エンバーミングは必要ありません2019.8.25

 

エンバーミングの説明です。

 

エンバーミングを施したご遺体は、確かにきれいです。

その効果は確かにありますが…

高すぎです。

 

再度引用しますが、専門家の意見です。

 

必要無いの意味が分かるでしょう。

でも必要無いのに、軽く20万越えですからねえ(;´д`)トホホ

 

足利市内、というか栃木県内でエンバーミングをお奨めする葬儀社は1社しかありません。

なぜでしょう?

それはエンバーミングを施術できる施設の有無に関係あります。

 

エンバーミングについては、主な施術施設はIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)に所属する施設になります。

過去ログでも書いたんですが、一般社団法人の設立は超簡単です。

 

上記過去ログで例示しました。

 

一般社団法人「日本仏教協会」です。

 

公益財団法人「全日本仏教会」です。

 

行って帰ってくるほど違います

 

IFSAのHPから栃木県内のエンバーミング施設です。

 

葬儀社としてはアルファクラブではなく、こちらの葬儀社名で営業をされています。

 

左とん平さんのイメージが未だに強いんですが、最近は加藤茶さんです。

 

ではなぜ他の葬儀社はエンバーミングをお奨めしないんでしょう?

もちろん必要無いからですが…

それよりも、さがみ典礼さんより価格が高くなっちゃうんです。

 

IFSAの加盟業者の施術料は統一価格です。

合法的な談合ですなあ。

独禁法上も、もちろん問題はありません。

 

日本におけるエンバーミングの費用は、遺体の状態により金額が変動します。

基本料金はIFSA(一般社団法人 日本遺体衛生保全協会)が定めているため、どこの葬儀社に依頼をしても同じくらいの金額となります。

基本料金は15万円〜25万円とされ、以下の項目が料金に含まれています。

 

基本料金は15万円〜25万円」、幅があるのは、施術内容がご遺体によって違いますから当たり前です。

同じご遺体なら、「どこの葬儀社に依頼をしても同じくらいの金額」になります。

 

では価格の大きな違いはどこで生じるんでしょう?

それは「搬送料金」です。

 

ご遺体の搬送料金は国交省が談合を認めています。

もちろんこの料金よりも圧倒的に安い業者もありますが…

葬儀社の宣伝ならば、安くする場合もありますが、受注後ならば安くする葬儀社はありません。

国交省が談合を認めているのは、葬儀社が有利な立場にたった時に、法外な料金を取らないようにブレーキをかけているからですよ。

 

さがみ典礼さん以外の葬儀社がエンバーミングをする場合、ライバルである施設は使いません。

当たり前ですね。

 

実はある葬儀社の支配人にお話をお聞きしたことがあります。

「○○さん、エンバーミングは搬送費も必要だから、足利だと軽く20万円を越えちゃいますね」

「ご住職様、県内には施設が無いんですよ」

「うちが依頼された場合は、埼玉県内に搬送になるんで、どうしても高くなっちゃいます」

 

あれ、住職「県内には施設が無いんですよ」、嘘じゃん。

うーん、嘘とは違うんです。

県内にあるのはさがみさんの施設だけです。

それ以外で足利から一番近いのは埼玉県の東松山市の施設なんです。

高速道路を使わないと時間がかかりすぎるので、約94kmで1時間ちょっとかかります。

当然県内の施設よりもかなり高くなります。

 

上記会話の続きです。

「ドライアイスで十分ですよ」

「それにエンバーミングはご遺体の保存の技術ですから、色々なご事情で既に損傷しているご遺体には効果が無いんです」

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、その通りです。

ほぼ火葬の日本ではエンバーミングは必要無いんです。

 

もちろん、ご遺族のご希望でされる場合には良いと思います。

確かに効果はありますから。

ただし…

 

大手互助会のボッタくり商法の手法

 

一番驚いたのは、最低気温−5℃以下最高気温8℃が数日続く見込みの中で、6日目の火葬なのに、部屋に暖房を入れるからとエンバーミング費用25万円が含まれていたことです。

 

喪主にお聞きしたら…

「気温も高いので、やられた方が良いですよ」でした

 

消費者の無知に付け込む営業トークは止めて欲しいものです。

 

「ドライアイスの処置で十分ですが、より良くご遺体を保つために、費用はかかりますがエンバーミングをされてはいかがですか」

うーん、これだとやる人はいないですよね。

 

石屋の営業マンの嘘よりはずっとマシですけどね。

なぜ石屋の営業マンって嘘つきが多いの?

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから