表的地方

@「7月盆」

新暦

7月15日ころが中心

東京・横浜 東北地方など

A「8月盆」

新暦

8月15日ころが中心

全国的に多い。
北海道 新潟 長野 関東南部 関西地方など

B「旧 盆」

旧暦

旧暦の7月15日ころが中心(新暦での日程は、年によってことなる。)

関東北部 中国 四国 九州 南西諸島など

(藤井正雄「盂蘭盆経」講談社をもとに作成)

 

ということで7月7日がお盆と切り離されて、全く無関係な七夕の行事になってしまいました。

有名な仙台市の七夕です。

 

お盆と関係があるなんて、とても思えませんね。

 

七夕(たなばた)は昔七夕(しちせき)とも言いました。

雛祭りと同じで5節句の一つです。(本来は旧暦で数えます)

1月7日 人日

3月3日 雛祭り

5月5日 端午の節句

7月7日 七夕

9月9日 重陽の節句(菊祭りです)

 

雛祭りは桃の節句とも言います。

桃の花が意味をもっているんです。

今は太陽暦ですから3月3日には、足利市近辺では桃の花は咲きません。

でも旧暦ならば4月中旬頃なんで桃の花がたいてい咲いているんです。

 

日本ではあまり行われませんが、9月9日の重陽が菊なのは、現在の10月中旬頃なんで分かり易いですね。

残りの1月7日人日は七草粥の習慣がありました。

5月5日は菖蒲の習慣です。

 

住職、確かに旧暦の5月5日は今の6月中旬だから、菖蒲の花が綺麗ですよね。

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、これは花菖蒲です。

花菖蒲はアヤメのなかまで、本物の菖蒲はサトイモの仲間です。

 

これです。

見たこともない?

うーん、昔はこれを湯船に入れて菖蒲湯にしたんですよね。

 

こんな風にです。

花菖蒲とは似ても似つかないでしょう、なんてったってサトイモ科ですから。

 

さて七夕ですが、別名「笹の節句」とも言います。

七夕飾りも昔は笹が多かったはずです。

仙台のように七夕飾りが大きくなって、笹から竹がメインになりました。

 

いずれも習俗ですから確たる論拠はありません。

ただし、「お盆の盆棚を飾る日」と「笹の節句」と「織姫と彦星」が混同され、その後2つに分かれたのは確かです。

 

足利市は8月盆の地域ですから、それらが8月7日に行われていました。(過去形です)

仙台ほど大掛かりではありませんでしたが、昔は足利市の旧市街に七夕飾りが飾られていました。

現在は旧市街はシャッター通りになっちゃいましたからねえ(;´д`)トホホ

 

現在でも盆棚を葬儀社に依頼すると、8月7日に飾ってくれます。

さすが葬儀社はよく勉強しているねえ。

 

違うんです。

7日に飾るのは、遅れるとお坊さんに叱られるからです。

え! なんで???

 

過去ログでも書いたんですが、盆中はお寺が棚経を引き受けてくれないんです。

ということで8月8日〜11日のされるお寺が多いんで、7日に用意しないと叱られちゃいますからね( ̄ー ̄)ニヤ

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから