葬式の法話で質問!!!2019.8.19

 

最近、お葬式の法話で非常に困ったことがありました。

どのお坊さんも、法話でなにを話そうか、苦心されていると思います。

もちろん私も事前準備をしっかりとしています。

 

お坊さんの集まりで、法話の話がでると、「俺は変わっているなあ」と思うことがしばしばです。

というのは「話す内容が特になくてさあ」、「なにを話そうか困るんだよ」、「毎回同じ話だとなあ」、これが多数意見です。

うーん、俺とは違う。

 

私が苦労するのは、実は正反対です。

 

このブログは、葬儀やお墓等、お寺に関することだけ書いています。

このブログが「sub1492」です。

実は「sub」以外にも書いていますので、このブログだけで1,500本を越えています。

 

このドメイン以外でもブログを数百本書いていました。

サーバーのサービス停止を2回経験しています。

移行が面倒なんで、そのまま消えちゃっています。

まあ、古いブログは未熟なブログが多かったんで、いま読むと酷いでしょうなあ。

 

ということで、法話のネタは履いて捨てるほどあります。

苦労しているのは、「なにを話すか」ではなく、「なにを話さないか」なんです。

 

これってけっこう大変なんです。

油断しちゃうと、つい話が横道に逸れちゃいますので…

時間がいくらあっても足りないことになります。

 

自らの経験からも、いろんな勉強からも、良い法話のポイントは自信をもって断言できます。

 

1、時間は短く(できれば3分以内)

2、内容は少なく(理想的なのは1つ、3つが限界)

 

実際には3分という訳にはいきません。

お布施をもらってますから、15分くらいは話をしないと、手抜きだと思われます。

内容は原則的には1つにしています。

 

15分間、集中してお話を聞いて頂くのは、本当に大変なんです。

こちらが一方的に話して、会葬者はそれを聞くだけだからです。

 

これが会話なら、15分くらい簡単ですね。

お話のキャッチボールですから、絶対に飽きません。

聞く方は適当に聞いていて、話す方は一生懸命になるわけです。

だからカウンセリングのような商売が成り立つわけです。

 

法事の法話で15分は楽勝です。

みなさんに喜んで聞いて頂けます。

なぜでしょう?

 

実は3分に1回くらい、軽い笑いを取るように話をしています。

この方法は非常に効果的で、笑うことにより気持ちがリフレッシュするんで、1時間くらいは集中して話を聞いてもらえます。

問題はお葬式の法話ではこの手が使えないんですよ(;´д`)

 

ということでどういう方法取るかというと…

主題は1つにします。

落語のまくらのように、主題に結び付ける簡単な話を2つか3つします。

 

こんな感じです。(この動画は落語のまくらです)

 

その日の法話の主題は「命」ということでした。

「命が終わるということはどういうことか」

「人の命には、なぜ長短があるのか」

という内容です。

 

けっこう重い内容なんで、苦労します。

仏教の本質に関する法話です。

いきなりこれをやっちゃうと…

 

ということで枕から始めました。

お盆の翌日の通夜だったんで、お盆の話から始めたんです。

内容はこちらの過去ログに関する内容です。

 

七夕と織姫彦星の関係

 

送り火と迎え火

 

たわいない話で、「昔は7月盆(旧暦)で、盆棚の準備をする日が七夕だったんですよ」というような話です。

 

実は盆直前にお葬式が2件入りました。

9日、10日で1件。

11日、12日で1件。

盆明けの17日、18日で1件です。

実は同日に亡くなった方がおり、その葬式も17日、18日のご希望だったんです。

 

誤解しないで欲しいのは、高庵寺は檀家の少ない貧乏寺で、年間の葬式の件数は少ないんです。

これだけ重なると…

その後2、3ヶ月葬式が無いことが多いんですよ。

 

その最後のお葬式でのできごとです。

ようは「盆前後に葬式が入り、高庵寺は盆中に葬式を引き受けられないんで、「1週間近く待たせてごめんなさい」のお話です。

 

いよいよこれから本論というところで…

突然、一人の方が質問です。

「話が遡って申し訳ありません」

「さきほど和尚様が、盆棚の準備をする日が七夕だったとお話をされましたが」

「私の田舎では○○だったんですが、教えて頂けますか」

 

初めての経験ですが…

困りましたねえ。

「申し訳ありませんが、その内容を丁寧にご説明すると、最低30分はかかりますので、ご容赦ください」(・・;)

まくらなんで、葬式は関係ない話ですからねえ(_ _)・・・

 

まくらの最後で、命日が被っている方が多いんで、年回忌法要の予約はお早めにという話をしたかったんですが…

それを忘れちゃいました(_-;)

 

それに、質問の回答に30分と書きましたが…

質問の内容から、質問者に理解してもらうのは至難の業です。

なぜなら、「お盆は習俗である」という基本を理解されてないようでしたから…

ここからはじめると、1時間くらいは必要です。

 

お願いなんですが…

時間の配分(儀式全体)を考えて法話をしているんで、質問は控えましょう。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから