49日に冥界裁判が終わり 故人の行き先が決まるの?2019.7.29

 

最近の49日法要で、法要終了後、ご遺族から受けた質問です。

まだお若い女性で、亡き父を思っての質問でした。

 

正直ちょっと困りました。

スピリチュアル系に興味がおありなんでしょう。

趣味としてのレベルならば問題ありません。

 

時間もなかったんで「仏教には冥界裁判の考え方は無いんですよ」で終わりとなりました。

過去ログでも一度だけ書いたことがあるんですが…

あらためて書いておくことにしました。

 

これは十王経に拠ります。

秦広王(初七日)・初江王(十四日)・宋帝王(二十一日)・五官王(二十八日)・閻魔王(三十五日)・変成王(四十二日)・泰山王(四十九日)の順です。

最後の泰山王で、次にどこへ行くかが決まるという考え方です。

 

正確には「仏説地蔵菩薩発心因縁十王経」と言います。

上記リンクから、原本の画像が見られます。

 

こういう習俗の要素が大きい内容って、「裏を取る」のが本当に大変なんです。

普通は確実な情報源にリンクを貼ったり、引用したりすることになります。

それがなんと原本の画像にリンクを貼れます。

便利ですねえ。

 

その後、裁判の日では手遅れになるので、前夜に、「明日の審判では良い結果が出ますように」と皆で仏様にお願いする「逮夜参り」という考え方が出てきました。

それで、前夜を以て「満中陰」、中陰が終わるという習俗も出来てきた地域もあるんです。

調べてみると、関西方面では「逮夜参り」がけっこう行われているようです。

 

足利近辺では、ありません。

これは宗教ではなくて、習俗ですから違って当たり前です。

 

曹洞宗では、開祖道元禅師が中有(中陰の別の言い方です)について、「正法眼蔵」で触れています。

http://wiki.livedoor.jp/turatura/d/%c3%e6%cd%ad

 

曹洞宗では、冥界裁判を認めてないので、閻魔大王はでてきません。

 

初七日 南無宝勝如来

二七日 南無多宝如来

三七日 南無妙色身如来

四七日 南無広博身如来

五七日 南無離怖畏如来

六七日 南無甘露王如来

七七日 南無阿弥陀如来

 

七如来と言います。

冥界裁判の代わりに、7日ごとに故人の供養をすることで、御仏に報恩感謝の祈りをささげるということです。

簡単に言うと、故人を供養することにより、私たちが救われるということです。

つまり供養とは「生きている自分たち」のためにするんです。

 

正直言って、この件については浄土真宗の「死即往生(即得往生)」の考え方がいちばん合理的だと思います。

実は曹洞宗の考え方もこれに近いんです。

行き先が「極楽浄土」ではなく「霊鷲山浄土」になりますが…

浄土真宗ほどはっきりと言わないだけです。

 

もう少し突っ込んだ言い方をすると、仏教には「死後、浄土に行ける」という考えはありません。

正確には「死後、浄土に行けるから、安心して今を生きなさい」となります。

つまり「死後、浄土に行ける」と信じることにより、安心(あんじん)を得られるということです。

 

お釈迦様を輪廻は否定しませんでしたが、輪廻を肯定もしませんでした。

正確には「アートマン」をほぼ否定しました。

 

否定じゃなくて、ほぼと書いたのは、「無いことを証明」するのは「悪魔の証明」といって不可能だからです。

ではお釈迦様はどのように証明したかというと、「一つ一つの事象について、これはアートマンでは無い」という形でしました。

 

UFOと同じです。

厳密には「UFO=宇宙人」ではありませんから、UFO自体は存在しうるんですが…

「UFOに攫われて、宇宙人と会った」等の言説は嘘であることが分かっています。

 

同じようにお釈迦様は一つ一つ否定されていきました。

 

<サンユッタ・ニカーヤ 33.1.3

比丘たちよ、わたしは「一切」について話そうと思う。

よく聞きなさい。

「一切」とは、比丘たちよ、いったい何であろうか。

それは、眼と眼に見えるもの、耳と耳に聞こえるもの、鼻と鼻ににおうもの、舌と舌に味わわれるもの、身体と身体に接触されるもの、心と心の作用、のことです。

これが「一切」と呼ばれるものです。

 

誰かがこの「一切」を否定し、これとは別の「一切」を説こう、と主張するとき、それは結局、言葉だけに終わらざるを得ないだろう。

さらに彼を問い詰めると、その主張を説明できず、病に倒れてしまうかも知れません。

何故か。

何故なら、彼の主張が彼の知識領域を越えているからです。

 

眼と眼に見えるもの、耳と耳に聞こえるもの、鼻と鼻ににおうもの、舌と舌に味わわれるもの、身体と身体に接触されるもの」以外には実在しないという単純な論理です。

 

幽霊を実感される方も実際にいます。

俗に霊感が強いとか言われます。

 

ご本人が実感されているのは、たいてい本当です。

ただし、他のすべての人が実感するものではありません。

 

それは当人には実感であっても、実在ではありません。

冥界裁判が仏教の本質と無縁であることの論理です。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: mail